« February 13, 2011 - February 19, 2011 | Main | February 27, 2011 - March 5, 2011 »

≪情報や本舗≫≪母乳≫≪小児がん≫≪糖質栄養素≫≪授乳=母乳哺育≫

Asea
       ≪知って!ガッテン≫糖鎖情報や本舗

                         
母乳を与えることは、その授乳期間が長ければ長いほうが、赤ちゃんのIQの高さ!標準テストの優秀さ!に関連が!⇒≪母乳その認識力と学習機能の関係≫

Photo_2


母乳で育った子供は、肥満、糖尿病、喘息、感染症、胃腸炎などになりにくく、様々なメリットがあることを、このブログ内でも掲載、ところが、このようなメリットは子供だけでなく、授乳≪母乳哺育≫をしている母親にも大いにあることが、2009年!「産婦人科学会誌」the journal Obstetrics and Gynaecology(2009, April issue)で明らかなことが発表されていました・・・・・詳細記事は後述⇒

Baby


今年(2011年1月)米国テネシー州にある小児研究病院から、小児がん治療経験のある女性は可能であれば自分の子に授乳(母乳哺育)を行うことで自らの健康を守る効果が期待できるとの報告が発表されました。


02

研究チームは、母乳哺育が骨密度やメタボリックシンドローム発症リスク、心血管疾患やがんの再発にポジティブな影響をもつことを見い出したものの、結論としては元がん患者の授乳(母乳哺育)に関する症例数が少なく、更なる研究が待たれるとしている

Photo_3

治療技術の発達により、小児がん患者の80%は生存が可能になり、いまや20歳~39歳の女性640人に一人は元小児がん患者であると推計されるという。 元がん患者は発育障害・発達障害・機能不全や妊娠・出産が困難といった問題に加え、がんの再発リスクも抱えている。 一方授乳(母乳哺育)は母子双方の健康を守るために効果があるとも言われていることから、研究チームは、元がん患者女性が母乳哺育を行った場合の母体への影響を既存の論文レビューで検証

Cda_displayimage


小児研究病院では、喫煙を避け、野菜や果物を多く摂る健康的な食生活や、適切な日光予防や性生活、運動習慣に関してアドバイスを行い、また元がん患者にも可能であれば授乳(母乳哺育)を勧めるべきだ、とコメント!

X

出典】は⇒「SpringerLink」といって学術論文などの紹介サイト

コチラ⇒【原文=がん生存率雑誌


≪2009年!「産婦人科学会誌」≫の【詳細記事】


Photo_4

米国の研究によると、1年以上授乳を行っている女性は、授乳経験のない女性に比べて10%以上心臓疾患になる頻度が低いと、また1ヶ月間以上授乳している女性でも、糖尿病、高血圧そして高コレステロールのリスクも低いという報告・・・・以下

研究では、約14万人の更年期後の女性を対象にし、授乳経験のある母親とその人の健康度を調べました。その結果、授乳経験のある女性では心臓疾患の頻度が低くなっており、更に高血圧を12%、糖尿病や高コレステロール症を20%近く低下させることがわかりました。

Books1


この効果は、授乳終了後長期間にわたって続いていたそうです。実際、女性たちは最後の授乳後平均して35年経た人であり、その効果が何十年にもわたっていることになります。今までも、授乳は体内の脂肪蓄積を減少させることにより、循環器系の障害を下げることが示唆されていました。さらに子宮がんや乳がんあるいは骨粗鬆症になるリスクも低下していることも明らかになっています。

Aaigtrmages


| | Comments (2) | TrackBack (0)

愛用を⇒ご検討!お考えの方!


Banerblogspot


Photoお問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの【細胞】が正常なバランスを取っていれば病気にならない。

Balance1


また、【細胞】を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 【細胞】に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」


Asea■このASEAと言う製品!愛飲してみますか?・・・日本オープンは未だですが!飲んでみたい方には、個人輸入での代行を!アメリカの知人【代理店】が便宜を計ってくれます・・・■【詳細はコチラ!】


「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それに最も大切なものは、本来、【細胞】に天然で含まれる栄養素である…」


Ss_interests2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 13, 2011 - February 19, 2011 | Main | February 27, 2011 - March 5, 2011 »