« ≪情報や本舗≫≪糖尿病人口が3億人!≫≪2型糖尿病患者の回復事例≫≪栄養療法≫  | Main | ≪情報や本舗≫≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査・研究】≪睡眠中の乳児の脳画像をMRIにて≫ »

≪情報や本舗≫≪肉類の摂取を増やすと、糖尿病発症率が上昇≫【発生リスク⇒48%】≪ウォールストリートジャーナル≫

222ages
        【ウォールストリートジャーナル】

.【肉類の摂取を増やすと、糖尿病発症率が上昇】とウォールストリートジャーナルのニュース!約15万人のデータを分析した結果、過去4年間で赤身肉(牛肉や豚肉など)の消費を増やした人は、

その後の4年間に”2型糖尿病(生活習慣に起因するとみられる糖尿病)”を発症する確率が、赤身肉の消費を増やさなかった人より高いことが分かったそうです

糖尿病とグーグル検索をすると厚生労働省の糖尿病ホームサイトがトップヒットする、開いてみた何と四コマ漫画でスタートしている

We05
We06
We07
We08

どうみてもこの漫画の元はアメリカの色合いが強いように思えるが、それはさておきこのURLは「厚生労働省のホームページへようこそ」とある⇒【コチラ!】

ほかに生活習慣病が同様なスタイルで公開しているので気になる疾患があればサイトを紐解いてみて・・・

Item_01_07

≪以下、抜粋にて全文は≫ ⇒【コチラ】

この分析はシンガポール国立大学の研究者らが中心となり、米ハーバード大学が主に看護師や医師を対象に実施した3つの長期調査からデータを収集した


162016

赤身肉の消費と2型糖尿病の発症との関連を指摘する研究はこれまでにもあったが、赤身肉の消費量の変化と2型糖尿病の発症リスクとの関係を長期追跡したのは、今回が初めてとみられている。被験者は研究開始時以降、4年ごとに消費した飲食物の種類に関する詳細な質問に回答した。分析は約20年分のデータを対象に行った。


この研究で分かったことは。赤身肉の消費量を過去4年間で1日当たり半サービング以上増やした集団と、消費量を変えなかった集団とを比較すると、その後の4年間に2型糖尿病を発症するリスクは、消費量を増やした集団の方が48%高かった

Hon


論文の執筆者らは「この結果は赤身肉(と2型糖尿病の予防)との関連の強さを確認するもので、長期間にわたる赤身肉の消費抑制が予防上良い効果をもたらすことを示す証拠がさらに増えたことになる」と述べた

米政府が出している一般的な食事の指針と同様に、米糖尿病学会(ADA)は糖尿病の患者に対し、野菜や果物を多く摂取し、乾燥豆を含む全粒食品を選ぶよう推奨している。また1週間に2、3回魚を食べることも推奨している。脂肪分の少ない肉とは、牛肉や豚肉のうち、名前の最後に「ロイン」がつくもので、ポークロインやサーロインなどを指す。

糖尿病は約2600万人の米国人を悩ませている病で、体がインスリンを作れない、ないし適切に使えないことによる血糖値の高さを特徴とする。2型糖尿病は糖尿病で最も多く見受けられるタイプで、体重増や加齢と関連づけられることが多い。

糖尿病は心臓発作、脳卒中、腎臓病、失明、手足などの切断、それに神経損傷のリスクを高める。糖尿病のもう1つのタイプである1型糖尿病は自己免疫疾患で、幼少期に診断される場合が多い。

Logo_news333疾病管理予防センター(CDC)は2050年までに、米国の成人のうち、最大で3人に1人が糖尿病になる可能性があると予測している。糖尿病は現在、米国人の死亡原因で7番目に多い。

|

« ≪情報や本舗≫≪糖尿病人口が3億人!≫≪2型糖尿病患者の回復事例≫≪栄養療法≫  | Main | ≪情報や本舗≫≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査・研究】≪睡眠中の乳児の脳画像をMRIにて≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪肉類の摂取を増やすと、糖尿病発症率が上昇≫【発生リスク⇒48%】≪ウォールストリートジャーナル≫:

« ≪情報や本舗≫≪糖尿病人口が3億人!≫≪2型糖尿病患者の回復事例≫≪栄養療法≫  | Main | ≪情報や本舗≫≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査・研究】≪睡眠中の乳児の脳画像をMRIにて≫ »