« ≪情報や本舗≫≪パーモビー≫≪次世代の乗り物?≫≪京都大学小森雅晴准教授≫≪TBSで放映≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪ガン治療の臨床試験の多くが行き止まりに≫≪活性酸素を叩き、抗酸化を高め、免疫を促進することでは!≫≪ミトコンドリアのはたらきが・・・≫ »

≪情報や本舗≫≪シーベルト≫≪ベクレル≫≪武田邦彦≫≪ ICRP≫≪被曝限度量≫≪福岡伸一≫≪なぜ見誤るのか?≫

Atomgen
         【日本列島!全体が放射線管理区域!】

2011311246の未曾有の震災によって引き起こされた福島の原発事故!この時から多くの人々が「ベクレル」「シーベルト」・・・といったカタカナを耳にすることになった

Health9p

一年たってもよく分からないカタカナが多すぎるのだ、先ず「ベクレル」⇒どれだけ、その物質が放射線を出す量を表す数値だそうだ・・・その物質の汚染度が高いほど数値は上がっていくと

Tky201105280482

つづいて「シーベルト」⇒放射線が、いったい人の体にどれだけ影響を与えるかの数値がこれだ・・・汚染物質に近づくほど数値は上がると

私たちの知りたいことは、どのくらいの放射線なら安心なのか?政府【一部専門家の鵜呑み情報であろうかと】被曝限度量は⇒年間20msv(ミリシーベルト)だと


Marude200

ところが。国際的にまた国内の法律でも「普通の人が安全だと言える放射線の量」は、1年間に1msv(ミリシーベルト)だと!

多分野に渡り学識の深い「武田邦彦」先生は、安心で安全なのは1ミリシーベルトだと強調される・・・年間20ミリシーベルトと言う数値が、果たして乳幼児にとって安心安全と言い切れるのかと!

20110409_2064771

「武田先生」は国際的に決められたルールは非常にはっきりしていて、国内法はそれに従っていますと!それを3段階に分けて次のように

1) 受け入れることができる放射線量

2) このくらいなら仕方がないという放射線量

3) 我慢ができない放射線量

例えば、受け入れることができる放射線量をはっきりしておくと、それ以下は全く無視してよいということです≪武田邦彦先生≫


Agesbook

多くの読書ファンを抱える分子生物学の「福岡伸一」先生も1ミリシーベルトだと云っていた・・・内部被曝も含め一年で2ミリシーベルトであるべきと・・・寿命まっとうが90歳まであったなら⇒その人の生涯で90ミリシーベルトが限度であるとも
            ≪福岡伸一先生≫

←「世界は分けてもわからない」(福岡伸一著)

さて1)2)3)のどれにあたるかお考え下さい。武田先生は1ミリシーベルトの根拠を⇒【図解】で挙げています


この図は国際放射線防護委員会( ICRP )が出している図で日本ではアイソトープ協会が翻訳しています。

この放射線の限度が一般人では1年間に1ミリシーベルトということになります。人が受ける放射線を計算することで、おおよその放射線量が・・・

Photo

医療被曝でいうと1年に、胃のレントゲンを1回、胸のレントゲンを2回、健康診断で受けたとしますと、0.6+0.05+0.05=0.7の被曝を受けたことになると

「武田邦彦先生」のブログにタイトル”健康と放射線量のもともとの関係”(平成23年4月1日 午後11時 執筆 一部修正)から抜粋しました!もっと知りたい方は⇒【ブログ】

Cameraages


2011311246の翌月にニュースの深層でゲスト出演・・・【その動画!】


|

« ≪情報や本舗≫≪パーモビー≫≪次世代の乗り物?≫≪京都大学小森雅晴准教授≫≪TBSで放映≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪ガン治療の臨床試験の多くが行き止まりに≫≪活性酸素を叩き、抗酸化を高め、免疫を促進することでは!≫≪ミトコンドリアのはたらきが・・・≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪シーベルト≫≪ベクレル≫≪武田邦彦≫≪ ICRP≫≪被曝限度量≫≪福岡伸一≫≪なぜ見誤るのか?≫:

« ≪情報や本舗≫≪パーモビー≫≪次世代の乗り物?≫≪京都大学小森雅晴准教授≫≪TBSで放映≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪ガン治療の臨床試験の多くが行き止まりに≫≪活性酸素を叩き、抗酸化を高め、免疫を促進することでは!≫≪ミトコンドリアのはたらきが・・・≫ »