« November 27, 2011 - December 3, 2011 | Main | December 11, 2011 - December 17, 2011 »

≪情報や本舗≫≪ASEA≫≪公開資料≫≪第三機関レポート≫

Baner

Aaaaa■□■ASEA塩水(すごい水)の超越力

運動能力を高めるために、必要なときに摂ることができて、しかも、ドーピング検査で検出されないサプリメントがあれば、直ぐに摂るでしょう!興味がわきませんか?

この製品は、ASEAという液体のサプリです。アンチエイジング用に開発されたものなのですが、臨床実験の中で、偶然にもアスリートたちが、回復力が良くなると判明されたもの・・・・・・

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/asea-d003.html


Aaaaa■□■ASEAの第三者機関による品質保証表明

第三の研究機関の分析器が、ASEA製造場所に設置され、ASEAの品質管理と保証を目的に、ASEA成分を分析した結果です!厳しい品質保証工程が設定され、ASEAのボトル&パウチの一貫した成分を確認したものです

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/asea-03d9.html


Aaaaa■□■運動持久力増加テストレポート
【ASEAの最大酸素摂取量(VO2Max)】

17人のアスリートに行ったASEAの最大酸素摂取量・VT持久力・心拍数・最大酸素摂取量になる秒数など運動持久力増加テストの結果を示している。ASEAを飲むことで、酸素供給または、乳酸排出の効率がよくなることを短期間で示している。また、運動前後にASEAを飲むとASEAの最大の効果が発揮するかもしれないとも示している。

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/aseavo2max-a02e.html


Aaaaa■□■薬品検査サービス運動薬物検査証明

世界アンチドーピング協会で公表の禁止物質をスクリーニングして、すなわちステロイドホルモン=筋肉増強剤(利尿薬(アヘン)コルチコステロイド=副腎皮質)s受容体遮断薬および覚醒剤などの化合物が含まれていないことが確認されました

【もっと読む!】http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-58ab.html


Aaaaa■□■ASEAと三大酵素
【グルタチオン・SOD・カタラーゼ】


グルタチオン・SOD・カタラーゼの三つの酵素は、細胞内生産、使用度、利用度を5倍以上高めると見られていますこれらは、体の中で自然に生産される抗酸化酵素であり年を取ると、細胞の重要な酵素の生産が少なくなると言われている。そのため、年を取ると、色々健康面での注意が必要となってくる。ASEAは、健康に必要なものであり、寿命を延ばす可能性を秘めるといわれています!

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/aseasod-f99c.html


Aaaaa■□■ASEAへの実験結果レポート
【抗酸化強化及び活性酸素による酸化的ストレス減少】

生細胞をASEAに接触させて、抗酸化活動と細胞内に存在する抗酸化物増加を測り、さらに細胞内の活性酸素による酸化的ストレスが減っているのかどうか?ASEAに接触する事によって、細胞の活性力が強化されているのかどうか?を確認した。

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/asea-f785.html


Aaaaa■□■製品安全に関する試験管内の研究からのデータ

細胞は、毒物に触れると、核に転写要因を送って反応する高い濃度のASEAを細胞に接触させても、毒物への反応は無い。この結果により、ASEAによる、毒物への反応は見られないし、炎症も見られない。

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-0e5e.html


Aaaaa■□■ASEAによる免疫システム
【どのようにして体が自然治癒するのか?】

細胞損傷は毎日起こっている。どのようにして、体が損傷を見分けるのか体が損傷を直すのか。体は組織を再生させるのか体は健康な化学バランスを維持できるか、還元剤と酸化体は作られるのか反応性分子の健康化学バランスが大切?健康化学バランスを維持できるのか

【もっと読む!】
http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-b7b5.html

Asea

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪塩水のうがいは風邪や咳に効く!≫≪メイヨクリニック≫≪咳・喉対策≫

Barner

      ■【科学的に証明された!塩水でのうがい】■

風邪を引いたりすると、まわりから「塩水でうがいすると良い」と言われても、「そんなの昔からの迷信でしょ」と思っていた人に、お知らせです。メイヨー・クリニックなどの研究で、塩を入れたぬるま湯でうがいすることは有効だと、科学的に証明されました

Mayoclinic2

飛び入り情報⇒「メイヨ・クリニック」とは有力誌の病院ランキングで2010年総合で第2位に入り、世界中150ヶ国から難病を抱えた患者が訪れることでも知られるクリニックです】
http://www.sakuralifesave.com/hospital/mayo_2.html

この記事では詳しい部分までは書きませんが、メイヨー・クリニックによる『What to Do For The Most Common Health Problems』によると、塩を溶いたお湯は、喉の中で循環し、風邪の人にとって2つの効果を発揮するそうです

