« October 21, 2012 - October 27, 2012 | Main | November 11, 2012 - November 17, 2012 »

≪情報や本舗≫≪Nerium AD=ネリウムAD≫とは?

Nobotox
      ≪Nerium AD=ネリウムAD≫とは?


【テキサスMDアンダーソンがん研究所】から生まれたアンチエイジング ナイトクリーム⇒【Nerium AD =ネリウムAD】は、オーガニック栽培で育成された「ネリウム・オレアンダー(西洋キョウチクトウ)」

20120924

ネリウム・オレアンダーの葉のエキスとアロエ・ベラの葉が主成分の、毎日!それも夜だけ使う、クリームでお肌に負担をかけずに、植物由来の酵素の力で「寝ている間」にお肌の改善を促すという、かつてない優れたアンチエイジング ナイトクリーム(申請中ですが特許で守られた!)のことです

1141

【Nerium AD 】は夜だけの、そう寝る前の洗顔後にお使いいただくトリートメント・クリームなんです、お肌がとても良い状態になると云って基礎化粧品の中でも高価なエッセンスやナイトクリームは必要なくなり、日中につけるローションやクリームもヘビー級のものやアイクリームだの、アレもこコレもと使わなくて良いわけです。

       【皮膚科の先生にとっては驚異!なことだと・・・】
Neriumad_2
■英文にはこうあります⇒≪クレイジーとも云える、このスキンケア・トリートメントはきっと多くの医者を悩ませます!トリックなんかではありません、この歳が若く見える!という、不思議な解決策を試してみませんか・・・今すぐクリック!

Moneybss

朝晩のお手入れはとってもシンプルになり、目立たなくなるのはシミ、シワばかりでなくスキンケアーの出費も目立って少なくなるのでは?毎晩2〜3プッシュを、顔と首、残りは手にまんべんなく塗る...というシンプルなものですが、結果はダブル・トリプルと満足なものを得られるでしょう!

【Nerium AD 】は、あくまでも「アンチエイジング」として開発されたスキンケアー・トリートメント・クリームです、その他のスキンケアートラブルといった改善・修復などについては、あまり言及はしていませんが、愛用者の≪ビフォー&アフター(使用前/使用後)≫の写真を見ると、ネリウムオレアンダー草のパワーは隠せません ↓  ↓

88f783db4d316b7befcf805e805f4b77_2
【蛍光分光法とコンピューター分析を使っての”フェイス・スキャナー”の結果】動画で以下に・・・・!


【補足】 :「ネリウム・オレアンダー(西洋キョウチクトウ)」草は、ヨーロッパでは1500年以上も前から、ハーブ治療として重用されてきました、長年にわたってこの草の開発研究を続けてきた”テキサスMDアンダーソンがん研究所”が、研究中に偶然にも肌に注入することで、お肌が歳をものともしない結果を求めえたことからネリウム・バイオテクノロジィー社が製品化を手がけたのが経緯です!

Moneyages

【社会貢献】 ≪このエキスで、皮膚癌、アルツハイマー、そしてAIDS治療薬の医薬研究開発を長年続けている”テキサスMDアンダーソンがん研究所”で、20数年研究を続けていた【Nerium AD】の開発者ニューマン博士のいるネリウムバイオテクノロジー社に この売り上げの一部【何パーセントか】が、今後の研究開発費として使われるように投資されています・・・こうした社会貢献で創薬ばかりではなく自然界にあるものへのテクノロジーが高まっていくのは、とても喜ばしいことですよね・・・・・

     【フェイス・スキャナー】・・・・・詳細は36秒あたり!


NeriumADの臨床試験の公平な科学的データに基づく結果を、容易に肉眼で見ることができます!皮膚の実際の変化を、フェイス・キャン装置、ハードディスクからの分析データ出力に基づいて計測して公開しているのです

Mqdefault_7

多くのよく知られているスキンケアの企業は参加者の意見や医師の目視による等級わけで公開していますがネリウムADの開発会社は科学的なフェイス・スキャンによる方法での臨床研究から得られた結果を基にします

【ST&Tリサーチ会社】

アメリカ国内に於いては有数かつ信頼度の高い「ST&Tリサーチ会社」に臨床検査を依頼して、徹底的にNeriumADエイジディファイングトリートメントの効果をテストしたのですST&Tの技術は、彼らがどのような皮膚の下に開発されているものと同様に、皮膚の表面で何が起こっているのを確認することができます。

Fluorescencespectroscopy

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 21, 2012 - October 27, 2012 | Main | November 11, 2012 - November 17, 2012 »