« August 7, 2011 - August 13, 2011 | Main | August 21, 2011 - August 27, 2011 »

≪情報や本舗≫≪「放射線被曝には、これ以下なら安全」といえる量はない≫≪米科学アカデミー≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2005年の8月の記事ではあるが米科学アカデミーが「放射線に、安全な量はない」と結論―すなわち低線量被曝でも発がんリスク!有りと・・・・

Cover_nature3_2

≪最後まで目を!お進め下さい・・・2011年の今現在!置き換えても、何の不思議さもないという日本の学識人・有識人の滑稽さ?6年前に結論は出ているではないか!・・・・・情報や本舗≫


米国科学アカデミーは、「放射線被曝には、これ以下なら安全」といえる量はないという内容の第7報告を発表した

報告書は、放射線被曝は低線量でも発がんリスクがあり、放射線業務従事者の線量限度である5年間で100ミリシーベルトの被曝でも約1%の人が放射線に起因するがんになる、とまとめている。

Photo_2


仏リヨンにある国際がん研究機関所属のE.カーディスらが中心になってまとめた15カ国の原子力施設労働者の調査でも、線量限度以下の低線量被曝で、がん死のリスクが高まることが明らかになった。

これらの調査結果は、とくに新しいものではなく、これまで私たちが主張してきたことである。

しかし、低線量被曝の人体への影響をめぐっては、原子力の体制派から「自然放射線レベルの線量リスクはとるに足らない」とか「低線量の被曝は免疫力を高め、むしろ健康のためになる」などの強い主張があった。

Ages

≪6年も経っているというのに、このレベルで争っている日本はいかなる国なのか!メディアももっと情報を国民に知らしめるべきでは・・・情報や本舗≫

米国科学アカデミーの調査委員会が、これらの主張を否定したことに大きな意義がある


■BEIR-VII報告
Ages_2


733ページにもおよぶ、この報告は米国科学アカデミーから出版される放射線の健康影響に関するシリーズの7番目のもので、報告書の全体は。低線量電離放射線の被曝に対するがんやその他の健康影響に対する総合的なリスク評価を行なっている。

≪後続く・・・本文にて


■健康障害のリスク評価

Asdca01q2nz

リスク推定によれば、もし100人がそれぞれ100ミリシーベルト被曝すると、そのなかの1人が放射線被曝による白血病か固形がんになる可能性があり、42人が他の原因で白血病か固形がんになると計算している。これらのがんのうち約50%が致死性である。

≪中略・・・本文にて


CT検査を受けた人、とくに子どもおよび診断のための心臓カテーテルや肺の発達を検査するために頻繁にエックス線検査を受けた小児の追跡調査を行なうべきとも言っている。

Aaaaimages

CT検査はしばしば全身を検査されるため、通常のエックス線検査よりも高線量の被曝を受けることになる(装置によるちがいはあるが、患者の体表面の(皮膚)線量は、1スライス当たり約10ミリシーベルト)。

≪中略・・・本文にて

Thumbnail

人は宇宙線、地面、食物、飲料水、呼吸することなどから自然放射線を受けていて、これによる被曝は全被曝線量の82%になる。

米国では人工放射線被曝は残りの18%を占めており、このうち診断用エックス線、核医学など医療被曝が79%、タバコ、水道水、建築物などからの被曝が16%、職業被曝、放射性降下物、原発など核燃料の使用によるものが5%であるとしている。

9336597body

公衆の年間被曝限度は1ミリシーベルト、胸のエックス線撮影は0.1ミリシーベルト、米国国民が1年間に自然放射線から受ける被曝量は3ミリシーベルト。

被曝量を増やす要因として、医療被曝の増加、放射性物質の使用、喫煙などをあげている。


■国際がん研究機関による報告
(「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に掲載)

 国際がん研究機関から発表された「低線量電離放射線による発がんリスク:15カ国の原子力施設労働者の調査」

≪中略・・・本文にて

日本でも原子力安全委員会が組織した放射線障害防止基本専門部会の低線量放射線影響分科会で、2001年9月から04年3月まで、低線量放射線リスクに関する専門家による検討会があった。

新たにわかってきた現象などについても議論されたが、一部の委員の感情的な議論に終始した。

Cahnntgk

≪いつになっても結論の出ない会議や相談のことを「小田原評定」というが、まさにこの事!⇒関が原の戦い以前の話であるぞ・・・・・情報や本舗≫


130503746777216128965_hidden_hibaku

結局、「生物の放射線応答メカニズムの研究とリスク評価は分けて考えるべきだ」ということで、この会議の報告書(案)は棚上げされたままで正式な報告書にもなっていない

Photo_7

■【海外で、東京電力の対応が物笑いに!】

≪こんな未曾有の大震災が今起きているというに、この国(日本丸)は、何処に羅針盤を向け針路を目指そうというのか?・・・・・情報や本舗≫

1004_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ゲイリー・フェスラー=Gary Ferstler≫Power Lifter – ASEA Athlete

彼は、それ以来ずっとスポーツを続けるアスリートトでいました。このエリートのウェイトリフティング≪重量挙げ選手≫は健康的なライフスタイルを送りました、そして55歳になって健康の新しい秘密を見つけたのです      ≪何が起きたかって?それがココにあります≫

