« December 26, 2010 - January 1, 2011 | Main | January 9, 2011 - January 15, 2011 »

≪情報や本舗≫≪慢性疲労症候群≫≪線維筋痛症≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫疾患≫

Barner
Cao9ghul

慢性疲労症候群と同じく炎症をおこす異常(疾患)に、線維筋痛症と言う疾患があり、診断された人は勿論、多くの医師たちを困らせてきたことは事実のようです。

Photo

線維筋痛症は筋肉と組織の慢性的な圧痛によるものらしく、筋肉細胞の修復と再生の異常が線維筋痛に関係している。ある引き金になる部位が影響を受けるらしいのだが、薬での治療法は限られた成功しかおさめられてこなかったのです

Il_09

興味深いことに慢性疲労症候群と線維筋痛とはびっくりするほど似ており、その特徴は、疲労・浅い眠り・筋肉と節々の痛み・免疫低下・うつ病・・・など(左の図をクリック)

Sugars_large


モンドール医学博士は著書「Sugars that Heal」の中で⇒糖鎖≪補足:8つの糖・甘くない糖≫は体の細胞間における、ほぼすべての知的活動に不可欠である。糖鎖は細胞の情報と活動のためになくてはならない一部なのだ。糖鎖の栄養素≪補足:糖鎖を体内で作る素・糖鎖の栄養素≫は細胞が体の構造をいかに形作るかということと組織の日々の修復に対して影響を及ぼす。我々の体で、なにが体に本来あるべきものか否かを見分けることを手伝うという点で重要な役割を果たす。
(引用:Emil.I. Mondoa 医学博士、Sugars that Heal)


O0320024010644457074

線維筋痛は隠れたウイルスとも関係しており、これが免疫機能を低下させる。モンドール医学博士は著書「Sugars that Heal」の中で糖鎖≪補足:8つの糖・甘くない糖≫は細胞がバクテリアやウイルスにいかに反応するかに対しても欠かせないものだと!
(引用:Emil.I. Mondoa 医学博士、Sugars that Heal)

O0333027210416487182


もしこれらがすべて事実ならば、不可欠な8つの糖鎖≪補足:8つの単糖≫は目覚ましい抗ウイルス作用を有していることになり、やはり、糖鎖の栄養素の補完は適切な治療法(代替医療)と言えるのではないでしょうか
我々の体内のほとんどすべての出来事は受胎から死にいたるまで、ある程度はこの「糖鎖の言葉」によって調停されているのだ


Photo_2

「Integrative Physiological 」and 「Behavioral Science」の1~3月号においては、繊維筋痛と慢性疲労症候群の被験者がフリーズドライ≪特許取得の工法≫のアロエ抽出物(マンノース)を中心とした多糖類⇒植物由来の糖質栄養素および植物栄養素(ファイトケミカル)などの補完栄養食品を摂取した場合に症状に大きな改善がみられたことが報告されている。

「Sugars that Heal」の中でも、糖質栄養≪補足:糖鎖を体内で作る素・糖鎖の栄養素≫の補足は、糖たんぱく質のパフォーマンスを刺激し、NK細胞の数を増加させ、早期老化細胞の死をとめ、まさに免疫システムの一新といえるほどの効果を与えた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪細菌感染≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

        【有用性のまとめ】<細菌感染>


糖質栄養素は、細菌、ウイルス、真菌を殺す働きを助けることで感染を予防します。 例えば:

□ 目への感染を抑制します

□ 吸い込まれて気道の粘膜で食い止められた細菌やウイルスを不活性化することによって、肺の感染や損傷を  防ぐ助けをします

       【有用性の詳細と作用機序】<細菌感染>


■ マンノース・キシロース、 あるいはグルコサミン(N-アセチルグルコサミンの代謝産物) などの糖質栄養素の  糖は、細菌、ウイルス、真菌を死滅させる助けをし、また感染を予防します

■ マクロファージは細菌を捕獲して破壊し、その攻撃に対して最前線で防衛する細胞ですが、その細胞表面にあ  るマンノース受容体が、他の細胞上にあるマンノースあるいはフコースを含む物質と結合することにより、この   細胞が破壊しなければならない外来の侵入者かどうかの判断をします

■ マンノース・シアル酸(NANA) そしてフコースのような糖質栄養素の糖は、体細胞表面にある結合部分と拮抗  することによって、細菌やウイルスの接着を防ぎ、感染を予防します