Ages

フィリップ.T.ハーゲン博士によると、食塩水は、喉の中で炎症を起こしている組織から、余分な水分を取り出すことで、喉の痛みをやわらげるそうです。また、うがいは、多量の粘液を緩め、アレルゲンやバクテリア、菌類などの刺激物をのどから取り除く効果があります。

Aaaaages_2


また、風邪の季節に400人を無作為に選んで研究した結果、風邪を感じるかどうかに関わらず、1日3回食塩水でうがいをすると、呼吸器感染の率を40%まで減少させられることが分かったそうです。

だからといって、毎食後にうがいをしろ、というわけではないですが、この研究結果で、簡単に用意できる塩水でうがいするだけで、かなり効果があるということは分かったのではないでしょうか? 気になる方は、ぜひお試しを。

            ≪Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)≫

文責 呼吸器内科 診療准教授 時松一成・大分大学医学部 総合内科学 第二講座 ・医局長 友 雅司 tomo@med.oita-u.ac.jp

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪カーブドッチ≫≪星野知子≫≪ワインと温泉≫≪掛川千恵子≫≪ヴィネスパ≫

_news"ワインの木のオーナー」募集開始!・・・・

            ■≪落希一郎の新たなる挑戦≫■

119asea_b8≪OcciGabi・オチガビ≫のHome Page(ホームページ)が公開された!オーナー募集中・・・
http://www.occigabi.net/wanted-owner

Main_map


テレビ東京系列人気番組「カンブリア宮殿」で新潟のワイナリー「カーブドッチ」が放映されオーナーの「落希一郎」が番組ホストの芥川賞受賞作家「村上龍」氏とのスタジオトークでワインの薀蓄に花さかせていた
Ages

カーブドッチのヴィーノクラブ会員になると、年に数回「落希一郎」が執筆の"ワインのひとり言”というエッセイであろう?が送られてくる!エッセイといえば女優でエッセイストそして新潟育ちの「星野知子」≪NHKの朝ドラ「ナッチャンや民放のサザエさん≫さんが、2009年讀賣新聞 の日曜版「酒ひと話」でカーブドッチのことを書いている

Photo_2


東高校の同期の友人の1人が「落のワイナリー”カーブドッチ”の”ことだと思う、ワインのつくり手Oさんが・・は「落希一郎」のことだろう?」⇒

と新聞の切抜きをファックスしてきた!下記にキーボードにペンならぬ、指を走らせた?

News2■讀賣新聞で連載エッセイ「酒ひと話」の記事


Photo

     ■タイトルは「ワインと温泉、いいじゃない」■                  ≪星野 知子(女優)≫ 著述

Main_image

次のうち、どちらの旅が好きですか? ひとつはワイナリーのホテルに泊まってワインざんまい三昧。もうひとつは、かけ流しの温泉宿で地酒に浸る。迷いますよね。ワインも温泉も大好きな私。両方楽しみたいと思っていたら、なんと身近なところにありました。

Nec_0197


私の故郷新潟でワインを作っていると知ったのは、15年以上前だった。野菜畑だった土地に欧州種のブドウを植えることから始まって、レストランや工房など次々に広げていき、とうとう温泉を掘ったという。それは行かねばならないというものだ。


Ageskominnka

久しぶりに訪れたワイナリー。古民家を再生した建物が点在する中に、新しい温泉施設ができていた。部屋の窓を開けると、目の前に緑のブドウ畑が広がっていて、まずは感動だ。食事はフレンチか和食。すぐそばに日本海が広がっているから、海の幸の新鮮なこと。まだい真鯛やサザエ、それに新潟牛も美味だ。

そんな地元の食材をひきたてるワインは自家醸造100%。ワインの作り手Oさんが「今年の出来は素晴らしいんですよ」と熱く語ってくれれば、ワインも料理も一層味わい深くなる。

≪飛び入り情報⇒・・・ワインの作り手Oさん・・・は「カーブドッチ」の開墾者でオーナーの「落希一郎」である≫

Wroten_p_2

ちょっと食べすぎたかなと、ほろ酔い気分で露天風呂に入った。夜空に上る白い湯けむり。なめらかなお湯は肌にやさしい。「うーん、ワインと温泉の相性はなかなかよい」、などとひとりごとを言い、ふらふら部屋に戻ってベッドへもぐりこむ。翌朝、目覚めてブドウ畑を散歩してから、また温泉へ。いやあ、極楽でした。

