« June 26, 2011 - July 2, 2011 | Main | July 10, 2011 - July 16, 2011 »

≪情報や本舗≫≪七夕≫≪織姫≫≪天の川≫≪牽牛≫≪中国の七夕伝説≫

A444

A55


2011年の七月七日の夕!「織姫」と「牽牛」は今年も無事に会うことが出来たのでしょうね。日本の七夕は、函館までは7月の祭りごとですが、ここから以北は、8月に行なわれているようです

≪昔むかし、空気は清み、民家の灯りも少なく、夕闇でも十分に、夜空にきらめく星たちを見ることに事欠かなかったのでしょう⇒そこで7日の夕にで「七夕!」では≫

調べてみると、どうやら本来の七夕は旧暦の8月7日前後の祭りごとらしい?この時期、北東から南西の宵の空高く天の川が流れ、 川の両岸には、一年に1度だけ逢うことを許された「織姫=べガ星」と「牽牛=アルタイル」(彦星とも)が一段と光を増して輝く!

A333

時には、雨が川の水かさを増し、渡るに渡れぬ大井川に?なかなか会えない二人を両の岸に置き去り、無情にも通り過ぎる、月の舟人にたとえられる上弦の月!二人を見過ごせないと、何処からか「カササギ」の群れが飛んできて天の川に翼の愛の架け橋を・・・そんな二人の愛の育みのお話を!

A88

「織姫」と「彦星」の中国に古くから伝えられてきた七夕伝説の夜をみることができます。その伝説のお話とは

  このお話は中国で生まれ日本に語り伝えられた伝説です。


天の川のほとりで、日ごとせっせと機を織る「織姫」は、天の帝の娘で、織る布は、五色に輝き、季節の移り変わりとともに彩を変えるという、それは不思議な錦の布だったそうです

Photo

帝は、ひたむきに機織に精を出す「織姫」が余暇を楽しむどころか恋をする暇の無い娘をを不憫に思ってか、天の川の向こう岸に住む、働き者の「牽牛」という牛飼いの青年と永遠の契りを結ばせることに・・・・

結婚してからの「織姫」は「牽牛」との新しい暮らしに夢中となって機を織ることを忘れてしまったかのように、楽しい毎日を過ごしていたのです

A223

あまりにも違う、二人の暮らしぶりに、しばらくは大目に見ていた帝も、ついには精進の無さに怒りを抑えきれず、天の川の向こうに戻リ、以前のように五色の布を織るようにと二人の仲を、天の川を挟んで、分かれさせてしまったのです

ただし、精進を重ね、懸命に機を織るのなら、年に一度、七月七日の夕に、「牽牛」と会わせることにしようと娘に言い渡したのでした


天の川のふもとに戻った「織姫」は「牽牛」との楽しかった暮らしを思い出しては、涙に暮れる日々でした。父とはいえ、天の帝に背くこともできず、一心不乱に機を織ることに精を出したのです

A66_2

もちろん、「牽牛」といえども、思いは同じ、牛飼いの仕事に励み、精を出し、年に一度の会える日を待ち続けたのです..

A12

ところが、指折り数えて待ち焦がれた七月七日の夕に雨が降ると、天の川の水かさは増し、川下の方には、上弦の月がかかっているというのに、月の舟人は「織姫」を渡してはくれません。

天の川の両岸に、お互いにたたずみ、切なる思いを交しながら川面を眺めては、涙を流すばかリだったということです

精進を重ねてきた二人に、救いの神はいるものです。何処からともなく「カササギ」の群が飛んできて、天の川一杯に翼と翼を大きく繋げ、「織姫」を「牽牛」のもとへ渡す、橋の手助けをしてくれるのだそうです

A556


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪奇跡の水≫の≪謎を解明!≫

PhotoAclewater_img1


「奇跡の水」の謎を解明するため、これまで何度も科学的な調査が行われてきました。成分分析をすると、それらの水はたいていの場合、ミネラル分が一般の水より多いという結果が出ています。しかし、それではなぜ奇跡が起きるのかという決定的な確証は得られませんでした。

