« 情報や本舗≪サワコの朝≫【阿川佐和子】≪動的平衡論≫【福岡伸一】≪生物と無生物のあいだ≫【パレートの法則】 | Main | ≪情報や本舗≫≪芳賀綏とその妻文子≫≪高野辰之≫≪小説「破戒」≫≪島崎藤村≫≪唱歌「春の小川」≫≪童謡「朧月夜」≫ »

≪情報や本舗≫≪糖尿病のしくみ≫≪インスリンと糖鎖≫≪ヘモグロビンA1Cとは≫≪動画で分かりやすく≫

02


生活習慣病のひとつ糖尿病の方に、インスリンと糖鎖のメカニズムが分かりやすい動画で見ることが出来ます
【説明文は自由にお作り下さい・・・検索サイトに情報あり】              

119asea_b8

http://legacy.kek.jp/newskek/2006/sepoct/insulinreceptor.html
Insulinreceptor1s



【ブドウ糖・インスリン・鍵穴と鍵?】ここ20年の謎?といわれ続けてきたインスリンの鍵穴のことが細胞のアンテナ「糖鎖」の解明で仕組みが分かったのです

Baner3065200


食事をすると、血液中のブドウ糖(緑)が増えて血糖値が上がりすると、すい臓からインスリン(赤)が分泌されます。筋肉細胞等の細胞膜表面にはインスリン受容体(青)があってその先に「糖鎖」というものが付いています

*【インスリンには糖鎖は付いていない!】

Photo

そこで細胞がブドウ糖を取り込むようにと信号【糖鎖の働き会話=細胞間コミュニケーション】が送られて受容体にインスリンが結合!【鍵穴と鍵が一致=細胞同士の会話が正確に伝達され】

こうして、細胞はブドウ糖をエネルギー源として利用したり、蓄えたりすることができるのです。


Photo_2



糖尿病の人はこの調節がうまく働かないので、食事をしてもブドウ糖が細胞に取り込まれず、エネルギーとして利用できないのです

*【調節機能のアンテナの感度が狂っていれば機能しませんそれは「糖鎖」の働きに大きく関わっているのですね!】
Hba1c



血糖値が上がったままの状態【A1Cの数値が高い状況】さまざまな合併症を引き起こす原因にもなるのです!

*【血中に残されたブドウ糖は赤血球に付いてすぐには離れずに【と言うのは赤血球の寿命は120日】、よくヘモグロビンA1C検査でエーワンシーが○○?という数値はこのことを言うのです】

この計量器【本当には在りません】の水準地”エーワンシー6.5”を超えないように⇒合併症になってからでは遅きに失しますぞ

Hba1c2

|

« 情報や本舗≪サワコの朝≫【阿川佐和子】≪動的平衡論≫【福岡伸一】≪生物と無生物のあいだ≫【パレートの法則】 | Main | ≪情報や本舗≫≪芳賀綏とその妻文子≫≪高野辰之≫≪小説「破戒」≫≪島崎藤村≫≪唱歌「春の小川」≫≪童謡「朧月夜」≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪糖尿病のしくみ≫≪インスリンと糖鎖≫≪ヘモグロビンA1Cとは≫≪動画で分かりやすく≫:

« 情報や本舗≪サワコの朝≫【阿川佐和子】≪動的平衡論≫【福岡伸一】≪生物と無生物のあいだ≫【パレートの法則】 | Main | ≪情報や本舗≫≪芳賀綏とその妻文子≫≪高野辰之≫≪小説「破戒」≫≪島崎藤村≫≪唱歌「春の小川」≫≪童謡「朧月夜」≫ »