しかし、米どころ酒どころの故郷に、本格的なワイナリーが出現し、おまけに温泉とは。私もびっくりだが、地元の人もさぞ驚いているだろう。

Ages_2

私が初めてワインを知ったのは子どもの頃。ワインといえば赤玉ポートワインのことだった。ちょっぴりな舐めたらべとっと甘くて苦みがあって。グラスの中の赤い液体に、遠い異国の夢を見てときめいた。

101114_0902_0001

それから十数年た経って、日本にもワインが定着し、今や私の暮らしにもワインは欠かせない。新潟のワイナリーが居心地がいいのは、本物でありながらま ね真似ごとでないこと。ワインが日本の土壌で独特の香りを醸し出してきたように、その土地らしい日本人に合ったワインとのひとときを過ごすことができる。


ワインと温泉、いいじゃない。ワイン文化が日本で熟成してきたということだ。やっとそういう時代になった。

                     (平成21年)12月27日(日)

4a1ebfcb

【あとがき】と言っても情報や本舗である⇒この温泉の「ヴィネスパ」の共同経営者掛川千恵子さんの交友のひとりが星野知子さんであろう・・・・インターネットサイトによく登場する【あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]】に「掛川千恵子」さんと、入れると写真は「落くん」なのだが?                ⇒http://bit.ly/tkajAR

Aalogo_header_2_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪薬品検査サービス≫≪運動薬物検査証明≫

BanerblogspotAseamolecules1


■≪分析証明書≫■   (2010年1月29日)


顧客名:ASEA LLC住所:6440 South Millrock Drive, Suite 100、Salt Lake City, UT 84121

サンプル番号:0119EXP:11/2010 受領日:2009年3月12日
分析内容:禁止物質スクリーニング

ASEAはちょうどその運動薬物検査証明を受けています。テストは、工業研究所で行われ

サンプルに以下の化合物が含まれていないかどうか確認した。

【ステロイドホルモン=筋肉増強剤】 ⇒禁止物質は検知されなかった

【利尿薬】 ⇒禁止物質は検知されなかった

【アヘン】 ⇒禁止物質は検知されなかった

【コルチコステロイド=副腎皮質】 ⇒禁止物質は検知されなかった

【ß(ベータ)受容体遮断薬および覚醒剤】 ⇒禁止物質は検知されなった


分析証明上の結果は、上記サンプルのみ適用する。

あなたは、ここで調査結果を読むことができます

【調査結果】とは

Bdownload_pdfダウンロードして読むことが ↓  ↓  ↓

http://aseadocs.files.wordpress.com/2010/04/drug-tests-for-asea-athletes-2.pdf

Amodoruov_2
INDEXにもどる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ASEA塩水(すごい水)≫の≪超越力≫

Asea_2


            ■≪カニングハム 著≫■


【ASEAプロローグ】


運動能力を高めるために、必要なときに飲めて、しかも、ドーピング検査で検出されないサプリメントがあれば、どうしますか?興味があるでしょう。この製品は、ASEAである。この製品はアンチエイジング用に開発されたものであるが、実験中に、たまたま、アスリートが、回復力が良くなると判明されたもの。

それで、ASEAは、アスリートに自転車こぎをさせたところ、平均で10%、高いところで30%、低いところで7%、長くこぐ事が出来ました。

回復は、アスレチックには重要で、一般には、トレーニングを始めると、筋力強化となると思うが、実際には、筋肉痛になり、体を損傷する事もある。基本的には、体力の上限を過ぎると、体にストレスを与えるので、細胞を修復させることで定期的に回復する必要がある。

アスリート能力は、回復力で決まってくる。十分な睡眠もその一つである。完全な回復とは、細胞の働きが正しく行われているかどうかである。自転車こぎの間、何百万という細胞が互いに連絡を取り合って、供給が必要なところには供給を送り、損傷したところは修復をし、損傷または死んだ細胞を再利用をしている。そして、自転車こぎの途中で、痛みを感じ、こぐのが遅くなってきたとき、限度を超え、細胞とともに筋肉が傷んでいる状態である。

【何をするのか】

ASEAの原材料は、瓶に記載されているようにナトリウムと塩化物である。つまり、塩水である。両材料を繋げると、塩化ナトリウムであり、塩になる。しかし、二つの分子が分離されているので、非常に反応性が高い。体の中で、各細胞のミトコンドリアが特別なナトリウム分子と塩化物分子を生産し、それが修復、防御、再生、細胞間の連絡を果たす。

