« July 17, 2011 - July 23, 2011 | Main | July 31, 2011 - August 6, 2011 »

≪情報や本舗≫≪テレ朝サンデーフロントライン≫≪よど号ハイジャック≫≪日野原重明≫

Croppedaseabreakthru


6月12日(日)テレ朝の 「サンデー・フロントライン」という番組で何故か?「よど号ハイジャック事件」の特集をやっていた。40年前の「よど号ハイジャック事件」=1970年3月31日、羽田発~福岡行きの日本航空351便が、
富士山上空で、武装グループ(9名)による乗客122名を人質にハイジャックされた事件


Aufstqn

当時の日本航空は保有する飛行機一機ごとに愛称を付けておりこのボーイング727型機には日本の河川名称がつけられ、「淀川」にちなんだよど号も、その中の1機でした。・・・≪淀川は「淀君」にちなんで!≫

Ages

聖路加国際病院理事長で、日野原重明さん1970年のよど号ハイジャック事件の際、乗客として乗り合わせていた出来事を紹介。「解放され、生きていく気持ちが変わった。与えられた命をどう社会に還元していくかを考えるようになった」聖路加国際病院内科医長

犯行グループが「この飛行機は我々がハイジャックした」という犯行声明に対し、「ハイジャック」と言う言葉の意味を知らなかった日本人乗客の為に自ら手を挙げ、「ハイジャックとは飛行機を乗っ取って乗客を人質にすることです」と機内で説明している・・・・≪何処かに学生の本分を残していたのかな?≫

高齢のため福岡で下ろされた虎ノ門病院院長の沖中重雄とは異なり、「日野原重明」氏は、韓国の金浦空港で下ろされるまで人質として、とんでもない目的地に向かってしまったのですが、もちろんその後、日本に帰国

At3z1ck


ハイジャック犯は、乗客に対し、「自分たちが持ち込んだ本をもし読みたければ貸し出す」と言い⇒その本というのは、赤軍派の機関紙「赤軍」・レーニン全集・金日成の伝記・毛沢東の伝記、『共産党宣言』・親鸞の伝記・伊東静雄の詩集、『カラマーゾフの兄弟』・・・・≪ウィッキペディアより≫

そして、その時、乗客の中で犯人から本を借りた乗客がいた、借りた本は『カラマーゾフの兄弟』それは「日野原重」ただ一人だったそうです・・・≪なんと心の座った方なんですね!≫

現在100歳ですか!食事の内容が掲載されていて、生活にあわせてカロリー制限⇒おおよそ1600kcalといわれる高齢者より少ない1300kcalに制限しながらバランスの良い食品を摂っている既に長寿遺伝子≪サーチュイン≫がはたらいているのではないでしょうかね・・・

111hinoharajpeg15k

朝食はジュースにオリーブオイルをかけて飲み、昼食は牛乳とクッキーだけで済ませる。夕食は少し多めに食べ、その日の体調に合わせて食べ物を変えるという。本人曰く「集中していれば空腹にならない」とのこと。

Ages_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪中村天風≫≪昭和15年の北海道講演≫≪声が出なくなった?≫

Agesburogu_22012・1・18・・天風会員の方から誤記がありますと!教えていただき手直ししての書き込みです


Adyv9l__sl500_aa300_


1994年に日本経営合理化協会から出た中村天風述『心に成功の炎を』(=口述本)から一部抜粋の記載を見つけ、札幌講演で、天風先生が、かつて奔馬性結核になって血を吐いて以来のことではないか?まさに血を吐きながらの講演だった模様が・・・・・・・

昭和15年=1940年というと太平洋戦争に向かって世界中で火の粉がくすぶり始めた・・・!日本でも、今で言う原発対策で身につける緊急防護服・・・・防空頭巾にもんぺにゲートルと非常時服装が急増し、アルファベットの使用禁止からアナウンサーが⇒放送員と改称したとか時代は過ぎてもいまに通じることがあるのですね・・・・

Ahonn

「心に成功の炎を」=中村天風述=・・・・第7章の生き生きと勇ましく「強靭の編」からの抜粋

これは自慢してもいいことだから自慢するけど、昭和15年、北海道から講演を頼まれて、いざ行こうとする三日前に、急に私、声がでなくなっちゃった。言論家の声のでないのは、ちょうど武道家が試合に行くときに、腕なり腰なりをくじいたか、折ったかというのと同じことだ。これが本当の声患(こえわずら)いだといわれたけれども、確かに声患いだ。

Photo_3


そら、えらいもんですな。朝、いつものとおり、ベランダでコーヒーを飲んでいて、もう一杯おかわりをもらいたいと思ってね、普段なら「おい、もう一杯」とこう言えるのが、「おっ、うっ」…おかしいな。でないんですよ。そうしたら、うちの者が「どうなすったの?」「うっ」。それからしょうがないから、手でもって「声がでない」と書いた。それでもわからないもんだから、筆をもってきて、紙にチョイと書いた。

A


講演がとにかく三日後にあるから、北海道へ行かなきゃならない。北海道じゃあ、「日本三大言論家の一人来る」という広告をだしている。大正の初期の日本の三大言論家とは、田中舎身(しゃしん)(仏教運動家)と鵜崎鷺城(うざきろじょう)(評論家)と中村天風だった。とにかくその広告を立て看板でもって、町の辻々に立てている。そこへ私が出掛けていこうとするのに、声がでなかったならば、これは司会者が大恥かくもんね。言論家が声がでねえじゃ、言論家じゃありゃしない。

すると、まさか私のほうから出向いて医者にかかるはずはないから、会の野崎さんが医者のほうから来れば別だろうというんで、私の竹馬の友に小野という耳鼻咽喉科の大家が東京神田のニコライ堂の前にいて、そこへ野崎さんが電話をかけたらしいんだよ。

