« January 1, 2012 - January 7, 2012 | Main | January 15, 2012 - January 21, 2012 »

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素≫≪多発性硬化症≫≪驚くべき回復!≫

S004

若い女性に増えてきた多発性硬化症 !難病も正しい栄養で・・?で「チームマナテック」のメンバーで多発性硬化症からの復帰回復を果たしてその後ボディビル大会で数回チャンピオンにもなった選手!その復活とは・・・

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Banerealswitchheader

Photo 

←マーク・ジョーンズ(Mark・Johnes)は11歳の時、立ち木に突撃?激突!してしまった事からか、その晩には家の中の壁とか家具などにぶつかったりして歩くことすら、ままならなくバランスを取れずに転倒すらする始末でした!


Doctors


両親は心配のあまり、小児科医・専門医と観て貰いに行きました。15才になった時、二人の神経医ともう一人の医師が"多発性硬化症の診断を下しました、また別の二人の医師は”筋ジスロトフィーとの診断!

Photo_2


どちらにしても痛みで話すこと・書くこともつらく、ただただ祈っているばかり"うつ病"にも陥り、自殺を考える日々もありました。

Images

診断は21もの斑点がMRIの検査で脳に見られ、小脳の萎縮による進行性多発硬化症ということでした。脳の20%~40%が損傷があるためか、家に入るにも杖も使えずなんと這って入らなければならない最悪の状態を迎えていました。沢山の種類のクスリで胃や足・目に副作用がひどく本当にクスリを止めたいと思うほどでした

Photo_5

ちょうどこの頃、姉妹の友人でアンジーという女性が、「ある栄養素を摂りれることでメニエール症候群を含め様々な疾患から快方に向かっている人たちがいるのよ!」と数多くの実例を話してくれました、そして摂ってみてはどうか?と奨められました!勇気づけられた事もあり、アンジーの話すこのある栄養素を摂り始めることにしました

Photo_5ある栄養素【糖質栄養】

摂らなくても良いと判断できうるクスリを、いままでベッドに入る前に飲んでいた習慣を止めただけだというのに、何かしら目がはっきりとし出し、上手に話すことが出来たりと、体調の変化に気がつき始めたのです

Photo_2_2

22年間の病歴デモって、糖鎖の栄養素を摂り始める前までは、足が使えなくなり、おまけに視力も低下して焦点が合わずに見ることに不自由をを感じ始め、車イスの生活と90%以上の介護が必要となり施設への入所許可を余儀なくといった状況下にありました!

手・足・からだと幹になる筋肉の萎縮がすすんでいて、障害克服・体力増進のためにボディビルとウエイトリフティングのトレーニングを取り入れたのです!もちろん糖鎖の栄養素とニュートラスティカル【補完栄養・微量栄養】をスタートさせたことで、杖を使って歩けるようもなり、遠方への旅行にも一人で出かけることが出来るようにもなってきていたのです

Photo_6

3年後【40才時】には糖鎖の栄養素のサポートもあって、ジョーンズの鍛え上げられた身体は筋肉隆々の彫刻のような体型へと変身してきていました。トレーニングとこの栄養素の摂取とでパフォーマンスをあげてジョーンズは地方のボディビル大会や全国大会や国際ボディビル大会へ身体障害者としてウェイトリフティングに挑戦!各大会で6個のボディビルディングの勝者そして2個のウェイトリフティングのチャンピオンシップを保持するまでになったのです

Photo_3

この頃には、MRIの検査結果も当初”21”もあった斑点が、今では5つだけの病変の斑点が見られる程度に改善され≪多発性硬化症を好転させ、筋肉を再生させ斑点を取り除く事は医学的には不可能なのに!・・・・ダン・フォーツ博士≫
なんと、車椅子に乗った進行性の多発性硬化症患者が!ボディビルダーへと変身するなど誰しも考えない事が起きてしまったのです

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ

ダン・フォーツ博士【イリノイ州国立大学卒】はこのように言及しています「明らかに細胞は医学のテキストの本を読む事が出来はしません!しかし読むという事も知らない細胞が、健康な細胞へと修復したり、新生の健康細胞を打ち建てているので!と考えられません?」
Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものではありません

Photo_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】≪その安全性!安心!≫【CRN】≪世界30カ国特許≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Smoking_kills7


Crn01

日本の厚生労働省に該当する米国食品医薬品局【Food and Drug Administraion】略して「FDA」のウェッブサイトの検索サイト【右上のsearch】に糖鎖の栄養素の開発会社名「・・・・・」と入力してみたところ、362件の結果のヒットが!

トップの表示をクリックして出てきたのが【CRNという機関の“DOCKET NO. 96N-0417(資料案件ナンバー96N-0417)栄養補助食品に関わるGNP”(トピックス:提案された規則の経済影響)が26ページにわたるレポートを見つけました!

Photo_3

その21ページ目に「・・・・・・・」のGNPをクリアーしたCRNが検査終了した13製品の列挙を見つけます。≪CRN=the Council for Responsible Nutrition1973年に創立されたワシントンD.C.に拠点を置くこの機関は、成分供給元とメーカーを代表している栄養補助食品産業の主要な同業組合のうちの1つで、CRNメンバーは、倫理規定のコードを厳守します≫


≪糖鎖の栄養素の開発会社≫

Photo

13種類の製品群の列記【会社のコンプライアンス抵触により表記できません】拡める気が、あるのだろうか?疑問です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ca4zilyx

その製品群から「・・・・・・・・」と入れてみると52件の結果が出てきて、そのトップは糖鎖の栄養素の開発会社がFDAに報告し、許可を得るために 提出の製品成分のドキュメントファイルでFDAの受領のスタンプの押印がありました!いずれも2003年ごろの情報ですが・・・・

Gmpbig


日本では2007年ごろから栄養補助食品であっても厚労省がGMPを提起し始めたことから、多くの栄養補助食品を取り扱う会社が「わが社の○○はGMPに基づく・・・」云々と声を大にしていますが?実際にはこうした裏づけを持ち合わせた会社はごく少数ではないでしょうかね!

GMPは本来、医薬品の製造、加工、個別包装、保管において製造業者が遵守しなければらない内容を明確化したものなんですが!「mannatech」の糖質栄養は食品でありながら、当初から採り入れているのです】

Ch5_bookoflife

決して手前味噌ではありません!2007年ごろからですが、日本ではなじみの無いことはさておいて、アメリカでは歴史と由緒のある第三機関から認められるコメントとか認証・承認が出され始めているという事実認定があるからです


一つには一昨年の「スクリプス研究所」のナチュラル・サプリメントカンファレンスに出典して多大なる評価を受けた事【既にブログにアップの記事←クリック】
≪”スクリプス研究所”とグーグルの検索!日本では4,460件ですがアメリカでは2,350,000のヒットですよ!「糖鎖の栄養素の開発会社」は、今年もこのカンファレンスにパネル発表で参加しました≫

Photo_3

一つには2008年から2009年にかけての「NSF」での製品の安全・安心での評価を受けたという事実【コチラもブログにアップ記事←クリック】


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 1, 2012 - January 7, 2012 | Main | January 15, 2012 - January 21, 2012 »