■ 表面に糖質栄養素の糖の受容体を持っている細菌には、大腸菌、淋菌、結核菌、サルモネラ菌、ブドウ球菌   などがあります

■ シアル酸(NANA)や、フコースを含むオリゴ糖を持つヒト母乳中の糖脂質は、大腸菌毒素から身を守ります

■ 糖タンパク質である細胞表面のムチンは、体細胞表面の糖質栄養素の糖への細菌の結合を妨げることによっ  て、感染を防ぎます

■ 母乳中の主要な糖たんぱく質であるラクトフェリンは、呼吸器系ウイルスの増殖を阻害し、大腸菌、クレブシエ
  ラ属、シュードモーナス属、プロテウス属、エルシニア属、スタフィロコッカス属、リステリア属のような細菌や真  菌を殺します

■ 母乳に見られる糖たんぱく質やオリゴ糖は、腸内で有益なビフィズス菌の成長を促進することによって、病原   菌誘発性の下痢を予防します

■ 糖質栄養素の糖は、マクロファージ(免疫細胞)の刺激によりウイルスにとって毒である インターフェロンを
  放出させたり、ウイルスをコーティングしているたんぱく質のグリコシル化の抑制によりウイルスの正常な機能
  を妨害することから、抗ウイルス活性を示すものと思われます

■ マンノースを含む糖やN-アセチルグルコサミンは、感染細胞の一種アメーバによる目の感染を阻害することが
  示されています

■ 細菌の表面にマンノースが結合することによって、体細胞による微生物の取り込みや破壊を促進する可能性   があります

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ホルモン機能≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<ホルモン機能>


糖質栄養素(あるいはその代謝産物)は、健康的なホルモン機能のために主要な役割を果たしています。そして次のような有用性があります:

□ 身体全体におけるホルモン分泌および正しい体内輸送に重要です

□ 成長ホルモンの正常な機能、結合およびプロセス(加工変換)に必要です


    【有用性の詳細と作用機序】<ホルモン機能>

■ 脳下垂体あるいは胎盤から誘導される性腺刺激ホルモンは糖たんぱく質で、体内のその他多くのホルモン放  出をコントロールしています

■ 性腺刺激ホルモンのグリコシル化は、その大きさや、循環する寿命・細胞間の移動の容易さ・貯蔵
  と分泌・浄化、そして免疫反応性と生物活性に影響します

■ 性腺刺激ホルモンの場合、ホルモンに含まれる糖質栄養素成分とその生物活性には直接的な関係がありま  す

■ ほとんどの糖たんぱく質ホルモンにとって、シアル酸、ガラクトース、そしてN-アセチルガラクトサミンはグリコ  シル化をする上で最も重要な糖質栄養素の糖であり、250 性腺刺激ホルモンに関しては、マンノース、フコー  ス、N-アセチルグルコサミンも含まれている可能性があります

■ 細胞上のインシュリン受容体はマンノース、ガラクトース、フコース、N-アセチルグルコサミンそしてシアル酸を  含むオリゴ糖の側鎖を持っており、異なる細胞種により糖鎖も異なります

■ インシュリン感受性は身体の各部分によって異なり、その感受性の違いはグリコシル化の違いが影響します

■ インシュリン受容体のグリコシル化が正しく行われないと、インシュリン合成やその加工処理(プロセス)が途
  絶する原因となります

■ 蛋白同化ステロイドホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンには、体全体にホルモンを輸送す
  るためにグリコシル化された血清結合性たんぱく質が必要で、機能のためにはグリコシル化された細胞受容   体が必要となります

■ インシュリン様成長因子(IGF)結合たんぱく質のグリコシル化は、IGFに結合する能力とIGFの生物学的利用
  能の調節に影響します

■ IGF受容体のグリコシル化はその発現や組織の相違に寄与することで、生物学的活性に影響を与えます。

■ 成長ホルモンの細胞受容体のグリコシル化は、正常な成長ホルモンの結合と体細胞によるプロセス(処理)に  必要です

■ プログルカゴン(グルカゴンホルモンの前駆体)とグルカゴンの細胞受容体のグリコシル化は、血中のグルコー
  ス量やインシュリン分泌の調節を担っているグルカゴンの正常な結合と活性に必要です

■ 食べ物を消化した後、グルカゴン様ペプチド(GLP)が血液中に放出された結果としてインシュリンの放出が起
  きますが、そのためにはグルカゴン様ペプチド受容体がグリコシル化されている必要があります