「先生、急に声がでなくなっちゃったんですけれどね。遊びに来た体(てい)にして、ちょっとお出でになって診てくださらない?」といったら、向うじゃ半分ね、「ふだん、あのやろう元気で頑張っていやがるから、ざまあみやがれ、ほんとに。ほんとにひやかしてやれ」ぐらいのつもりで来たんでしょう。

Seikei


いつものとおり、「こんにちは」。まあ彼は三か月にいっぺんぐらいうちに来るんですよ。それで、ベランダに入ってきた。いつもだと、「ようっ、入れ」と、こう言う人間が何も言わないだろう、声がでねえんだから。むこうは声のでないの知っていやがんだけど、こっちは知ってきたとは思いやしねえ。

「どうした、元気か」  「うっ」  「おっ、声がでないのか」というから、 「うん」

「人の十人前も二十人前もふだんしゃべりやがるから、天罰だ。さあ、餅は餅屋。こういうときは、友達がいがあるんだ。さあ、口を開けてみな」といわれて、それでまた私も、ヒョイッと口を開けちゃったんだ。相手が親しい友達だから。そうしたら、ガチャッと入れやがったのは、暴れる子供ののどを調べるときの開口器。

A_2

舌押さえの先に懐中電灯のついたやつで、最初笑いながら見てたよ。そうしたら、だんだん難しい顔しやがってね、「こりゃだめだ」と言いやがる。そうしたら、女房と野崎さんがいて、「何でございます?」

「癌。珍しい癌だ、こりゃあ。声のでるところのね、すぐ入院しましょう。うちの  病院でよろしい。だがしかし、受け合いませんよ。九十パーセントはだめだ、こりゃあ。幸いに命を取りとめられるとしても、一生、もの言うことができないだろう。けど、医者としてはこれは黙っていられないから、すぐ入院」と。

いかがです、あなた方。日本でも一、二を争う、よろしいか、耳鼻咽喉科の大家がそう言ったから、あなた方なら「ああ、大変」と、もう死んだような気持ちになってしまう。そのとき私は、ものが言えないんだから、筆で書いた。


「入院はしない。北海道へ行く」。書いたら、小野、何と思いやがったか、また筆を取りやがって、「入院しなければ死ぬ」と書きやがった。それからまたすぐ筆取って、「おれは耳は聞こえる」と書いてやった。

Ag

そうして、だれが何て言おうとね、北海道へ行ったよ。そうして、やっぱり声がでない。初日、ちょうど幸い、札幌の大きな宿屋、山形屋にたまたま本郷房太郎陸軍大将(大正年間より天風会員)が来てたよ。そして、本郷さんは、陸軍大将の菱田という伝書鳩を日本に広めた少将を一緒に札幌に連れて来ていた

だから私は、この二人に、「ちょうどいいから、おれのかわりに講演してくれ。おれはこういうわけで声がでないから」と紙に書いて講演の代わりを頼んだんだよ。あの時分にはもう軍人が、まして大将が来るなんていうと、みんな喜ぶんだ。

A_3

ところが、札幌でしょ。東京から行った学生がうんと札幌の大学にいますわ。それが、天風先生が来るというんで、とっても憧れの的(まと)にしてたらしくて、三千人以上、今井記念館に集まっちゃった。演壇のすぐ前のところまでもね、それでも入りきれない。そこで、表に拡声器だして、表にもまだ二、三千人いるってぐらいなんだ。

それでいながら、私が出ないんだろ。そら聴衆がさわきだしたよ。

「天風先生を出せえ」というと、また本郷大将が

「いま言うたとおり、お出になってもお話がでけんのじゃ」

そうするとまた、中には、「顔だけ見せろ」というやつが出てきちゃう。


控え室にいた私はね、そこまで言うのに出ていかなきゃかわいそうだと思って、出ていったよ。でも、声がでないんですから、しゃべれません。しかしね、この何干という聴衆から、とにかくこれだけの憧憬(どうけい)をうけてる以上は、たとえこの場でいま倒れて死んでも構わん、一言ぐらいは言わなきゃと思ってね、はじめてそのとき私は演壇の水を飲んだよ。

Aa

そして、クンバハカになって、「しょくーん」と言ったら、大きな血の塊(かたまり)がパーッと飛びだしやがった。それと同時に、スラスラものが言えだしたじゃねえか。そのかわり、コンコン、コンコン血が出る。ハンケチ二枚とてぬぐい一枚がたちまち真っ赤。

そうしたらね、足元にいる学生たちがみんなですがりついて、「先生、もういいです。もうわかりました。やめてください」というから、「心配するな。おまえの血が出てるんじゃない。おれの血が出てるんだ。命なくすまでここに立ってないから安心してろ。おれの体はおれが知ってる。悪いもんが出ちまえば止まるから、心配するな」

一時間、血を吐きながらの講演。そらもう自分ながらね、勇ましいと思ったよ。もの言うたびに、ドロドロ、ドロドロ出るんだもん。それで、その晩は九度近い熱。それでも七日たったらね。けろっと治っちゃった。

Photo_4


しかしそのときにもしも、最初に「これはいけねえ、即刻入院、即刻手術。けれどは助かるか、助からねえかはわからねえ」といわれたら、もう入院しない前にあなた方なら死んじまうよ。ちょうど幸い、そこに紙と筆があるから遺言書くだろう。ありもしねえ金のことを。

しかし、ありがたいかな、私は自分の命の正体は肉体でも心でもないと信念していますから、全然びくともしませんよ           (転載ここまで)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 17, 2011 - July 23, 2011 | Main | July 31, 2011 - August 6, 2011 »