6月の最終競技を終えたゲイリーは新しいトレーニング・サイクルを開始していました。彼の唯一の変化は、その時アセアを飲んでいたということです。「私は、トレーニング記録を見ても、かなりの良い結果が出ているようでした」そして、ジムで会う人会う人から「凄いね!ゲイリー・・・」「あなたの取り入れたサイクル・セットで、とても強い効果を得たようね!」と声をかけられます
ゲイリーにとってキッカーとは、バック・スクワット(腰の点がひざの点より低い)の体勢をとったときと、彼は説明します。「2から3回軽めのウェイトでのアクションを繰り返して」「405ポンド(=132キロ)を5回、セットを繰り返しリフトできる、まるで25歳に身体が戻ったような気がします」と
そして、ゲイリーは、30代で持ち上げていた重さで、デッドリフトをしています。最初はたとえその確信に行きつけなくても、「私は、ASEA≪アセア」製品にかなり驚きます」と、ゲイリーは言います

「10日間ほど、ASEA≪アセア」が私のために何かをしているかどうか、本当にわかりませんでした。私の健康レベルは、その製品≪ASEA≫がそれほど速く効き始めなかった?と思えるくらい高かったのです
しかし、私がトレーニング・サイクルを受け続けたことで、何かが私の体で起きていたことは明白でした。そして、ジムで実行する私の能力に影響を及ぼしました。」と、彼のエネルギーレベル(それは常に高かったですが)があがり「私は、それを感じることができます。私はより長く集中することができて、より長く減少することもなくゲームする事ができます」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪子どもと妊婦を放射能から守る≫≪児玉龍彦教授≫≪衆議院厚生労働委員会≫≪怒りの緊急提言≫

T130026831545116432057


衆議院厚生労働省委員会に参考人として出席の「児玉龍彦」教授(東大先端科学研究センター)が「放射線の健康への影響」と題目で話されたのですが


Ages

3月15日に児玉教授は驚きを隠しえなかったと!未曾有の大震災によって引き起こされた原発事故後の、国と東電の「さしあたって健康に問題はない」という事をおっしゃいましたが私はその時に実際はこれは大変な事になると思いました・・・・と始まった

子どもと妊婦を放射能から守る、子どもと妊婦に影響を与えかねないと!涙ながらに訴えたのだ。そのYou-Tubeはコレだ!

Photo━▼━ こちらからご覧下さい ━▼━

教授!力が入ります・・・・「妊婦の胎児、それから幼い子ども、成長期の増殖が盛んな細胞に対しては放射線障害は非常な危険をもちますさらに大人においても増殖が盛んな細胞たとえば放射性物質を与えると髪の毛それから貧血、それから腸管上皮のこれらはいずれも増殖分裂が盛んな細胞でして・・・・・・・」

Tiann_ages


最後に、4?≪3つのようだ≫つの事を緊急提案していました

【第1】今すぐにでも国策として、食品、土壌、水を、日本が持っている最新鋭のイメージングなどを用いた機器を用いて抜本的に改善すること

【第2】緊急に子どもの被ばくを減少させるために新しい法律を制定して下さい≪このことで教授たちのしていることはすべて法律違反をしていると≫

【第3】国策として土壌汚染を除染する技術をノウハウを持っている民間企業の力を結集していかなければ≪今のままだと何10兆円という国費がかかるのをいまだと利権がらみの公共事業になりかねないと危惧せざるを得ない≫

Ault

そして怒り心頭ななのか「7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に 国会は一体何をやっているのですか」
と籍を外したが何故これほど信念を強く持ち正義を貫こうとしている優秀な方々に、国は手かせ足かせをかせるのでしょうか?

Health9p


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪活性酸素≫≪ミトコンドリア≫≪抗酸化剤≫≪レドックス分子≫≪ASEA=アセア≫        

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2009年でしたか?ミトコンドリアの実態が観ることが出来てから【ノーベル賞の下村教授のお陰ですね!】いろいろなことが分かってきました

Img_1187105_30735646_1ミトコンドリアの断面写真

ゴールデンウィークにミトコンドリアの内部で活性酸素がつくられる映像を電子操作顕微鏡で見せていました、その中で、病気の原因の大半は活性酸素にあるとコメントしていました!

Photo_4

そういえば若年性パーキンソン病の原因が細胞内で異常ミトコンドリアがたまってエネルギーが生産できなくなる上、有害な活性酸素も出て、神経細胞が影響を受けパーキンソン病につながるのではないかというニュースも4月に公表されたばかりである

  ≪うごめく緑の正体が⇒ミトコンドリアの実写!≫


細胞生物学・生化学を基盤として、すなわち細胞レベルでの健康維持を目指して、多くの病気、特にココにきて増え始めているのが自己免疫疾患!

9336597body

これらには、ASEAは完成した酸化還元伝達物質らしい、そんな中こうしたニュースは機能食品としての面目躍如で世界中で摂リはじめた人には、グッドニュースなんでしょうね

■バクテリアはミトコンドリアの祖先といわれています≪近年!ミトコンドリア内にはレドックス・シグナル分子=酸化還元伝達分子なるもののはたらきが注目され始めてきているそうです


【もっと読む】 【ASEA(アセア)】

Ass

≪難しい事はさておいて、私には「活性酸素の製造工場もミトコンドリア」なら、活性酸素を攻撃する「抗酸化物質」がないと病気の原因を引きおこすことにも、そこでヒトの体には元々あるSODとかグルタチオンが大活躍するわけです!

そこで【M16”を持った超A級狙撃手(スナイパー)ゴルゴ13】?ではないか!と思えるのですが≫

Aseabike_02289x300

外から摂る「抗酸化物質」はミトコンドリア内では、有るものがないと働かないことが分かってきたそうです!それがレドックス・シグナル分子で、アメリカのASEAという会社がこのものを経口で摂ることを長年の研究開発によって製品化したそうです≪アメリカ・カナダではかなり話題になっているそうですよ


【お問い合わせ】

Side_ttl_3レドックス・シグナル分子について
【コチラ】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 7, 2011 - August 13, 2011 | Main | August 21, 2011 - August 27, 2011 »