■ コルチコステロイド結合グロブリンは、コルチゾル(喘息や花粉症の症状を軽減するために重要です)と結合し
  てその生化学的利用能の調節を助ける血漿糖たんぱく質であり、20~30%の糖質栄養素の糖を含んでいま  す

■ アルギニン・バソプレッシン(毛細血管を収縮させることによって血圧を上げるホルモン)の前駆体と受容体は
  グリコシル化されており、グリコシル化の異常やそれに引き続いて起こる機能不全の対象になります


Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ストレス≫

Banertop_main
細胞間コミュニケーション糖鎖情報や本舗

Btn_play_movie「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<ストレス>


糖質栄養素(あるいはその代謝産物)は、身体にストレスがかかっている間、重要な働きをします、その理由は次の通りです:

□ 環境化学物質が有害な影響を及ぼす前に、これらの物質を細胞から除去します

□ 吸い込んだ細菌やウイルスを気道の粘膜で食い止め不活性化することによって、ストレスに引き続いておこる肺の感染や傷を防ぐ助けをします

□ 熱によるストレスの際、細胞の防御やダメージの修復に寄与することによって、身体が熱への抵抗力を発揮する助けをします

□ 精神的ストレスが原因で起こる日和見感染、胃潰瘍や変調に対する防御への手助けをします

□ 過度の運動でストレスのかかった細胞を保護し、修復する助けをします

□ 擦り傷や火傷などの身体的ストレスにおける組織の損傷を修復する助けをします

□ 酸化ストレスの予防を助けます


      【有用性の詳細と作用機序】<ストレス>

■ 食物由来の糖質栄養素となる糖の十分な供給は、身体がストレスを受けている時に重要となります。それはこれらの糖から合成される複合糖質が、細胞の生存はもちろん、組織の治癒や修復の多くの場面で重要な役割  を果たしているからです

■ 特殊な複合糖質であるP糖たんぱく質は、細菌やヒトの細胞で膜上のポンプとして機能し、環境化学物質の毒が細胞に作用する前に排出する働きをしています

■ 気管粘液の糖たんぱく質は、肺に吸い込んだ病原体や化学刺激物質による損傷から肺を保護し、また環境性ストレスに応じて増加します

■ ホルモン糖たんぱく質であるソマトラクチンは、環境性ストレスに対する魚の適応性において重要であると考え
られます

■ 熱によるストレスが起こると、熱ショックたんぱく質の合成とグリコシル化が増加します。この熱ショックたんぱく質は、ストレスがかかっている間とその後の細胞の防御と損傷の修復を行い、熱ストレスに対する耐性を獲得  する機能を持っています

■ ホルモン糖たんぱく質であるアクチビンは、ヒトの細胞では熱によるストレスに対応して細胞の増殖や分化を調
節しており、ストレスがかかっている間の細胞の生存に関わる機能を持っている可能性があります

■ 熱や化学物質によって起こる水晶体中の代謝酵素の不活性化は、糖尿病や腎不全でよく見られ、白内障の 危険因子となっていますが、目の水晶体内の糖たんぱく質アルファ-クリスタリンはそれを防ぎます

■ ストレス下にある軍人には、シアル酸(NANA)(正常な神経機能に重要な糖質栄養素の糖)を豊富に含む血清
糖たんぱく質であるストレシンが増えています。これは精神的ストレスに身体が反応する上で重要な役割を果  すものと考えられています

■ 精神的なストレスは、感染に対する防御や攻撃において重要となる免疫系の複合糖質の活性を、抑制する原因となります


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪その他の生物学的効果≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<その他の生物学的効果>


糖質栄養素には次のような有用性があります:


