« January 29, 2012 - February 4, 2012 | Main | February 12, 2012 - February 18, 2012 »

≪情報や本舗≫≪胃がんの発症防ぐ≫≪糖鎖が!≫≪信州大学・中山淳教授≫≪ガン最前線≫

444
 【血管の細胞壁にヒゲのように飛び出しているのが”糖鎖”】


2月6日NHKの「あさイチ」という番組で、がんワクチン治療最前線と特集していたばかりに、引き続き信州大学医学部で、特定の種類の≪糖鎖≫が胃がんの発症を防ぐとする研究結果を米医学専門誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーションに発表したのも2月6日!

Zouki_2

今や日本人の2人に1人がかかると言われる“がん”その特定のガン【胃がん】であっても罹病している患者にとっては朗報ではないでしょうか

004

グーグル・アラートのベルが鳴り響き?この情報が飛び込んできました・・・さっそくグーグル検索!全国各紙新聞に掲載されていました


【信州大、胃がん防ぐ糖鎖を確認】
(予防薬に活用も・・・・)

この研究結果を発表したのは信州大医学部(病理学)の中山淳教授の研究チームで、胃粘液に含まれる特定の種類の糖鎖が胃がんの発症を防ぐとする

そして「この研究結果は、胃がんの予防薬の開発につながる」

Aimg_news
特定の糖鎖をなくしたことでがんができた実験用のマウスの胃粘膜(上)と、正常のマウスの胃粘膜。いずれも生後60週(中山淳・信州大教授提供)】

Zouki_3

糖鎖は、糖質が鎖のように結合し、細胞表面にある生体分子。胃の粘膜の深部から出る粘液に含まれる糖鎖に着目した・・・・・記事はこうあるが⇒

「知って!ガッテン」糖鎖情報や本舗


【引き続き記事】遺伝子操作により、「α結合型N―アセチルグルコサミン」という糖を含む糖鎖をなくしたマウスの胃と十二指腸との結合部で、生後5週間後から腫れができ、30週間後にがんを確認した。胃がん患者でも同糖鎖が減少していることが分かった。

No1_01_2

また中山教授は「胃の粘液は、粘膜の単なるバリアではないことが分かった。この研究結果が、糖鎖の量を増やす薬の 開発などにつながることを期待したい」とも述べた

8sugars_2

≪糖鎖の量を増やす薬とあるが!「糖鎖の栄養素」は体内に多糖類で吸収されて糖転移酵素で細胞の外に”細胞のアンテナ”=8つの糖鎖をシグナリングを受けるために形成するのですから、将に糖鎖の量を増やす食品!≫


【補足】信州大のグループは2004年、糖鎖が胃がんなどを 引き起こすピロリ菌の増殖を抑えていることも明らかにしていたことから、今回は胃粘膜での糖鎖の役割を解明するのが目的なので、ピロリ菌に感染していない状態で、糖鎖を欠損させた マウスと通常のマウスを比較する実験を行ったそうです

Aaimg_news_2 【研究結果を説明する信州大医学部の中山淳教授】


上記写真の「中山淳教授」は米国ラホヤ癌研究所に客員研究員として在籍とありました・・・・ラホーヤの件での余談になりますが


Ages_2

【余談ばなし】
ラホーヤにはノーベル賞を取るために設立された、といっても過言ではない「スクリプス研究所」でも有名ですが!タイガーウッズが優勝した「USオープン」の開催されたゴルフ場”トーレイ・パインズ=Torrey Pines ゴルフクラブ”が隣接していることでも知られているラホーヤ【サンディエゴ】

【もっと読む】 ≪スクリプス研究所≫≪USオープン≫≪ノーベル科学賞≫≪タイガー・ウッズ≫

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪さけ節≫≪旨み成分≫≪かつお節≫≪ホッチャレ≫≪ネコ跨ぎ≫

TitleTitle_2Title_3


昨年、NHKの「たべもの一直線」と言う番組で、北海道標津町の≪鮭ぶし≫を紹介していた≪鮭ぶし≫といってもお酒の演歌ではない、ダシに使う削り節の「かつお」が「鮭」となった≪さけ節≫なんです!≪シオ麹≫といい、旨み成分の調味料が続出である

Ages

蕎麦好きの建設やさんが考案したらしい、土佐にかつおの「かつお節」!北海道にシャケの「鮭ぶし」があってもと・・・・

シャケは食べるには、チョット旨みがないものを、ネコでも跨いでいくからと「ネコ跨ぎ」とも「ホッチャレ」とも⇒「ホッチャレ」」とは北海道の方言で産卵を目指し、川を遡上したシャケは、体は傷つき、脂が抜けきりヨレヨレになった鮭のことで、「川ブナ」とも言うらしい
Ages_2

大昔から北海道では、冬に備えてシャケを乾燥させて保存食にするため塩漬けにしていた、だからネコもその辛さから舌を出しさえすれ、食べなかったのでしょうね!建設やさんの目の付け所が素晴らしい!「ホッチャレ」は、脂が抜けきっているから保存中の脂肪の変化がないので適している。

川辺にあっても放っていく【ホッチャレの語源か?】のでとても安い価格で手に入るうえに、脂が抜けきっているからこそ、臭みなども少ない

Amed

【海のサケよりも、川のサケしかもオスよりも、卵(イクラ)を採リ去ったメスのサケが適しているそうです】

うまみタップリ、極上の≪さけ節≫を造るには手間のかかる製法の工夫とこだわりが、さけ節作りはまずゆでることから始まり、火を通し、とことん脂を抜く

P_tebiyama2

火を通すことに、こだわりが?古く、」かつお節の製法「手火山式(てびやましき)」を北海道の標津町で取り入れ、時間と手間ひまかけて造っているのですね!出来上がるまで2ヶ月近くを要するそうです

Sakekatsuo

【旨みのわけ】
グルタミン酸が主体のすっきりした味。サケ節はグルタミン酸が主体。イノシン酸が多いカツオ節にくらべると、たいへんすっきりして甘みがあります。カツオ節とブレンドしてだしを取るのも良いです。

【簡単レシピ】
冷奴やおひたしに直接かけて。・ご飯にまぜておにぎりに。(醤油で味付けおにぎりの具材に)・ご飯に焼き鮭の身をのせ、鮭節で出汁をとり、塩で味を調え鮭茶漬けの完成。・お好み焼きや、たこ焼きに。焼うどんや焼そばの仕上げにも。・おでんやつけ麺にふりかけとして。・出汁に。(蕎麦やうどんのつゆに、だし巻き卵等)
6528d234s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 29, 2012 - February 4, 2012 | Main | February 12, 2012 - February 18, 2012 »