« May 29, 2011 - June 4, 2011 | Main | June 19, 2011 - June 25, 2011 »

≪情報や本舗≫≪オーランチオキトリウム≫【たかじんのそこまで言って委員会】≪ボトリオコッカス≫【渡辺信教授】≪代替石油≫

Baner
   (筑波大学ー環境・生物多様性研究室WEB内写真より)
                                         【たかじんのそこまで言って委員会】で昨年来勝谷誠彦氏が、ことある毎に「オーランチオキトリウム」といって石油と同じ物を作る「藻」が自然再生エネルギーで凄いのだと!・・・・

A200511_img_8

≪番組の大御所?「三宅久之」さんが、この「オーランチオキトリウム」の事を「オーランチキチキ」と言った言葉が、ヒョットして⇒≪今年の流行語大賞≫になるかも?と≫

A6b8a1e8bebae69599e68e88

この「藻」は沖縄の海に生息する昆布やワカメの仲間なのだが、光合成をせずに有機物を食べて生きているそうだ!そしてこの「藻」を発見したのが筑波大学の「渡辺信」教授
が発見した物だそうだ

Aaaaaaoranntiオーランチオキトリウム

≪多くの藻類は太陽光を利用して光合成を行うのだが、「オーランチオキトリウム」は有機物を取り込み太陽光を必要としないそうだ!葉緑体を持たない従属栄養生物で、周囲の有機物を吸収して生育する 炭化水素を作り出す藻類なのだ≫

PhotoTBS「夢の扉」で、世界がビックリ仰天の大発見!以前から注目されている「ボトリオコッカス」の10倍以上の石油生産する能力を持っているといわれている≪沼や田に油がよく浮いているのは、こうした藻の為せることだそうだ≫


20110225_02⇒■ボトリオコッカス

渡邉教授のチームは重油に相当する炭化水素を産生する「ボトリオコッカス」の研究を進めていたのですが、弱点が⇒培養時間が遅く、コストが高くつくと・・・ところが、なんと、この弱点を解決する、新発見があったのですね


Aaaaaa0205021011234767920


渡辺信教授が、2009年に沖縄の海から採集してきた藻類200株のうちのひとつが、その「藻=オーランチオキトリウム」」で、なんと驚きはその増殖スピードだったのだ比較すると、オイルの生成量は1/3だが36倍の速さで増殖するため、オーランチオキトリウムのオイル生産効率は、ざくっと計算してボトリオコッカスの12倍と云うから驚きだ!

そんなわけで、「オーランチオキトリウム」と「ボトリオコッカス」のコラボで生産するオイルは容易に燃料化でき、石油会社が持っている技術を利用すれば化学製品の原料にすることも可能だということ

Aranns

[渡邊教授]が発見したオーランチオキトリウムはアメリカで数兆円の予算を組み先頭をきって研究を行っていますがアメリカをも脅かす素晴らしいものなのです。

B816654be119ec303e3039ec63983d14


教授は、沖縄のマングローブの根っこで発見したらしいですが、詳しい発見場所は当然なことながら極秘です!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 29, 2011 - June 4, 2011 | Main | June 19, 2011 - June 25, 2011 »