□ カルシウムの吸収を促進します。このことによって骨粗鬆症などのカルシウム欠乏による疾患を予防できると   考えられます

□ 胃腸管の防御と正常な機能を助けます

□ 健康な消化のために必要となる正常な腸内細菌の維持を助けます

□ アルツハイマー患者の記憶力を改善する可能性があります

□ 喫煙者155 やアルコール依存症156 の禁断症状(欲求)を軽減する可能性があります

□ コレステロールに対する健康なプロセス(加工処理)を助けます

□ 適切な神経機能の調節を助けます

□慢性疲労症候群や繊維筋痛症の症状を和らげるための助けとなる可能性があります

□ 注意欠損多動性障害(ADHD)の障害度を軽減する助けとなる可能性があります

□ テイ-サックス症の子供の成長と機能を改善する可能性があります

□ 筋ジストロフィーの治療において、従来の医薬品療法の助けとなる可能性があります

□ 成長障害症候群の幼児の成長を改善する助けとなる可能性があります

□ 失読症の症状を改善する可能性があります

□ C型肝炎患者の血清肝酵素濃度を改善する可能性があります

      【有用性の詳細と作用機序】<その他の生物学的効果>


■ ヒトでは、食物由来のガラクトースあるいはグルコースによってカルシウムの吸収が増進することから、骨粗鬆  症などのカルシウム欠乏による疾患の予防に有用と考えられます

■ ラクトフェリンのフコースを含む部分は、ヒト母乳で主要な糖たんぱく質であり、幼児期の正常な鉄の吸収のた
  めに必要なものです

■ フコース、ガラクトース、マンノース、ガラクトサミン、グルコサミンそしてシアル酸(NANA)を含む母乳中の糖た  んぱく質は、生化学的利用能をより発揮するためにビタミンB12と結合します

■ グルコサミン(N-アセチルグルコサミンの代謝産物)の合成誘導体は動物の摂食活性を抑制します。307 こ   れはヒトの空腹感を抑制する可能性を示唆しています

■ 栄養補助でグルコースを摂取すると、アルツハイマー患者の記憶が改善され、喫煙者の渇望が大幅に減少す  ることが示されました

■ 栄養補助で糖質栄養素を摂取すると、アルコール中毒者のアルコール渇望を減らせる可能性があります

■ 多くの酵素が糖たんぱく質であることから、グリコシル化の低下は酵素の効果を大幅に変化させてしまう可能  性があります
■ 細胞の核の内外両方に存在する糖たんぱく質は、たんぱく質の輸送やRNAからの転写を助け、たんぱく質合   成の調節において重要かつ複雑な役割を果たしています

■ 低密度リポたんぱく質(LDL)受容体のグリコシル化は、LDLがコレステロールを正常に処理するために必要な  ものです

■ ヒト母乳中に見られ、シアル酸、ガラクトース、グルコースそしてセラミドを含む糖脂質は、神経系の発達に必
  須な構成要素を形成しているために、正常な能の発達に重要なものです

■ 神経インパルスの伝達に関わる化学物質を輸送する神経膜の糖たんぱく質のグリコシル化は、神経機能が正  常に調節されるように働きます

■ フコース、ガラクトース、グルコサミン、ガラクトサミンそしてシアル酸(NANA)を含む、母乳の複合糖質や
  多くの部位がグリコシル化された酵素は、幼児の脂肪消化系の正常な発達と機能に重要です

■ 身体で生成される糖たんぱく質であるムチンは、腸で分泌され、胃腸管の正常な機能と防御に重要な役割を   果たします
■ 食物由来のガラクトースやグルコースは、健康な消化に必要となる正常な腸内細菌の維持に重要です

■ 【糖質栄養素】は、慢性疲労症候群や繊維筋痛症の症状を和らげる助けとなる可能性があります

■ 【糖質栄養素】は、注意欠損多動性障害の重症度を軽くする助けとなる可能性があります

■ 【糖質栄養素】は、筋ジストロフィーの治療で行われている従来の薬物治療を補助する可能性があります

■ 【糖質栄養素】は、成長障害症候群の幼児の成長を向上させる可能性があります

■ 【糖質栄養素】は、テイサックス病の子供の成長と機能を向上させる可能性があります

■ 【糖質栄養素】は、失読症の症状を改善させる可能性があります

■ 【糖質栄養素】は、C型肝炎患者の血清中の肝臓酵素濃度を改善させる可能性があります

■ 事例報告では、糖質栄養素の補助食品が、歯周病、口腔潰瘍、口唇ヘルペスの症状を改善したと報告してい  ます


Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オメガ3脂肪酸≫≪DHA≫≪EPA)≫≪脳の発達傷害≫≪妊婦の食べ物≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerch04
         =【本文全篇の訳文を読む】

Button_switch_now≪近年の多くの発見の一つがDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)として知られるオメガ3脂肪酸が胎児や早期の幼児の頃の脳の発達に最適であり必要な栄養だとわかったことです≫

A00008

実際に、女性がDHA&EPAの栄養素が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と強く関係し、明らかに生まれつき学習障害の存在する傾向にある。