この工程を、「レドックスシグナル」と呼ばれ、一対の反応性分子である。一つの分子が、還元剤(reductant)で、もう一つが酸化体(oxidant)であり、つまり、レドックス(redox)である。筋肉が酸化ストレスを感じた際に、警告を発し、一番必要な場所に、血流と再生微生物を送る。レドックスがバランスを崩した際、レドックスが抗酸化微生物によってPhのバランスの取れた塩水に変わる。レドックスシグナルは、薬で体を強制的に治すのではなく、安全なナノ粒子を細胞に送って、安全に自然治癒をさせるものである。

ASEAを開発した科学者は、体が作るのと同じナトリウム分子と塩化分子を発見。自然に、反応性分子は、電子荷電と引っ付く性質がある。ASEAの発明者は、消化システムで中和されないように、ナトリウム分子と塩化分子を引き伸ばしたのである。
外部研究機関のグレー サミュルソン博士がASEAを評価実験をした。レドックスシグナルは予防薬品調査において一番重要視されているものである。

【ASEAをどのように使用するか】

ASEAは960ccの瓶で販売されている。研究室にて、アスリートに実験をしたところ、サミュルソン博士は、空腹時に運動する20分前に、120ccから240ccのASEAを飲むことを勧めています。サイクリストは、120ccは一時間から二時間の走行に適し、180ccから240ccは、4、5時間の走行に適する。走行後は、120cc飲むことを勧めます。これは、毎日飲む必要は無い。それに代わって、レース日または、激しい運動時に飲むことを勧める。大量のASEAを飲むことは勧めません。つまり、過剰レドックス分子が塩水に変化するからである。このことで、低ナトリウム食事療法を必要な方は、ASEAを勧めません。

【何を期待するか】

180ccを飲んだ人は、はじめ、カフェインを多く飲んだような劇的な反応を期待するが、実際は、ASEAは、筋肉をパワーアップさせ、回復時間を劇的に短くし、より長い間運動を続けることが出来るようになるような、静かな反応を起す。ASEA服飲者は、より激しい運動が何度も何度も続けることが出来、数分で、回復も出来る。それに、もっと長い時間運動を続けることも出来、自転車のギアを一つ重いもので続けられるようになる。

【ASEAはあなたを強く出来るか?】

ASEAは、ピーク時の強度を高める事は出来ない。つまり、服飲しても、瞬時に山を自転車で登ることが出来るようにはならない。トレーニングをして、体を強よめることには、変わりは無い。しかし、ASEAは、現在の強さをより長時間持続させられる。例としては、一般の人は、最初の30分は、真中のギアで上り、後は、一番ゆるいギアで上るが、服飲者は、最初の30分も後の2時間も同じ真中のギアで運転を続けることが出来る。

【副作用はあるか?】

ASEAのレドックス反応は、血中の塩量を増やすので、汗がもっと塩っぽくなる。高濃度塩の他の副産物としては、喉が渇かなくなり、定期的に水を補給しないと、乾燥しやすくなる。

【ASEAは正式に販売できるか?】

2010年2月にUCIがASEAを検証し、禁止物質からASEAを取り除いた。ビタミンやサプリメントと同様、連邦政府の規制薬品とは違うので、ASEAは、健康関連のクレームをすることは出来ない。

【使用すべきか?】

自分で決めてるべき。ハイトルクは、サイクリングには、サプリメントを使用しない方が良いと勧めているし、ASEAから運動能力促進に関わる各成分の科学評価をしていない。しかし、サミュエルソン博士の3ヶ月使用の実験結果はある。

【ASEAは高い?】

480cc瓶で27米ドルである。一回の120ccは、3.38米ドルとなる。免疫促進剤として毎日120ccを飲むように勧めている。アスリートは、運動能力を高めるために必要時に飲むことを勧めている。

【どこで、もっと情報が手に入るか?】

ASEAのDVDを提供している。サミュエルソン博士が書いた64ページに亘るパンフレットがある。ここには、レドックスシグナルが細胞内外にどのように働くかが書かれている。

Amodoruov_2
INDEXにもどる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪製品安全に関する試験管内≫の≪研究からのデータ≫

Asealogoaseaname2Aseamolecules1

【ASEAの反応性分子証明手順】


ASEAの反応性分子は、複雑で独自の電子化学的工程で作られ、このASEAの反応性分子は、安定しており、また、測定できる。ASEAに反応性分子があることを3つの標準蛍光分子(RPE)(APF)(HPE)によって証明された。

この蛍光分子は、反応分子に接触すると、形を変形させ、蛍光量を減らす。この蛍光分子の変化を測定することで、反応分子の存在を示す事が出来る。

実験は、外部研究機関で毎日行われ、各実験サンプルからASEAにバランスの取れた反応分子があることが証明された。

【転写要因の活性化科学の説明】


細胞は、毒物に触れると、核に転写要因を送って反応する。核内では、この転写要因が遺伝子に毒物への細胞防御を指示する(炎症反応)。この核内転写要因は、細胞に染色する事で、蛍光顕微鏡で見る事が出来る。

