« November 25, 2012 - December 1, 2012 | Main | December 16, 2012 - December 22, 2012 »

≪情報や本舗≫≪OcciGabi=オチガビ≫≪HBC・ほっかいどう経済NEO≫≪ワインリゾートづくりに参加を!≫

あなたも日本一のワイナリーづくりに参加しませんか?≪ワインの木・オーナー制度≫http://www.occigabi.net/wanted-owner

AaafooterlogoMainimg

「オチ!1チャンネルで、やっているよ~・・・」と寝込みを襲われた?うちのカミさんが、大声で叫ぶ・・・「オチって?」と聞き返した、「落さん!よ・・・」直ぐに部屋のTVをONにする

Aaages


寝ぼけ眼(まなこ)で観ると、落くんが出ている、HBC放送の「NEO・・・今どきほっかいどう経済」という6:30の番組⇒≪HBCテレビ番組「ほっかいどう経済NEO≫http://www.hbc.co.jp/tv/neo/index.html

番組では、北海道はワインメーカーとの契約栽培でのワイン産地であって、決して自社栽培のワイナリーが多くあるわけではない。ワイン用ブドウの栽培面積が全道一で昨年11月に、ワイン特区に余市町は認定された


地元の中井観光農園・北海道ワイン【落くんの居た所】・空知の鶴沼ワインの紹介があって、特区による個性的なワイナリーが今後増えていくことに期待すると!ココで落希一郎が登場して【余市の自宅であろう】そう簡単ではない!と
・・・・【改正⇒自宅ではなく、余市町港町にある燻香廊(けむかろう)だそうだ】
Dsc00517


新潟で”ワインリゾート”を成功させた男が本音で語る言葉だ!そこには真実があるのであろう・・・ハードルを下げたからといって、そんなに簡単なことではないと警鐘している!

Aawydqf

ワインの生産量&出荷量を減じたからといって、おそらく食べていくことが、難しいのではと、初めから一本⇒2万円とか3万円のワインを販売するのなら可能だろうが≪最初からロマネコンティのような!ワイナリーを目指すなら?≫

Asex4nx

余市町のある山林【山田町】に重機ブルドーザーが土を掘り起こしている(日当たりを良くするため)映像が写り、「落くん」が、余市を北海道のワインづくりの中心地に、ワインの基地に、北海道観光の起爆剤に!

・・・余市の老舗酒店の店主が「・・・落さんが、地元に戻ったことは運命と言うか!必然性と言うか!期待が大きいのでは!とコメント

≪レストランの設計図・ワイナリー全体のマップなど映像を映し出して・・・≫

Acz8056



落希一郎は「ブドウ畑の見えるレストランに2.000坪のガーデンを併設する新しいワイナリーを作りそこで3年間は2万本から3万本のワインを!4年目からは10万本を造ることを目標として安定させていきたい」と

ドイツから落君が持ち帰ったドイツ品種のブドウは40種類だったそうだ、すべて「好い地=余市」に植えた!今は5つか6つになった、それを今後増やしていきたいと・・・・生食用のブドウではなくワイン用のぶどうのことである

Nec_0197

【番組内での落の薀蓄】⇒酒税法にもとづき年間6キロリットル・・・50ミリリットルで8000本のワインが⇒特区では2キロリットルで可能になるそうじゃ



| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪電子レンジでチンした水は?果たして!≫から・・・

私たちと一緒に、孫娘のアリエル・レイノルズは実験を共有するためのノックスビル、テネシー州のマーシャルダドリーに感謝!アリエルの母、クリスティーナ、そしておじいちゃんの両方が誇れることをやってのけたからです。おめでとう、アリエルは、よくやりました!

以下の写真は、私の孫娘が2006年にトライした実験です、、二つの同じ植物に異なる水を与えての結果を求めると言う公正プロジェクトです。

最初にfilered水を取り、ストーブの上の鍋に沸騰するまで加熱し、2番目に、同じ水を電子レンジで沸騰するまで加熱しました。

その後、冷却した後、彼女は電子レンジでゆで通常のお湯と水との間の成長の差が存在することになるかどうかを確認するために二つの同一の植物に水を水を使用していました。

アリエルは水の構造やエネルギーがマイクロ波によって損なわれる可能性があるのではと考えていたことが、果たしてどうなったか!

それがこのことで、ここでは判明したことにアリエルはこの違いに驚いたのです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪体感レポート≫・・・【オプティメラ】

88f783db4d316b7befcf805e805f4b77

≪オプティメラによる驚くべき結果!≫を先ずは、映像で観てみましょう・・・・・

Button_switch_now■第三者機関での臨床試験では、【オプティメラ】が以下の様子を激減させることを示します:

臨検参加者の97%に、肌表面の改善による光沢が認められた、臨検参加者の90%を超える方に、肌表面の薄い皺(シワ)、さらに深い皺(シワ)の改善がみられた、臨検参加者の大部分に、外観的に皮膚の弾力性の有意な改善がみられた、臨床の分析結果では、参加者の87%に見た目の大幅な改善がみられた

≪細い線としわ、色素沈着のしみ、皮膚テクスチャーたるみ、拡がる毛穴、トラブル肌、紫外線ダメージを受けた肌、にきび跡、他に妊娠線、傷跡の改善≫

OptimeranightcreamOptimeradaycream


ビフォー&アフターの画像・動画は、数知れずほど公開されています。2014年現在でネリウム製品をアクティブにお使いいただいている方は、100万人をすでに超えているそうです≪アメリカだけでですよ・・・!≫

9233_n【すべて画像をクリック⇒拡大!】

インターナショナルリサーチサービスというデータリサーチ会社での「Clarity ™ – 2D Research System Ti」という機器を用いての臨床検査の結果画像です ↓  ↓


Screenshot20140728at125259pm


「オプティメラ」を使用してのビフォー&アフター!

1488803_717217021660160_12882706062   10468053_717217028326826_7510114964   10431466_1543262852568829_103798031


Resultcust9ca   10444401_717217128326816_2103901319   10557189_717217068326822_9564584878


Optimera_ba_v2  Resultcust1    Uscaoptimerarealresultscustomerimag


これは、ほんとビックリ画像ですね!これほどの変化が!

10325271_10202835835269679_51737936


Continue reading "≪体感レポート≫・・・【オプティメラ】"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 25, 2012 - December 1, 2012 | Main | December 16, 2012 - December 22, 2012 »