Brainfunction

問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因としてあり、お母さんの体にDHAの必要性があるということです。出生後、乳児にも母乳からDHA&EPAを母乳より摂り続け、最初の3カ月の間は摂取することで最適な脳の発達が続きます。

Default


生化学の見地からは、成長しつつある胎児は、特にいくらかのDHAを不飽和脂肪酸である亜麻仁油に豊富に含まれているα-リノレン酸(ALA)、青魚やフィッシュオイルに豊富に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)から作ることができます。しかしながら、胎児の体や乳児の体(少なくとも出生後最初の3カ月)は

十分な量のDHAを合成できないため最適な脳の発達のために満たしておく必要があります。このように、ぜひとも女性にとっては妊娠する前からDHAを摂取し、妊娠中や出生後3カ月の間(母乳で与えることをお勧めするが)は子供たちの脳が理想的な発達と機能を得るために与えてください。

Photoオメガ3系の脂肪酸ををサプリで摂るなら、もちろん良質なDHA&EPAが豊富に含まれているものが理想です

【オメガ脂肪酸が、特にDHA&EPAは高血圧や認知症そしてアルツハイマーなどに、とても効果があることがわかってきたのです・・・・書き込み予定!

Brain


残念ながら、多くの女性は十分な量のDHAを摂っておらず、また、この最適な期間を経過してしまっては、これによる影響を代償することはできません。妊娠中や出生してから最初の3カ月の間に子供は脳の発達に影響を与えるほどDHAを摂っていません。

Photo_5

ほとんどの女性はDHAと脳の発達の間の関係に気づいていません。しかしながら、プライマリーヘルスケア専門家は出産年齢の女性の患者に毎日魚を食べる(1週間に2人前)はもちろんのこと、必須脂肪酸サプリメントを毎日摂る(私はすべてを含んでいるフラックスシード(亜麻仁)、魚とルリジサの種の油を好んでいます)重要性を警告するべきです。

Button_switch_now_2脳の発達とDHAについて何の研究で紹介されているのか

上記述べたように、多くの魚にDHAであるオメガ3脂肪酸が含まれており、同様にサプリメントならばフィッシュオイルに含まれています。体ではα―リノレン酸とエイコサペンタエン酸からDAHは合成することができます。様々な研究では高濃度のDHAを胎児や幼児が摂取することで高いIQスコアを生涯得ることができるといっています(だいたい平均して6ポイント高くなります)。

加えて、様々な研究で最初に生まれた子供が全体的にそれ以降の子供より高いIQを持っているとしています。これは女性が生涯かけて組織に蓄積したDHAを最初に生まれた子供は得ることができることに要因があり、それに加えて出生後に母乳からDHAを得ることができることも要因です。

Photo_6

とてもしっかりとしたオメガ3脂肪を食事やサプリメントでの摂取プログラムをきちんと実践しない場合、第2子以降の子供たちは第1子のようにDHAを集中して摂取することはできず、第1子のように高いIQと明白な学習障害を減らす傾向にはいたりません。

Photo_3

最もDHAが日常的に必要性を生じる時は、胎児の頃では"妊娠第三期"と幼児期では、少なくとも生後3カ月の間です。この間では脳神経シナプスが最も早く形成される時期であり、胎児の酵素を合成するために容量を上回るDHAを要求する頃にあたります。したがって、胎児の発達期間には胎盤からDHAが供給されています。

Df300f0d

分娩後、幼児は母乳からすぐに得られる十分な量のDHAを当てにして、効率よく脳組織と機能を発達させます。実際には、妊娠第三期では脳の大きさが3倍に大きくなり、この急激な脳の成長期には目に見えてDHAが大量に必要になります。(注目すべきは、DHAはまた視覚にも必要になります。)

Button_switch_now_3≪出産年齢の女性は何をすべきですか?≫


最もよいアドバイスは大人の女性は1週間に2回は魚を消費するべきです。これを実行することはお母さんの脳と体全体に豊富にDHAがあることで、将来生まれてくる子供の脳の発達の補助となります。

631c3f

最近のいくつかの研究によると、EPAや魚に含まれるオメガ3脂肪の二つの必須脂肪は老年期の脳においてアルツハイマー病やその他の痴呆病変の危険性を減らすことに関係するとされています。もちろん、オメガ3脂肪はまた心臓疾患や癌の危険性も減らす効果があります。

