« November 20, 2011 - November 26, 2011 | Main | December 4, 2011 - December 10, 2011 »

≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪名古屋大学≫≪骨髄損傷の≪幹細胞≫≪歯冠細胞≫

Banertop_main

Logo_nhknews_nNHKのお昼のニュースに幹細胞による再生医療・・・・動物実験とはいえ、骨髄損傷のラットの改善回復を歯冠細胞≪親知らずの歯≫から再生するという凄いニュース


K10043524211_1112020702_1112020705_

【歯の細胞でネズミの脊髄損傷を治療】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111202/k10014352421000.html

人の歯にある特殊な細胞を、脊髄の損傷で足が動かないネズミに移植して治療することに、名古屋大学のグループが世界で初めて成功しました。

この細胞を、脊髄の損傷で後ろ足が動かない10匹のネズミの脊髄に移植したところ、およそ1か月後にはすべてのネズミで後ろ足が動くようになり、多くはほぼ正常に歩くまで回復したということです

Twitter_2

≪NHKニュースからツイッターにつぶやきました・・・≫幹細胞による再生医療・・・・動物実験とはいえ、骨髄損傷のラットの改善回復を歯冠細胞≪親知らずの歯≫から再生するという凄いニュースでしょう


@tenboss NHKニュース 歯の細胞でネズミの脊髄損傷を治療  nhk.jp/N3yw61N4

以前に広島大学歯学部での歯周病≪歯ぐきの再生≫ニュースがありました

Anew_tooth_3

≪幹細胞による再生医療≫≪歯周病≫≪広島大歯学部≫≪歯ぐき再生≫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪レスベラトロール≫≪D・シンクレア博士≫≪長寿遺伝子サーチュイン1≫

Barner
Aseamolecules1_2


レスベラトロールが脚光を浴びたのは,2006年11月初旬,米国ハーバード大学と米国立老化研究所(NIA)の研究者から画期的な研究結果が報告されたからです。ニューヨーク・タイムズ紙やAP通信も大々的に伝えました。

Aultデービット・シンクレア博士

米国ハーバード大学のデービット・シンクレア博士は長生きの薬を研究していて、すでに2003年のNature誌で、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種⇒レスベラトロールが酵母のlifespanを延長することを示していました

Photo

マウスを使って、カロリー制限の検証をしたところ、驚くべき結果が⇒≪詳細は動画で!≫

                                                                   ■□■□2009年!長寿遺伝子「サーチュイン1」はマサチューセッツ工科大学(MIT)のレオナルド・ガレンチ教授によって、さらに研究を深めた長寿遺伝子「サーチュイン1=Sir2」の発見につながった⇒【続きを読む!】http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/cat22838205/index.html


101114_0902_0001 

赤ワインに含まれるレスベラトロールがその物質だと解明しました。レスベラトロールを肥満のマウスに大量に投与しました。その結果,肥満による悪影響が減少し,寿命が延びることが認められたのです。        カーブドッチのワイン】⇒

研究者たちは,マウスに高脂肪,高カロリーの食事を与えました。当然,マウスは肥満になりました。糖尿病の兆しが見られ,肝臓はひどく肥大化し,やがて,標準的な食事を与えられたマウスよりもずっと早く死ぬようになりました。

Ages

さて,別のグループのマウスにも高脂肪・高カロリーの食事を与えました。しかし,こちらのマウスには,レスベラトロールを大量に投与しました。結果,どうなったでしょうか? 確かに,体重は増えつづけ,レスベラトロールを投与されなかったマウスと同じくらい肥満になりました。

Photo_2

しかし,注目すべきなのは,レスベラトロールの投与により,グルコースとインスリンの血中濃度が低下したこと,また,肝臓の大きさが正常に保たれたことです。

D0181578_2318453

それだけでなく,レスベラトロールによって,マウスの平均寿命が大きく延びました。レスベラトロールを投与されたマウスは,投与されなかったマウスよりも,何ヶ月も長生きでした。さらに,標準的で健康的な食事を与えられたマウスと比べても,同じほど長生きしたのです。美味しいものをたくさん食べて楽しんだのに,代償はほとんどなかった,という訳です。


もちろん,寿命が延びても,肥満のせいで,体が思うように動かないのは問題です。シンクレア博士は,レスベラトロールを投与された肥満のマウスにどれほど運動能力があるかを調べました。

Baner0605_01_2

すると,レスベラトロールを投与されたマウスは成長するにつれ運動力が良くなることが観察されました。最終的には,健康的な食事を与えられたマウスと同じほど活発に運動していたのです。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ASEA≫≪米プロゴルファー≫≪ブルース・フライシャー≫≪スタミナの回復≫≪PGAツアー18回優勝≫

B_4

ゴルフをプレイしない方でも、ジャックニクラウスやアーノルドパーマーの名前は聞いたことがあるでしょう?でも「ブルース・フライシャー」はと言っても多くの人は知らないな~ぁ・・・といわれます