細胞が、毒物に反応すると、蛍光塗料が転写要因と共に核内に見られる。二つの転写要因、p65とp-Junを観測し、緑色の染料がみられると、毒物への反応があると見る。

【Procedure(工程)】

真核細胞は容器で培養(1)PBS(無毒溶液=化学リン酸塩)、(2)5%ASEAによる栄養液、(3)20%ASEAによる栄養液(4)毒物溶液と接触させる。転写要因p65とp-Junの反応を顕微鏡写真に取った。
≪コンピュータ・ソフトウェアが核を絵で発見するのを助けるために、DAPI着色剤は、核にも塗られました≫

【Results(結果)】


【P65/NF‐kappaB】


 NF‐kappaBの着色されたp65サブユニットによるイメージ細胞は、下で見られます。

一番右端と比較して、ASEAに接触した細胞は、毒物への反応はしていない。左3写真は、p65が細胞外に残っているので、これは、毒物がないと示している。

PBS  5% ASEA 20% ASEA Known Toxin

【P‐Jun】


 P‐Junデータも、大きな中毒反応がない(5%ASEAにも毒物がない)という視覚の証拠を示しています

≪結論≫


高い濃度のASEAを細胞に接触させても、毒物への反応は無い。この結果により、ASEAによる、毒物への反応は見られないし、炎症も見られない。


PBS  5% ASEA 20% ASEA Known Toxin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪運動持久力増加テストレポート≫【ASEAの最大酸素摂取量】≪VO2MAX≫

B


【目的】

17人のアスリートに行ったASEAの最大酸素摂取量、運動持久力増加テストの結果を示している。

各アスリートは、ASEAを飲む前に、6月15日の週に、基礎テストを行い、二週間以上、120cc(4オンス)のASEAを一日に飲み、最終テスト前に240cc(8オンス)のASEAを飲んだ。そして、自転車こぎまたは、トラックミルでの走行により最大酸素摂取量を測った。

【VT持久力測定の生理学的説明】

VTとは、酸素摂取量と二酸化炭素排出量を比較をして測定するもの。筋肉が力を発揮するにつれて、血流からの酸素要求量と血流への二酸化酸素排出量が比例的に増加する。
肺又は血流に酸素をもっと効果的に送り、二酸化酸素や乳酸(最大酸素摂取後に筋肉が酸素なしでエネルギーを出すときに、乳酸が発生し、この乳酸が発生すると、酸素吸収率が落ち、筋肉が疲れ、能力を発揮しなくなる。)を効果的に排出することで、VTを増加する事が出来る。そのため、アスレチックトレーニングにVT値を取り入れられている理由である。


All_t

【最大酸素摂取量テストの結果】

最大酸素摂取量を測るのに、平均心拍数、平均VT、平均最大酸素摂取量と平均時間を記録した。

【結果】

         (以下の表は、全アスリートの結果である)


【平均】        【ASEA前】    【ASEA後】     【%変化】

≪VT(秒)≫        306      344          +12%

≪最大酸素摂取量
(ml/kg/分)≫       62.5      63.6          +3%

≪心拍数(bpm)≫     137      134           -2%

≪最大酸素摂取量
になる時間(秒)≫     639      703          +10%


※ 【心拍数については、ASEA前と後では、変化がなかった】

【結果からの観測及び結論】


最大酸素摂取量データーでは、はっきりとした傾向が見られた。ASEAを飲んだ約70%のアスリートは、もっと速いスピード、もっと重い負荷で走行出来、同じ条件で走行すれば、もっと長く走行できた。

しかし、14日では、体の肺許容量、心臓血管許容量を増やすには短すぎる。この傾向は、ASEAを飲むことで、酸素供給または、乳酸排出の効率がよくなることを短期間で示している。また、運動前後にASEAを飲むとASEAの最大の効果が発揮するかもしれないと示している。           (2009年6月から7月にかけて)

Aseamaxvt3


【補足:最大酸素摂取量】トレッドミル≪マシン≫などで速度を徐々に上げてゆき、およそ10分程度で、これ以上速度を上げることのできない)最大限の運動を行わせ、その間ガスマスクのような機器から呼吸を採取することで、1分間で、体重1kg当たり、どれだけの酸素を摂取できるか測定して、評価したものが最大酸素摂取量!