Baby_2

1週間で2人前以上の魚を食べることは賢明とはいえません。それは、魚の消費量と水銀毒素やその他の汚染に関連したものの危険性があるからです。しかし、それでもオメガ3脂肪をさらに摂取し続けることが望ましいです。

したがって、私は大人の女性(男性にも)日常サプリメントにフィッシュオイル、亜麻仁油やルリジサ種油を併せて摂ることを推奨します。これらのサプリメントカプセルには400mg程度含まれています。私は包括的な健康維持と病気予防のために1日3粒摂ることを提唱します。

Photo_2

出産適齢期の女性にとっては必須脂肪のサプリメントを摂ることは最も重要なことです。EPA,DHAやALAをサプリメントとして加えることで妊娠前の女性にとって体の組織にDHAを浸透させるとても効率のよい方法であり、妊娠中のDHAを組織に補充する方法でもある。

それは彼女らの子供たちにとって最適な脳の発達のためにDHAを利用することになります。今、多くのケースで医者が母乳で育てている期間に必須脂肪サプリメントを摂る教育を行っています。最近まで、多くの医者は妊婦へビタミンとミネラルサプリメントだけを推奨していました。

Photo_4

最適にデザインされた必須脂肪サプリメントを使うことは水銀や汚染物質を含まないことが重要なポイントですが、精製された油のサプリメントには重金属や毒素による健康被害を生じない利点があります。

しかしながら、タラの肝油もしくはその他の肝油サプリメントを使うことは賢明ではなく、これらの肝臓には汚染物質やコレステロール、ビタミンAやDが毒素と共に集中して高いレベル保持されている状態で、これを使うことは胎児の体内でも同様のことが起こります。

大量にビタミンAを女性が摂取するとその子供たちは先天奇形を持って生まれやすいことが知られています。このように、私はタラの肝油やそれに似たものよりも、亜麻仁油やフィッシュオイル、ルリジサ種油などを含んでいるサプリメントを推奨しています。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪オメガ3脂肪酸≫≪DHA≫≪EPA)≫≪脳の発達傷害≫≪妊婦の食べ物≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪糖尿病と代謝異常≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<糖尿病と代謝異常>


糖質栄養素には次のような有用性があります:

□ 先天性代謝異常によってもたらされる一部の疾患を効果的に治療します

□ 糖たんぱく質糖鎖不全症候群(CDGS)を効果的に治療します

□ 血中のグルコース量およびインシュリン分泌の調節に重要です

□ 糖尿病や腎不全の動物が、白内障になるのを防ぎます

□ 糖尿病の治療に役立つ可能性があります


  【有用性の詳細と作用機序】<糖尿病および代謝異常>


■ 代謝異常とは、糖質栄養素の糖が正しく代謝されない、あるいは複合糖質に必要な合成(グリコシル化)が行  なわれないことから引き起こる疾患ですが、適切な糖による栄養補助を行うことにより、その検出及び治療が   可能となります

■ マンノースを毎日経口摂取することは、糖たんぱく質へのマンノースの取り込みが少ないことが原因で発症す  る糖タンパク質糖鎖不全症候群(CDGS)に対して、効果的な治療法とされています

■ 異常なグリコシル化に関与する一般的な病気や疾患には、肝疾患・ガン、甲状腺機能低下症 などが挙げられ  ますが、免疫グロブリンA(IgA)腎症、I-cell症、好酸性血清の遺伝性多核赤芽球症、そして白血球接着不全  症Ⅱ型なども含まれています

■ 糖尿病モデルの動物実験では、マンノースを栄養補助として摂取することで、膜の代謝産物を維持することができ、糖尿病性白内障の発症から水晶体を守ることが示されています

■ 動物実験では、食事に由来するガラクトースが白内障の形成を阻害しました

■ N-アセチルグルコサミンとグルコースは、インシュリンの放出を刺激し、またこれらの代謝がインシュリンによ  って調節されているため、糖尿病患者がこれらの糖質栄養素の糖を含む栄養補助食品を大量に摂取する時   は、薬の投与を調節する必要がある可能性があります。

■ ヒトでは、ガラクトースがインシュリン分泌を刺激をすることがなく、またガラクトースとフコースの利用にインシュ  リンを必要としないため、糖尿病患者がこれらの糖質栄養素の糖を摂取しても代謝の相互作用  に関与する  可能性はほとんどありません。