Bruce_fleisher2

シニアツアー≪50歳を過ぎてから参戦できるツアー≫に行ってからニクラウス・パーマーに仲間入りです・・・・と言うのはメジャータイトル”全米シニアツアー”で優勝しているからです≪全米アマチュア選手権での優勝!そして現役のツアートーナメントでも18回も優勝経験のある凄いプレイヤーなんです≫

この2001年のセーラム・カントリー・クラブでのメジャー優勝は、二クラス・ギル・モーガン・青木功・ジム・コルバートらと優勝戦線に絡み、青木功とジム・コルバートに一打差をつけての初優勝だった


ブルース・フライシャー」は、ビデオでこのように言っています。といっても英語です、要約を映像の下に綴りました・・・・・

「生活のためのゴルフではありますが、どちらもエンジョイするうえで、スタミナを必要としますよね!私は特にトーナメントの後半≪ハーフターン≫の1時間かそこら、とても疲れやすいと感じる傾向にありました・・・・」

_news333「最近になってハーフ・ターン(18ホールの後半の疲れ(バテ気味)を回復するものを見つけた」と

Agesbusiness

「ASEA(=アセア)を摂り始めて、一日半後に私のエネルギーレベルとスタミナが普段以上に何か違いを感じています。これは、ASEAを摂ったことによると、私は本当に"今からこの製品を楽しみにしています!」

現在はPGAシニアツアーで活躍するとともに、レッスンプロとしても大活躍・・・シニアチャンピオンの手ほどきを受けれるなんて凄い!ことですからね


【Perfect Release Golf Training aid with Bruce Fleisher on the Champions tour l】


今年2012年も全米シニアーチャンピオンシップの初日!トップに立ちました。フライシャーさんが、2年ほど前から【ASEA】を摂っていることでの、この結果と結び付けたくなるのは、わたしのゴルフ仲間からの声「魔法の水!だよなッ・・・」「2ラウンドが、きつくなくなたよ!」「スコアには結びつかないがね?」・・・・・

≪ASEA=魔法の水≫ http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/asea/index.html

Brucefleischerd1seniorplayers_12991
ブルースフライシャー-プロゴルファー

■右のキャディバッグは、受注生産での発注がOKと言うことです

Asea


| | Comments (0) | TrackBack (0)

【重要な発表!はこちらクリック!】

2015年度Best Collegeランキングで米国内10位、タイムズのランキングによる2015-6年度世界大学ランキングで11位ご最難関校のひとつで、医学・国際関係学の研究で有名である。特に医学ではハーバード大学やペンシルベニア大学などとともにアメリカ東部を代表する医学校のひとつとなっている

その大学で1、電子レンジではプラスチック容器を使わない 2、冷凍庫にプラスチックボトルを入れない 3、電子レンジではプラスチックラップを使わない・・・ジョンホプキンス大学(Johns Hopkins)では最近この記事をお知らせにして送りました


これはウオルター・リード・アーミー・メディカルセンター(Walter Reed Army Medical Center)でも同様に回覧されました。ダイオキシンは特に乳がんを引き起こします。ダイオキシンは細胞に非常に有毒です。

水を入れたプラスチックボトルを冷凍庫で凍らせないで下さい。プラスチックのダイオキシンが出てきます。最近エドワード藤本(Edward Fujimoto)博士、キャッスル病院(Castle Hospita)lのウェルネス・プログラム・マネージャー(Wellness Program Manager)がテレビに出てこの問題を説明しました。

Photo_2
ダイオキシンがいかに私たちの体に有害か説明しました。プラスチックの容器に入れて食品を電子レンジで加熱してはいけないと説明しました。

脂肪分の多い食品には特に要注意です。脂肪分、高温、プラスチックが組み合わさるとダイオキシンが食品に移行し最終的には身体の細胞に入ります。

代わりにCorning Ware, Pyrex のようなガラスを使うか瀬戸物を使うのが良いでしょう。ダイオキシンなしに同じように加熱できます。

TVデイナー、インスタントラーメンやスープのような物は容器から出して他の物に入れて加熱して下さい。紙は悪くありませんが、紙の中に何が含まれているかわかりません。

Corning Ware の耐熱ガラスを使う方が安全でしょう。彼の話から少し前にファストフードの会社が発泡プラスチックの容器を紙に代えたのが思い出せます。ダイオキシンの問題が理由のひとつです。


同じようにSaranのようなプラスチックラップも電子レンジで食品に使われると危険だと指摘しています。ラップが高温で融け有害物質が食品に滴り落ちます。ペイパータオルでカバーした方が良いでしょう。


Continue reading "【重要な発表!はこちらクリック!】"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 20, 2011 - November 26, 2011 | Main | December 4, 2011 - December 10, 2011 »