【参考に・・・】
長距離走の場合、最大酸素摂取量が高いということは、より速く走れることになるため、パフォーマンスに強く関係します。一方、運動時間が短くなるほど(10秒~4分以内)、より速く走ることが可能です⇒【 最大酸素摂取量(VO2max)の、もっと詳しいサイトが!】


Amodoruov_2
INDEXにもどる


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ASEAの第三者機関≫による≪品質保証表明≫

BanerblogspotAseamolecules1


外部の研究機関がASEA製造場所に設置された。これは、ASEAの品質管理と保証を目的に、ASEA成分を分析するものである。厳しい品質保証工程が設定され、ASEA各瓶の一貫した成分を確認するものである。

この工程は、販売承認される前のバッチ毎の日常化学分析、瓶の不特定検査、年二回の包括的分析テスト(誤って起こる汚染痕跡テストを含む)を含む。全製造機器、仕入れ物、容器、材料、工程、手順は、食品工程のFDA標準以上のものである。

≪日常バッチテストと不特定テストは以下の通り≫


■①有効成分濃度テスト:酸化と製造中の塩水減少から起因するASEAの反応性分子濃度を確認する。

■②pHテスト:ASEAの酸度またはアルカリ度を見るものである。ASEAのpHは、7.3と7.4の間である。製造過程でのpHは一般に約7.35である。これは、黄金律のpHと同じで、ほぼ血中のpHと同じである。

■③塩素テスト:ASEA内の塩素化合物濃度を見る。ASEAに見られる塩素は、体に生まれつき持ったものであり、15年間のテストで体全組織、目には刺激が無いと確認されている。

■④汚染テスト:製造工程で誤って起こる有害物質混入の可能性を見る。

≪他の定期テストは以下の通り≫


品質期間テスト:保管、梱包による反応性分子濃度の衰えを見る。涼しい屋内環境で保管するとASEAは、一年間保証である。ASEAは、高い抗菌度があり、微生物はASEAに生存できない。

包括的痕跡テスト:工程、梱包でASEAに混入する成分を見るために、ガスクロマトグラフィと質量分析法をする。

Amodoruov_2
INDEXにもどる

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪ASEAと三大酵素≫【グルタチオン・SOD・カタラーゼ】

Baner

        ■デイヴィ カーペンター医師 著■


ASEAは、グルタチオン、(SOD)、カタラーゼの細胞内生産、使用度、利用度を5倍以上高めると見られている。これらは、体の中で自然に生産される抗酸化酵素であって、カタラーゼ、SOD(超酸化物不均化酵素)、グルタチオンは、健康に必要なものであり、寿命を延ばす可能性を秘めているのです。

Longlifesmokkills


年を取ると、細胞の重要な酵素の生産が少なくなると言われているのは、この驚くべき酵素が、生きている世界から細胞を守り、悪い習慣からも守ってくれているのですが、加齢によって、この驚くべき大切な酵素は自然に減少、または食事スタイルやライフスタイルで減っていってしまう!そのため、年を取ると、色々健康面での注意が必要となってくる訳です

Bannersubheaders_research_2

Asea【カタラーゼ・・・←お急ぎの方はコチラ!

カタラーゼは、過酸化水素を水と酸素に変えるのを手伝う抗酸化酵素である。それにより、血管内の二酸化酸素泡が出来ないようにしている。過酸化水素は自然に起こるものであるが、脂肪酸がエネルギーに変わる時や、白血球がバクテリアを攻撃、消滅する時に、生産される酸素依存性微生物の破壊的廃棄物である。カタラーゼは、アルコール、フェノール、ホルムアルデヒドのような有害毒素を破壊するのに重要であり、過酸化水素をヒドロキシラジカル(DNAを攻撃、変化させるもの)に変わるのを阻止する役割がある。

カタラーゼは、超酸化物不均化酸素(SOD)と共にフリーラジカルを阻止する。SODは、超酸化ラジカルを過酸化水素に変え、カタラーゼは、それを水と酸素に変える。一秒につき、カタラーゼ酵素は、何百の過酸化水素を水と酸素に変えている。

一般人は、白髪は加齢の象徴と思っているが、調査では、体内の過酸化水素の超過蓄積で白髪が起こっていると分っている。過酸化水素は、髪の毛や皮膚の色であるメラニンを邪魔する。白髪が見え始めたら、カタラーゼを増やす事で健康を維持できる。ASEAがこれを助けるのである。

≪知って!ガッテン≫唾液にはアミラーゼのほかにもカタラーゼという酵素が含まれています。けがをした時、外傷にオキシフルをつけると泡がでます。これがカタラーゼの作用です。私たちの体内で生じる活性酸素の毒性をおさえる働きをしてくれるのです


Bannersubheaders_research_2

Asea_2【SOD】・・・←お急ぎの方はコチラ!

