« August 28, 2011 - September 3, 2011 | Main | September 11, 2011 - September 17, 2011 »

≪情報や本舗≫≪フレンチ・パラドックス≫≪寿命の延長≫の要因が≪レスベラトロール≫にあった≪学術誌「ネイチャー」≫

Antiaging


数年前に、フレンチ・パラドックス※1の要因がブドウのポリフェノール(レスベラトロール・アントシアニンなど)にあるとされ、赤ワインブームで一躍脚光をあびたアントシアニン!でしたが、今回はもう一つの「レスベラトロール」にスポットライトが集中しています

Cover_nature

2006年に科学雑誌『ネイチャー』に「レスベラトロールは、高カロリーマウスの健康を増進させ、寿命を延長させる」※2という記事が掲載されました。それ以来、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種・レスベラトロールが注目を集めることに

20081009hjba9001_09

レスベラトロール」は、植物が病害虫や悪天候などから身を守るために作る物質としても知られていて、植物でレスベラトロールを多く含んでいるものとして、ぶどうの皮、種子や新芽、ピーナッツの薄皮、至るところに生息するイタドリなどがあります

Ages

※1フランス人は高脂肪、高カロリーの食習慣があるにもかかわらず、他国に比べて心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患での死亡率が低い。この矛盾は、フレンチ・パラドックスと呼ばれており(Lancet, 339 (8808), 1523-26,(1992))、その要因として赤ワインに含まれているポリフェノール(レスベラトロール・アントシアニンなど)の抗酸化作用があげられている。

Agesresubera

※2高カロリー摂取群のマウスの半数に、レスベラトロール5.2mg/kg/日あるいは22.4mg/kg/日を投与し得られた実験結果。人間に当てはめると、1日100本以上の赤ワインを飲まなければならず、愛飲者といえども不可能な量である。現在、アメリカではレスベラトロール高含有のサプリメント≪ほとんどがイタドリ抽出のもの≫が市販されている・・・・日本ではイタドリが医薬品分類のためサプリメントはない

Aseaimg_■ミトコンドリアが出す活性酸素」「免疫細胞の暴走」など、老化をもたらす具体的な要因がここ数年の、最新の研究で分かって来た事から、アメリカでミトコンドリア内にある「レドックス分子」なるものが、加齢とともに減っていくこともその要因である事が分かってきた⇒【この詳細は右のカテゴリー ≪アセア=ASEA≫ より

【活性酸素はミトコンドリアで造られるのです】

Resberesveratrol

話を戻しましょう!寿命を延長させる要因のサーチュイン遺伝子がONになるとReslogo6


レスベラトロールのはたらきで)指揮者のように働いて、100近くの老化要因を抑える。その結果、肌、血管、脳など様々な器官が若く保たれ、寿命が延びるのだと考えられている。≪この老化の要因もレドックス分子が減っていく事によって起きているのです≫

Dna


このサーチュイン遺伝子は、特別な人でなくても、誰もが持っているのですが、普段は眠っていて働かない。ところが働かせる簡単な方法も分かって来たのと、さらにはサーチュイン遺伝子の機能を高める“長寿薬”も開発途上にあると、6月12日「NHKスペシャル」でコメントしていましたが

Aseabike_02289x300

長寿薬ではありませんが≪0歳で細胞内のミトコンドリアに100%ある「レドックス分子」が70歳では10%!・・・老化の要因であるなら「レドックス分子」を活性してくれるものが2010年に世に出ました≪2004年頃から20数億円という巨額の投資の元に研究開発されました≫

Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 28, 2011 - September 3, 2011 | Main | September 11, 2011 - September 17, 2011 »