« ≪情報や本舗≫≪心が強くなる言葉≫≪中村天風≫≪思考を積極化≫≪観念要素の更改≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫≪安全・安心性の証明≫≪NSF≫≪GMP≫≪品質の安全・安心性≫≪KOSHER≫ »

≪情報や本舗≫≪3人の医師の身に起きた奇跡のようなお話!≫【報告事例】パート①

Aimg141


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

アメリカでは7000人を超える多くの医師たちが、糖鎖の栄養素=糖質栄養素の効果を認めています!
Img_downloads_mrlogo

特に3人の医師の糖質栄養による生活改善(QOL)された体験を、敬虔なキリスト教徒でありマナリリーフと言う慈善団体(【72カ国、4万2000人にのぼる子どもたちへ栄養補助食品を届けし続けている】
Alinda

この中心的人物の「リンダ・キャスターさんが、そのマナリリーフのことと、現代のアメリカの奇跡といわれるバイオテクノロジー企業の創業の回想録「確固たる運命」のなかで著述されていましたのでご紹介します!≪日本でも始まっています=マナリリーフ・ジャパン=詳細はPDFにて≫

【カナダのエドモントン「ロイヤル・アレクサンドラ病院」元医局長】

Noimage_01

■元医局長は、1987年に突然!重度の脳卒中に襲われました。これほどの脳卒中ですと、生存率はわずか10パーセントであると言われています。博士の脳は30パーセントもその機能を失い、教えることも、医者として働くことも不可能になりました。
Photo_5


元医局長は他の医師たちから、鎮痛剤を飲みながら残りの人生を過ごすことになるが、その状況を受け入れるべきであると助言されました。それから十年以上経って、元医局長は糖質栄養素のことを聞きます。

Photo_3

そこで手に入る文献はすべて読み、自分でもそれを試してみる決心をします。糖質栄養素の製品を摂り始めてから4ヵ月後、博士の生活の質は劇的に向上し、思考も明晰になってきました。
博士は、自分の脳細胞の再生と、摂取している製品との間に直接的な関係があると信じています。博士は、この製品が自分の命を回復してくれたと認め、今では世界中を回りながら何千人もの人々に、糖質栄養学のテクノロジーについて、また、その効果について説いています。

Doctors

【2004年に「ハーバード医科大学」の元微生物学教授】

米国特許商標局に23年間勤続され定年退職しました。博士は、生物学的に効果のある物質や配合を調査する部門の長でしたので、過去20年間になされた最高の栄養学的、薬学的発見について、豊富な知識を持っていました。


Caoxi7st

最近のインタビューで、博士は次のような発言をしています。特許局で働いていた期間に自分が目撃したものの中で、最も意義ある発見、また、医療保険の将来に大きな影響をもたらすようになるかもしれない発見、それは糖質栄養素の発見であると!


【ベンジャミン・カーソン博士】-(ボルティモアに「ジョン・ホプキンス大学」小児神経外科部長)
Caofel61

■当ブログにも数回書き込みをしている、タイム誌でもCNNで も、在米医師トップ20の一人に挙げているベン・カーソン博士!そのカーソン博士は、1987年に、ドイツのバインダー・シャム双性児に対する頭部接着分離手術を主導しています。このような手術で、分離された双生児がともに生存したのは、これが始めてでした。

Carson_thumb

このように医療の分野で最も影響力のある博士が驚きの発言をしてくれているのです、2002年、博士は、進行性の高い前立腺癌にかかっていると診断されました。博士は、通常の治療法では回復する可能性が低いと判断し、栄養素を用いた補完治療の可能性を探ることにしました。

Photo_2

カーソン博士が治療しているある児童患者の父親が、レジ博士と連絡を取って、糖質栄養素の使用法について話し合ってはどうかと提案してきました。【補足:レジ博士はベン・カーソン博士がアメリカにとって多大な損失どころか彼は世界にとって必要な医師で絶対に救わなくてはとの使命に燃え力強い説得に入ったのでした】

8esdsential

数時間の話し合いを行なった結果、ベン・カーソン博士は自分でもその製品を試してみることにしました。通常の治療と糖質栄養素の併用により、予想以上の効果が出ました。治療中も生活の質は保たれ、手術後の回復は予想以上で現場復帰は6ヶ月と多くの医師らが判断、ところがなんと、3ヶ月でベン・カーソン博士は医療現場に戻られたのです!

Photo_10

カーソン博士は手術はしなくても良い状況まで回復していたのですが「このことは偶然にも私の身に起きたことかも知れない、そこで糖質栄養で多くの人が私と同様なことが起きると思われてしまうことは、非常に危険なことだから私は西洋医学の世界で生きている人間でもある、だから手術はするのです!」と素晴らしい医師ではありませんか!


レジ・博士は、ある医学シンポジウムでカーソン博士が自分の体験について発表するのを聞きました。カーソン博士は大胆にも、癌と戦うための自分の秘密兵器は、補完治療のために摂取した糖質栄養素製品(パウダー)であると発表したのです。


レジ博士の話では、その瞬間、彼は座っていた椅子から落ちそうになったとのことです。博士は、同僚の医者たちを前に、得に癌専門医たちを前に、このような大胆な発言をする勇気を持った医師を見たことがなかったのです。


Jyunnbiages

レジ博士は、糖質栄養の開発会社元CEOで「確固たる運命」の著書リンダ・キャスターとは運命共同体=夫婦!】に、ベン・カーソン博士の講演は、今まで聞いた中で最高のものだったと告げました。そして、どんな犠牲を払ってでも、ベン・カーソン博士に糖質栄養素の研究開発会社の国際大会で講演をしてもらうべきだと提案しました。

Photo_4


元CEOはそれを受け入れ、ベン・カーソン博士に電話を入れました。カーソン博士の返事は、喜んで講演をするが、謝礼はすべて、自分が運営している恵まれない子たちのための財団に送ってほしいということでした。カーソン博士は、マナフェストに事務部門の秘書アンドレイ・ジョーンズを連れてきました。
彼女に会った瞬間、神様が新しい贈り物を私たちマナリリーフに送ってくださったことが分かりました  出典:確固たる運命


183576_10150415775260179_515880178_


|

« ≪情報や本舗≫≪心が強くなる言葉≫≪中村天風≫≪思考を積極化≫≪観念要素の更改≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫≪安全・安心性の証明≫≪NSF≫≪GMP≫≪品質の安全・安心性≫≪KOSHER≫ »

【糖鎖】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪3人の医師の身に起きた奇跡のようなお話!≫【報告事例】パート①:

« ≪情報や本舗≫≪心が強くなる言葉≫≪中村天風≫≪思考を積極化≫≪観念要素の更改≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫≪安全・安心性の証明≫≪NSF≫≪GMP≫≪品質の安全・安心性≫≪KOSHER≫ »