SOD(スーパーオキサイドディムスターゼ)は、超酸化物(一番有名なものはフリーラジカル)で損傷した細胞を直したり減らしたりする酵素である。SODは真皮と表皮に見られ、繊維芽細胞と皮膚細胞の生産に重要なものである。

SODは、抗酸化物と抗炎症の役割を持つ。SODは、加齢を止める研究では注目されている。それは、年齢が上がるとSODレベルが落ち、しわが増えると言われている。

SODには二つのタイプがある。銅/亜鉛SOD(細胞質を守る)とマンガンSOD(ミトコンドリアを守る)である。各タイプは健康を保つために違う役目を持っている。
銅/亜鉛SODの異常はルーゲーリング病になると考えられている。SODがなければ、神経細胞を破壊する超酸化物から守ることが出来ない。この病気は、脳と脊髄の運動神経細胞が劣化するものである。

SODは関節炎、前立腺問題、角膜潰瘍、やけど、炎症疾患、炎症性腸疾患、煙と放射線に長期接触したことによる損傷に治療するのに使用され、また、癌薬の副作用を軽減するのにも使用されている。そして、SODは、顔のしわや傷を減らし、怪我ややけどを治し、日焼け皮膚を白くし、有害なUV光線から皮膚を守る。

SODは、麦草、大麦草、ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツのような濃い緑色野菜に見られる。この緑色野菜はSODを生産するのに十分な銅、亜鉛、マンガンが含まれている。それで、緑色野菜を食べる事がとても必要である。


Bannersubheaders_research_2

Asea_3【グルタチオン】・・・←お急ぎの方はコチラ!

グルタチオンは、新陳代謝と体の規制機能に対しての要である。グルタチオンは、アミノ酸グルタミン、システイン、グリシンから作られたトリペプテドである。

体で一番重要な抗酸化物であり、優れたデトックスの一つである。健康なグルタチオンは、重金属毒素対して、体を強くする。グルタチオンは、鉛、水銀、ヒ素、カドミウム中毒に使用される。

現在は、グルタチオンは簡単に減少することが分っている。太陽光線、環境毒素や環境公害、家から出る化学物質、薬品の使用、重金属、手術、炎症、やけど、ウィルス、バクテリア感染、激しい運動は、グルタチオンを減らす。加齢もその一つである。

グルタチオン欠乏は、多くの病気に繋がっている。例えば、貧血、神経障害、HIV/AIDS、肝硬変、肝炎、COPD、ぜんそく、クローン病、胃炎、十二指腸潰瘍、膵炎、心臓発作、冠動脈疾患、脳梗塞、糖尿病、アルツハイマーやパーキンソンような神経変性疾患、嚢胞性線維症、癌、発作性疾患、自閉症である。太陽光線から、皮膚、目のレンズ、網膜を保護し、最高のデトックスである。

実際、自閉症研究者は、この自閉症子ども100%に抗酸化グルタチオンの異常低濃度が見られ、一方、普通の子どもにはこの問題は無い。

≪まとめ≫


カタラーゼ、SOD、グルタチオン ペルオキシダーゼは、健康に必要なものであり、寿命を延ばす可能性を秘める。この驚くべき酵素は、生きている世界から細胞を守り、悪い習慣からも守っている。
しかし、加齢することで、この驚くべき酵素は自然にまたは食事スタイルやライフスタイルで減る。

ASEAを取り入れることで、この超抗酸化酵素の生産、利用が5倍以上増えるのである。ASEAは天然製品、つまり、ASEAの中身は、体及び細胞内で見られる成分である。この製品は、細胞への毒性は無い。つまり、ASEAを取り入れると、SOD、カタラーゼ、グルタチオンの生産、利用を増やし、細胞のデトックスが起こる。製品そのものからデトックスが起こるのではない。(少しの期間、ASEAのとる量を減らし、水の飲む量を増やしても、このデトックス作用は続く。)

※ 「全員、ASEAを毎日取る事で恩恵を受ける事が出来る。」とこれだけはっきりしています。

Amodoruov_2
INDEXにもどる


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ASEAへの実験結果レポート≫【抗酸化強化及び活性酸素による酸化的ストレス減少】

BanerasealAseamolecules1

                                                                                   2009年ASEAへの実験結果レポート(抗酸化強化及び活性酸素による酸化的ストレス減少)

【目的】

ASEAへの実験結果レポートである。生細胞をASEAに接触させて、抗酸化活動【GPx(グルタチオン)とSOD(スーパーオキサイドディムスターゼ)】と細胞内に存在する抗酸化物増加を測る。それに付け加えて、細胞内の活性酸素による酸化的ストレスが減っているのかどうか、と、ASEAに接触する事によって、細胞の活性力が強化されているのかどうか、確認した。

