« April 24, 2011 - April 30, 2011 | Main | May 8, 2011 - May 14, 2011 »

≪情報や本舗≫≪放射性物質≫≪セシウム≫≪半減期≫≪ストロンチウム≫≪プルトニウム≫

Atomradiation


「セシウムとストロンチウム」は核分裂によって出来ます、その多くが放射性物質なのです。いくつかある内の「セシウム」(137)と「ストロンチウム」(90)は、過去の大気中核実験や原子力事故等の影響によって、わずかとはいえ環境中に存在しているのだそうです

20090813hjc8d000_13


≪放射性物質≫とは?

放射性物質は、放射線を出して他の元素に変わり、その量は次第に減っていきます。放射線は物質を透過する力を持った光線に似たもので、放射線を出す能力を「放射能」といい、この能力をもった物質のことを「放射性物質」といいます

Cimg4599


≪半減期とは?≫

その減り方を表すのが半減期であり、放射線を出す元素の数が、ある時点から半分になる時点までに要する時間のことをいいます。


Thumbdoitsu


セシウムの半減期≫

セシウム(137)はベータ線を放出してほとんどがバリウム(137m)になり、更にガンマ線を放出して安定なバリウム(137)になります。それぞれの半減期は約30年と約2.6分です。一回限りの摂取なら数カ月後にはなくなる

Zstrontium90005


≪ストロンチウムの半減期≫

ストロンチウム(90)の場合はベータ線を放出してイットリウム(90)になり、更にベータ線を放出し安定なジルコニウム90になります。半減期はそれぞれ約29年と約64時間です体内に蓄積され、死ぬまで残る


セシウム・ストロンチウムとも2 回の変化を経て安定な元素に変化するという特徴があります

E0026906_15315278■画面拡大⇒半減期は2万4000年!


≪プルトニウムの半減期≫

「プルトニウム」は一度体内に入ったら決して消えない、プルトニウム238なら87年!もっと驚く為五郎じゃ、プルトニウム239であるなら、半減期は2万4000年!死んでも残る?ごく微量の摂取でもがんを引き起こす。


0105

セシウムとストロンチウムは動植物などの生命活動に欠かせない元素であるカリウムとカルシウムにそれぞれ化学的な性質が似ています。【この事を利用して体から放射性物質を排出しようと!言うことなのか】

Download_pdf ■「セシウムとストロンチウム」・・・文部科学省の委託で環境科学技術研究所発行の「ミニ百科」


カリウムやカルシウムは環境中の水や土壌に多く含まれており、植物の場合はほとんどが根から吸収し、また動物の場合は飲水や食物などから摂取しています。

J0438791

人間の体内では、カリウムは体液として体全体に、カルシウムは骨に多く含まれています。従って人間がセシウムやストロンチウムを摂取した場合、体内ではセシウムはカリウムと、ストロンチウムはカルシウムと同じように動き、分布することになります

Grant


_news■東大病院放射線治療チーム(医師3名、物理士2名)の専門家のブログに

 【その詳細が!】
A021063420110326121700


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪抗ガン剤では治らない≫≪アエラ誌≫≪抗ガン剤は効くのか≫≪朝日新聞≫パート①

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Barner


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4記事の「アエラ」の表紙ではありません

ネット検索でこんなものを見つけました(この本は手元には無いので真偽はお確かめを!)書店に並ぶ≪アエラ誌≫!2005年に「抗ガン剤では治らない」「抗ガン剤は効くのか?」の見出しで朝日新聞に記事掲載されている(朝日新聞社、二〇〇五年八月八日のアエラの見出し

_newsアエラの記事内容

医療「抗がん剤の本当の効果」手術、放射線と並ぶがん治療の3本柱の一つは、どこまで効くのだろうか・・・のタイトルで特集している

Doctors

今でも、手術・放射線・抗ガン剤とガン治療の三本柱の一つですが、実際には、どこまで効くのだろうか」と問いかけから始まる雑誌アエラ誌の本文中では「抗ガン剤では治らない」と断言している!

『抗ガン剤の「効く」は「治癒」でなし』と、≪アエラ≫は重大事実を語っている「実は……抗ガン剤が『効く』というとき、小児ガンや血液ガンなど一部を除いて 『治癒する』 ことを意味しない……」と

91600066


「ガンの種類にもよるが、腫瘍が一定の比率以上に小さくする効果があれば、抗ガン剤として承認されることが多く、腫瘍が小さくなれば〝効いた″という」 ≪アエラ誌≫

さらに「……小さくなるなら治るのではないか……と思うかもしれない。けれど、やがて薬に耐性を持ったガン細胞が残って『効かなく』なり、また増殖し始める」「手術や放射線治療で対処のしょうがない状態になってから抗ガン剤治療に入った場合、『治癒』ではなく『延命』や『症状媛和』をめざすことになる…」とも

2009oct26tnno2

ある抗ガン剤で……〝余命がのびる″なら治療を受けたい……と、ワラにもすがる患者はいるだろう。「だが、実は、生存延長の効果が確かめられている抗ガン剤は多くない」と ≪アエラ誌≫

続けて、「……かつて、杉村隆・国立がんセンター名誉総長は『白血球減少や下痢が、抗ガン剤の主作用で、副作用が腫瘍の縮小』と述べたことがある。一般に、ガン細胞の方が、正常細胞よりしぶとい。ガン細胞を全滅させるだけの薬を入れたら、その前に患者が死んでしまう。だから、抗ガン剤では治らない……」

とは言うものの、逆に「治さないとだめなのか」、また患者にしてみれば「薬剤耐性が出ないうちに、次の薬が登場してくれたら……」との願いもある       アエラ誌

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1004

病気を治すのは、本人に備わった自然治癒力である、という真理にその真理に気付けば、その自然治癒力を高めることこそ、真の治療である-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 24, 2011 - April 30, 2011 | Main | May 8, 2011 - May 14, 2011 »