■ 過去の調査結果に基づくと、糖質栄養素は糖尿病の治療に役立つ可能性があります

■ 事例報告の結果によれば、糖質栄養素はインシュリン非依存性(Ⅱ型)糖尿病患者の血中グルコース量と筋  繊維痛を軽減できる可能性があります

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪古事記≫≪因幡の白兎≫≪大国主命≫≪編纂1300年前の一年前!≫

       ≪2011年!新春のお慶び申し上げます≫
Photo

Img_1494318_59151247_0

Photo                  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2011年も未承認!未確認!未知なる情報!をせっせと書き込みをする所存です。昨年ツイッターに参戦して、コチラからの情報や本舗の訪問者も増えつつ!昨年5億人を超えたFaceBookフェースブックの参戦も促されるも?ままならず・・・

Wikileaks_4

新しい情報の発信スタイル、アメリカ大統領がツイッターを使っての選挙に勝利したことは、既に遅き話!ウィッキリークス・オープンリークスと凄まじい進化ですね・・・日本の国会議員諸氏の参戦もも多く、かつては考えられない直接メッセージのやり取りが自由に始まっている!昨年の年始で書きこみしたツイッター議員の登場もそう遠からじかもしれませんね?⇒もうそこまで来ていますよ

Aa4qxvfcajypw6scan8quyy

来年は「古事記」!712年、天武天皇が碑田阿礼が誦み習ったモノを≪記憶力が並外れた人だったようだ?≫を
太安万侶に編纂させた・・・日本最古の歴史書が来年1300年を迎える!意味深い、2011年の年明けである

Photo


さてさて今年の干支が”うさぎ”!こんな噺をご存知でした、あの”古事記”「オオクニヌシ」が傷ついた兎に知恵を授けました、その後助けられた「兎⇒因幡の白兎」は今度は「大国主命」に、ある予言を授けたのです!それは、多くの神々(八十の神々)から求愛を受けていた「八神の姫」は、貴方様(大国主命)と結婚するでしょうと!

【因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)は「稻羽之素菟」(古事記)が正しいらしい、素をシロと読むことから白兎との俗説が広まったのでは・・・身ぐるみ(うさぎの毛皮)はがされ裸=素になった!】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2世界地図が動き回って干支の「うさぎ」を創るなんて!


世界地図で干支を全て表すという、なんとも不可思議なプレートテクトニクス映像です!子丑寅兎!で4番目、先ずはご覧になってからご判断を・・・・


Photoコチラ子・牛・寅・・

■≪「うさぎ」の図←クリック拡大≫■
04usagi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ヒト母乳中の糖質栄養素≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<ヒト母乳中の糖質栄養素>


糖質栄養素(シアル酸(NANA)、フコース、ガラクトース、N-アセチルグルコサミン、およびN-アセチルガラクトサミン)は、新生児の健康に特に重要であり、ヒトの母乳には豊富に含まれています。母乳中の糖質栄養素は、授乳中の幼児に対して下記の有用な役割を果たします:


■ 呼吸器系ウイルスの侵入を阻害し、細菌を殺します

■ 細菌感染による下痢を予防します

■ アレルギーを予防します

■ 適切な鉄分の吸収に有用です

■ ビタミンB12の生物学的利用能に有用です

■ 脂肪消化系の正常で健康な発育と機能に有用です

■ 正常で健康な脳の発育に有用です

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪がん≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

           【有用性のまとめ】<がん>

□糖質栄養素は、ある種のガンの増殖や腫瘍細胞の転移の阻害を助けます

          【有用性の詳細と作用機序】<ガン>

■ フコース・ガラクトース・マンノースあるいはマンノースを含む多糖体、グルコサミン(N-アセチルグルコサミンの  代謝産物)、そしてN-アセチルガラクトサミン を含む多くの糖質栄養素の糖は、一部のガンにおいて増殖や   腫瘍細胞の転移を阻害します。

■ マンノースのような糖質栄養素の糖によるガンの増殖阻害は、ガン細胞を破壊する白血球の一種であるナチュ  ラルキラー細胞の免疫系活性化が、部分的に関係していると思われます

■ 糖質栄養素の糖が、細胞表面にある糖質栄養素の糖の結合部分と拮抗することで、腫瘍細胞と正常細胞の  接着を防止し、それにより腫瘍細胞の転移を阻害すると思われます

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 26, 2010 - January 1, 2011 | Main | January 9, 2011 - January 15, 2011 »