【抗酸化活動テスト結果】

少しのASEAにでも抗酸化活動が見られる。特にGPx(グルタチオン)は顕著で、どのくらいのASEAの濃度で抗酸化が反応するのかどうか、確認する必要がある。

ASEAに接触する事で、最低5倍の抗酸化効果があると言える。

【抗酸化促進度の結果】

まずは、ASEAに接触すると細胞内の抗酸化産物の増加は見られたが、これは、長く続かず、120分のみの効果であったが、顕著であった。次は、毒物とASEAに細胞を接触させた場合、毒物には、炎症が見られ、ASEAには何も見られなかった。また、ASEAには、細胞の抗酸化促進因子が陽性になった。

西洋ボロット分析が、ASEAに接触する事で、抗酸化が増加すると承認している。

               (2009年2月から3月にかけて)
Amodoruov_2
INDEXにもどる


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ASEAによる免疫システム≫【どのようにして体が自然治癒するのか?】

Baner_2

【細胞損傷は毎日起こっている】

• 太陽光線、毒素、化学薬品、炎症や他の刺激で、毎日、細胞は損傷。
• 切り傷、摩擦、他の小さな怪我で何百の細胞が損傷し、取替えが必要。
• 運動でも細胞を損傷。筋肉痛

【どのようにして、体が損傷を見分けるのか】

• 細胞が損傷すると、細胞内の化学自然バランスが壊れ、健康新陳代謝に変化がおき、酸化ストレスが生じる。
• 酸化ストレスとは、細胞内での酸化分子の自然蓄積(活性酸素を含む)である。
• 酸化ストレスとは、損傷細胞の隣の健康細胞に赤信号を送っている状態である。

【どのようにして、体が損傷を直すのか】

• 酸化ストレスで免疫システムにスイッチが入って、有害有機体を抹殺す。
• 免疫システムは、修復する事が出来なければ、損傷した細胞も消滅させる。(腫れや赤みはこれである)
• 免疫システムは、酸化弾を使用して、侵入有機体と損傷細胞を消滅させる。

【どのようにして、体は組織を再生させるのか】

• 全侵入有機体と損傷細胞をきれいにした後(赤信号を消す)健康なバランスの取れた化学が復元。
• この化学の復元が、腫れや赤みをも消し、隣の健康な細胞を刺激して、分割して、失われた細胞や組織を埋める。
• 健康な細胞は分割でき、空間を埋めるまで分割出来る。

【どのようにして、体は健康な化学バランスを維持できるか】


• 還元剤と一緒に抗酸化物が、健康細胞を守るために、はぐれた酸化体を中和させる。
• 抗酸化物が過剰酸化体を中和させ、正しい化学バランスを維持させる。
• 細胞が抗酸化物を生産し、細胞の内外の傷つけられやすい場所に配備する。

【どのようにして、還元剤と酸化体は作られるのか】

• 還元剤と酸化体は、反応性分子であり、これは、細胞内で自然に作られ、細胞の周りにある塩水の単純原子から成る。
• 細胞内のミトコンドリアは、この反応性分子、酸化体と還元剤を生産し、また、細胞のエネルギーになる燃料も生産する。
• 抗酸化物と共に還元剤は、過剰酸化体と毒素から細胞を守っている。
• 免疫システムは、酸化体を武器の一つとして使用して、侵入有機体を消滅させている。
• 酸化体は、赤信号そのもので、細胞が損傷または、侵入時の助けを求める信号になる。

【なぜ、反応性分子の健康化学バランスが大切?】

• 細胞または血中に多すぎる酸化体は損傷を起し、全組織の加齢となる。
• 還元剤と酸化体のバランスが取れていない時、免疫システムが健康な細胞を攻撃して、組織を炎症させ、治癒過程を遅らす。
• 酸化体が少なすぎると、赤信号を取り除き、損傷、炎症、誤動作細胞を残し(これらは、赤信号で、免疫システムにより消滅させるもの)、損傷を広げる。

【どのようにして、健康化学バランスを維持できるのか】

• 免疫システムを支持するのにサプリメントが必要。
• 生の緑色野菜、ジュースやハーブ
• 抗酸化やバイタミンのサプリメント
• 抗酸化活動を促進する還元剤を正しいバランスにする製品
• 積極的な健康態度を維持。精神態度が体の化学のバンラスを良くする。

Amodoruov                INDEXにもどる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 27, 2011 - December 3, 2011 | Main | December 11, 2011 - December 17, 2011 »