« ≪情報や本舗≫≪ケプラー22b≫≪地球とよく似た惑星≫≪NASA≫≪宇宙望遠鏡ケプラー≫ | Main | ≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】による【小脳動脈瘤破裂】からの驚くべき回復!                                      【報告事例】パート③ »

≪情報や本舗≫≪ASEA≫≪アメリカンフットボウル≫≪ランス・ローリー≫≪CJ・ウォレスSR≫

Agesburogu2012年スーパーボウルもニューヨーク・ジャイアンツの大逆転で幕を閉じました!いつも話題の高額コマーシャルを全て公開してます
■【話題のCM】■

Aseaa


アメリカンフットボールの”スーパーボウル”にも出場の ニューヨークジェッツのラインバッカー「ランス・ローリー」は最近、ASEA(アセア)を飲み始めました


9880357_2

【2006年にはシアトル・シーホークスで21タックルと1フォースファンブルという記録をもって、ニューヨークジェッツに移籍したLB(ラインバッカー)】

1301672609_img2


運動能力を高めるために、必要なときに摂ることができて、しかも、ドーピング検査で検出されない補完栄養剤!この製品は、ASEAという液体のサプリです。アンチエイジング用に開発されたものなのですが、臨床実験の中で、偶然にもアスリートたちが、回復力が良くなると判明されたもの・・・・・・それは酸化還元反応伝達分子≪レドックス分子≫という安定した混合物の驚きのドリンク剤です

338381

ランス・ローリーは、結果が素晴らしいものに他ならないと今日、親友のDB(ディヘンスバック)の「ジェームス・ウォレス・ジュニア」にASEAがパフォーマンスを高めてくれることを伝えたのです!


トレーナー・エージェント・プレーヤー全員が同様にこの画期的で科学的な細胞プロセスに関わるASEAを飲み始めたのか?特に、ランスはASEA(アセア)を賞賛しています

ランスが強調するのは、エネルギー、回復と最も重要なのはパフォーマンスの大幅な増大を見たことです

048

それと同時に、ランスは、すべてのプレーヤーが求めている何か?を見つけました。それは、筋肉痛と疲労の減少です!


ASEA(アセア)のテストは、アスリートが12%のその換気しきい値Ventilatory Threshold(VO2 Maxのテストで耐久性のマーカー)の増加を認識することを示して、最高30%のすべてのパフォーマンスに置いて増大します!下記にASEAを飲む前、飲んだ後でのテストデーター図・・・

Vo2

【最大酸素摂取量】:スポーツにおいて全身持久力の最も良い指標となっている。一般人のは約40 ml/kg/min 、一流長距離選手は約80 ml/kg/min、未調教のサラブレッドは約130 ml/kg/min、一流の競走馬サラブレッドは約190 ml/kg/minで、生まれつき人より、酸素摂取能力にすぐれ、サラブレッドが速く走る秘密の一つだそうですよ                 【KOTOBANKより一部抜粋】

Photo

アセアがどのように本当に「ゲームを変えること」であるかについてプロスポーツ選手がどう見分けるかと言うことを
自身の声で語っています⇒You-Tubeにたくさん見つかります   ↓   ↓   ↓

http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/jona-d245.html

Panel2


|

« ≪情報や本舗≫≪ケプラー22b≫≪地球とよく似た惑星≫≪NASA≫≪宇宙望遠鏡ケプラー≫ | Main | ≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】による【小脳動脈瘤破裂】からの驚くべき回復!                                      【報告事例】パート③ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪ASEA≫≪アメリカンフットボウル≫≪ランス・ローリー≫≪CJ・ウォレスSR≫:

« ≪情報や本舗≫≪ケプラー22b≫≪地球とよく似た惑星≫≪NASA≫≪宇宙望遠鏡ケプラー≫ | Main | ≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】による【小脳動脈瘤破裂】からの驚くべき回復!                                      【報告事例】パート③ »