« ≪情報や本舗≫≪ASEA≫=揺り篭から墓場まで | Main | ≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート③ »

≪情報や本舗≫≪北野たけし≫≪ツービート=ビートたけし≫≪北野武監督≫≪マス北野≫≪落語家立川タケシ=錦之助≫

0wbxs

村上春樹といえば「ノルウェイの森や「海辺のカフカ」などの作品で知られ、日本のみならず世界中に多くのファンを持つ作家ですよね。累積販売部数が900万部というノルウェイの森」といえば、

小説の中にこの行りが「…ドイツ語の授業が終わると我々はバスに乗って新宿の町に出て、紀伊国屋書店の裏手の地下にあるDUGに入ってウォッカ・トニックを二杯ずつ飲んだ。…僕は黙ってセロニアス・モンクの弾く「ハニサックル・ローズ」を聴いていた」・・・・

当時はジントニックとか今若い人に人気の出始めた昭和の飲み物?ハイボール!ウオッカトニックは飲んだ記憶はないかな・・・・・

Cw1be 【DUG=ダグ】


同じような思いで、”DUG"にも、よく行ったものです。ジャズ喫茶というより、ジャズルームといったほうが似合う、とてもお洒落なお店でしたね・・・

14

”DUG”以上によく行ったお店が、東口近くにあった「ビザール」!ドイツ語の授業ではなかったですが小説同様にバスでもなく、ダグでもなく、この「ビザール」に行っては、何かしら本を読みながら耳は心地よく流れるスゥイングジャズに傾ける(時に客のリクエストでハードジャズが流れると顔中央がシワシワ状態・・・


セシルテイラーだったかな?そんな時、店をぬけ”DUG"に立ち寄るのだ、途中に「石の家」の餃子で腹ごしらえをし【学生を終えてからも通ったお店でした・・・飛び切り易く、飛び切り旨い、めちゃめちゃ混んで、めちゃめちゃ油ギトギト】

Harukitokyojazz16 【ビザール

どんな店でも必ず居るのが「ご常連」と称する人!ビザールにも当然のことながら、居ましたねというより狭い店で3人掛けの列車スタイル!隣人?同士が、自然知り合いになる確率が高く、同郷の3人の友人とよく通ったわけですが?

友人より気の合う常連の「ヒデさん」と知り合ったのが」、それこそ「いい友の和」になって、ジャズ好きの明治大学に通う「ホウちゃん」放蕩癖の"放”か?法学部の"法”かの謂れは定かではない!

Ans3itt


その「ホウちゃん」が、ある時ビザールに連れ立って来たのが「来たの?」「北野!」そう、いまや世界の人となった当時明治大学に席のある頃の北野武=ツービートと知り合うキッカケでもあった!

だれかれとなく、示し合わせることもなく”ビザール”に来ては、4人集まれば中国文化の研究!人数が満たない時は韓国文化のパチ研究!と

北野は正統派の打ち方で、ツービート漫才のあの喋りなど想像できないほど、寡黙に打ち続ける雀士?でしたね、同郷の麻雀好きな五十嵐誠くんに付き合っての義理立てからか、私がエネルギッシュにいつも”脂ぎった顔”していたからか?定かではないが、私に「ギリ」とあだ名をつけたのもタケシ君でした!


Photo 【北野武君】

大学生活に適応できなかったわけでもなかっただろうに、大学2年の時には、家出同然に一人暮らしを始め、新宿界隈で当ての無い日々を送るようになる。フーテンのような、フーテンでないような

学生運動にも北野は、参加したようだが、チャランポランに熱心ではなかったようだよ!ジャズに傾いたものにとっては新宿の東口の辺りには「Lefty(レフティ)」・「Canty(キャンティー)」や「ビザール」「DUG」「DIG」「ヴィレッジヴァンガード」それに「新宿ACB(アシベ)」・「風月堂」・・・・北野といえども同様で、特にビザールに顔をだしていたようだ

Photo_2 【コチラ!から】 ←クリック


Takeshikitanolavieengrisetrose


|

« ≪情報や本舗≫≪ASEA≫=揺り篭から墓場まで | Main | ≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート③ »

【北野たけし・ビートたけし】」カテゴリの記事

Comments

Excellent enthusiastic analytical attention with regard to fine detail and can foresee complications prior to they will happen.

Posted by: 律師 | December 18, 2013 at 01:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/58366177

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪北野たけし≫≪ツービート=ビートたけし≫≪北野武監督≫≪マス北野≫≪落語家立川タケシ=錦之助≫:

« ≪情報や本舗≫≪ASEA≫=揺り篭から墓場まで | Main | ≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート③ »