Yu_sinrei11

そんな中、活性水素という視点からそれらの水を分析して、その水には活性水素が豊富に含んでいることが明らかに、そして2001年、スウェーデンの学会で発表されました

Kamimoko11

しかも、ノルデナウの水だけではなく、ルルドの泉、トラコテの水に、活性水素が多く含まれていることが明らかになりました。もちろん活性水素はいったん発生してもすぐに消滅するため、水の中に活性水素が存在しうるという理論には反論も寄せられたそうです

Saobou_ault

しかし、研究が進むにつれて、それらの「奇跡の水」にはいずれも豊富なミネラルが含まれており、活性水素の反応はミネラルの含有濃度に依存して強まることが分かってきたのです。つまりここでも、水の中に存在するミネラルが活性水素の運び手となっているらしいことがわかってきたのでした。


日本のテレビ局の取材に応じて行った実験、トラコテの水や還元水ではクリップに錆が生じなかったという事実が、はっきり、くっきり残されています。“水道水やボトルウォーターの水ではクリップは錆びる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪原発のウソ≫≪警告!≫≪小出裕章≫≪ベストセラー≫≪テレビ朝日≫

Photo
T130026831545116432057


Ages


2011年6月2日(木)、テレビ朝日のモーニングバード「原発のウソ」という本が、書店で平積みで、売れ行きAmazonランキングアップ!いま話題の本であると・・・(扶桑社新書)

話題になっている一つには、原子力のプロが書いた反原発の本だから?書かれたのは小出裕章(京大原子炉実験所助教)で、原子力の専門家でありながら反対活動を40年も続けている信念の持ち主である

Photo_2

━▼━ 詳しくはこちらからどうぞ ━▼━


「原発のウソ」このニュースアップ時でAmazonの11位にランキングされている!ところが6月23日ごろ、わずか発売日(2011/6/1 )から20日間で19万部の売り上げというから、凄い!凄い・・・


Cover_nature3

アマゾンの≪クリックなか見!検索≫でサワリを観れるぞ!読めるぞ!中では“安全な被曝量”は存在しない!どのくらいの「被曝」ならば安全? 原発を止めても電力は足りる!原発は今後どうなる?放射能から身を守るにはどうすればいい?


著者の小出先生は、原子力を学ぶうちにその危険性を知り、その危険性を訴え続け、3月11日に最も恐れていたことが現実となってしまった!「原発のウソ」という本を出版して、原子力に関するさまざまな疑問にわかりやすく答えている


Radiationimg09

【テレ朝のなか見!拝見・・】

Ages_2

「私達がどんなに事故が起きて欲しくないと願ったところで破局的事故の可能性は常に残ります。そこで原子力を推進する人達がどういう対策をとったかというと想定不適当という烙印を押して無視してしまうということにした」

「私は電気が欲しくて原子力発電所を都会に建てるというならまだ認める余地があると思いますけれども自分達が欲しい電気のために危険だけは別の所に押し付けるということは基本的にもう認めることができない」・・・・・参院行政監視委員会での発言

Photo_3

「一度もありません!」「「助教というポストで損だと思ったことは1度もない。最下層の教員でい続けたが、誰にも命令をしないで自分のやりたいことだけをやり続けることができたという意味で最高のポストだったと思っています。京大の校風だから残れた」・・・・ 助教という立場で人生に損だと思ったことは?」という質問に応えて

「助教ながら京大の校風だから残れた云々には、後があった!東大なら切られていたとの発言も、ただそれは編集でコチラも切られた」・・・・・・と取材した番組のコメンテーターが

≪校風の違いが分かりません?掘り下げる方は、お調べ下さい≫

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 26, 2011 - July 2, 2011 | Main | July 10, 2011 - July 16, 2011 »