« July 15, 2012 - July 21, 2012 | Main | August 5, 2012 - August 11, 2012 »

≪情報や本舗≫《サーチュインと長寿の間に因果関係は無し》《研究に深刻な欠陥!》《レスベラトロールにも疑問が?》

02

【9月26日 AFP】サーチュインというタンパク質が寿命を延ばすという過去10年間でなされてきた多くの研究には深刻な欠陥があるという論文を

Pic1

ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ健康加齢研究所(Institute of Healthy Ageing)のデービッド・ジェムズ(David Gems)氏が率いた研究チームが英科学誌ネイチャー(Nature)に発表した


Aaaaa_2

《すなわち、サーチュインと長寿の間に因果関係があるというのは幻想だということを示す明白な証拠を示したのです》

Aphoto_2

発表前までは、サーチュインを投与すると寿命が最大で50%延びる可能性を示した、その多くが当初の研究結果を支持する結果からサーチュインを強化するという触れ込みで、効果が定かではない健康食品が次々と生まれ、

Logo6

その多くがサーチュインを活性化させる効果があるとされた【レスベラトロール】を含んでいた。しかし「サーチュインは長寿の鍵とは言えず、寿命延長効果はないとみられる」という結論が出されたわけです


Button_switch_now■過去の研究の不備を突き止める

Aa0081223


かつてこれらの先駆的な実験の一部を行ったマサチューセッツ工科大学(MIT)のレオナード・ガランテ(Leonard Guarante)氏も、ネイチャーに掲載された「短報」の中で、自身が行った過去の実験には不備があったことを認めたのです

さらに、過去の研究ではサーチュインがレスベラトロールで活性化されるとされていたが、今回研究チームが2か所の研究所で複数の手法を使って調べたところ、そのような結果は得られなかった

Baner3065200

また食事を制限すると寿命が延びるという現象

【これ自体は疑いがないと言及した上で】にサーチュインが関与しているという主張も否定したのです

Button_switch_now_2■寿命延長効果なくても健康上の利点


言い換えると、サーチュインは健康な動物の寿命を延ばす効果はないかもしれないが、食べ過ぎによって身体が受けたストレスを緩和する効果がある可能性はある。(c)AFP

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 15, 2012 - July 21, 2012 | Main | August 5, 2012 - August 11, 2012 »