« ≪情報や本舗≫≪運動持久力増加テストレポート≫【ASEAの最大酸素摂取量】≪VO2MAX≫ | Main | ≪ASEA塩水(すごい水)≫の≪超越力≫ »

≪情報や本舗≫≪製品安全に関する試験管内≫の≪研究からのデータ≫

Asealogoaseaname2Aseamolecules1

【ASEAの反応性分子証明手順】


ASEAの反応性分子は、複雑で独自の電子化学的工程で作られ、このASEAの反応性分子は、安定しており、また、測定できる。ASEAに反応性分子があることを3つの標準蛍光分子(RPE)(APF)(HPE)によって証明された。

この蛍光分子は、反応分子に接触すると、形を変形させ、蛍光量を減らす。この蛍光分子の変化を測定することで、反応分子の存在を示す事が出来る。

実験は、外部研究機関で毎日行われ、各実験サンプルからASEAにバランスの取れた反応分子があることが証明された。

【転写要因の活性化科学の説明】


細胞は、毒物に触れると、核に転写要因を送って反応する。核内では、この転写要因が遺伝子に毒物への細胞防御を指示する(炎症反応)。この核内転写要因は、細胞に染色する事で、蛍光顕微鏡で見る事が出来る。

細胞が、毒物に反応すると、蛍光塗料が転写要因と共に核内に見られる。二つの転写要因、p65とp-Junを観測し、緑色の染料がみられると、毒物への反応があると見る。

【Procedure(工程)】

真核細胞は容器で培養(1)PBS(無毒溶液=化学リン酸塩)、(2)5%ASEAによる栄養液、(3)20%ASEAによる栄養液(4)毒物溶液と接触させる。転写要因p65とp-Junの反応を顕微鏡写真に取った。
≪コンピュータ・ソフトウェアが核を絵で発見するのを助けるために、DAPI着色剤は、核にも塗られました≫

【Results(結果)】


【P65/NF‐kappaB】


 NF‐kappaBの着色されたp65サブユニットによるイメージ細胞は、下で見られます。

一番右端と比較して、ASEAに接触した細胞は、毒物への反応はしていない。左3写真は、p65が細胞外に残っているので、これは、毒物がないと示している。

PBS  5% ASEA 20% ASEA Known Toxin

【P‐Jun】


 P‐Junデータも、大きな中毒反応がない(5%ASEAにも毒物がない)という視覚の証拠を示しています

≪結論≫


高い濃度のASEAを細胞に接触させても、毒物への反応は無い。この結果により、ASEAによる、毒物への反応は見られないし、炎症も見られない。


PBS  5% ASEA 20% ASEA Known Toxin

|

« ≪情報や本舗≫≪運動持久力増加テストレポート≫【ASEAの最大酸素摂取量】≪VO2MAX≫ | Main | ≪ASEA塩水(すごい水)≫の≪超越力≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪製品安全に関する試験管内≫の≪研究からのデータ≫:

« ≪情報や本舗≫≪運動持久力増加テストレポート≫【ASEAの最大酸素摂取量】≪VO2MAX≫ | Main | ≪ASEA塩水(すごい水)≫の≪超越力≫ »