« February 24, 2013 - March 2, 2013 | Main | March 10, 2013 - March 16, 2013 »

≪情報や本舗≫≪ビルマカナリー博士≫≪アロエベラの薬効≫≪糖質栄養素≫≪マナポール≫≪特許取得≫≪アセマンナン≫

Baner


Akb8s35

1993年、テキサスにあるキャリントン・ラボ(研究所)の責任者であり薬理学および毒物学の博士号を持つビル・マカナリー博士がアロエ・ベラの有効成分であるファイトケミカル「アセ・マンナン」の発見!とその抽出方法!そして製品化は特別大きな意味を持っていたのです

「アセ・マンナン」は体内で≪マンノース≫と言う8個の細胞間コミュニケーションに必要な糖鎖=単糖の一つに変化します

【補足】:「アセマンナン」は≪マンノース≫(単糖)を多く含む多糖類でアロエ・ベラの成分

■□■古来より伝承されてきたアロエ・ベラ!■□■

250pxedwin_smith_papyrus_v2

古代エジプト(紀元前1550年)の医学書『エドウィンスミス・パピルス』=「エーベルス・パピルス」の中で、既に薬草としてアロエの名が記されています、またギリシャ(紀元前1世紀)では、ヒポクラテスの医学書に緩下剤としてのアロエの記録があります

Kureopatora_2_2

同じく紀元前1世紀のエジプトには、俗説とは言え、あのクレオパトラの美しさは、オリーブのバージンオイルとアロエの二つによって作られた?・・・

コチラは事実!マケドニア(紀元前4世紀)のアレクサンダー大王は、大のアロエ好きで、ソコトラ島で栽培させ、遠征時には必ずアロエを持参し、将兵の病気の予防、怪我の治療、健康維持に用いたの話は有名です

Photo_5

そしてローマ(1世紀)のローマ皇帝ネロの侍医ディオスコリディスが書いた『ギリシャ本草』には、アロエの効果効能の多くを調剤方法にまで及び書かれていたのです・・・効果効能は後述!

このように薬草アロエの有効成分は注目されてきました!ところが近年になって、抽出後すぐにその効果が消失してしまうことが判明しました。よくアロ工入りの栄養クリームとか傷薬とかジュースなどのドリンク剤などの使用者が「どうも効果がはっきり分からない」と言うのは、時間がたってしまうと効果が薄くなる事が原因だったとおもわれます

T02200164_0519038810533447469


ビルマカナリー博士は、抽出後アロエを特殊な冷凍方法(特許)で長期間保存できるようにしたのです!161の特許を持つマカナリーはこの抽出した成分を「≪マナポール≫」と命名したのです


Photo_6


1996年、ビルマカナリー博士は「≪マナポール≫」のライセンス契約を交わした栄養補給製品の開発会社に移籍しました。そしてレジマクダニエル博士(右の写真)や同社のサイエンスグループの科学者らと共に「≪マナポール≫」を元に新製品の開発に乗り出しました

博士らは「≪マナポール≫」だけでは8個の糖鎖を補うには不充分だと考え自然界に生息する植物から他の糖鎖の抽出に成功しそれらを合成した炭水化物の複合体をみごと作り出したのです。

Science


前述の研究開発会社はマカナリー博士に最大の賛辞⇒「糖質栄養素の父」であると・・・ダラスで開催された会社のビッグなイベント大会でマカナリー博士はゲストスピーチで登場した時には、会場からのスタンディング・オベーションが数分間も続き、その偉大なる存在に改めて驚かされたのです


Photo


アロベラの効果・効能】=「ギリシャ本草」

■便秘を改善する効用
■胃をきれいにする効用
■肌を引き締める効用
■皮膚病を治す効用
■その他、頭痛、目の病気、黄疸、打撲、痔、口中の病気、抜け毛に効果があること

■【補足】■・・・「ギリシャ本草」は西暦78年に科学的な立場で論じた欧州最初の薬学書であろう!欧州薬学の祖ともいわれているディオスコリディスによって書かれた全5巻の薬学書です

Bookoflife


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪試してみますか≫・・・・・オプティメラ

Logo_6


Photo_3
≪オプティメラ≫で既に驚きのビフォー&アフターをご覧いただき試してみようかな?と・・・・お考えの方だけに、特別に「オプティメラ」の≪入手方法≫をお知らせしたいのですが、残念ながら日本オープン間じかながら≪ネリウムAD≫の入手となります


Dash_mail2
       【お問い合わせ】⇒ 【コチラ!】


Cafavdm2

                                                                
≪クレイジーとも云える、このスキンケア・トリートメントはきっと多くの医者を悩ませます!トリックなんかではありません、この歳が若く見える!という、不思議な解決策を試してみませんか≫


Logo_3
   【ご使用方法】⇒ 【コチラから・・・!】


10523933_672704036145610_2740194346


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ASEA創業の秘話≫≪バーディス・ノートン≫≪ジェームズ・パック≫≪G.サミュエルソン博士≫

Banerjumper


≪ASEA本社はアメリカ、ユタ州のソルトレークシティにあり、会社のスタートは2009年半ばで、まだ設立1年半という新しい会社です。この完全にユニークな製品は、独自のカテゴリを作成しました。それはさておき、人体自体からレドックスシグナル伝達分子の最初で唯一のソースです。

Aseaoffice2


現在、アメリカとカナダでビジネスをオープンしていて、昨年春に西ヨーロッパ(イタリア・フランス・オランダ・ドイツ等々)にオープンして、近いうちにアジア圏(日本・韓国等々)と準備をしているそうです≫
Asea1053

ASEA(アセア)の創業者・経営者バーディス・ノートン氏はクラフト・フーズ社に30年務め、戦略担当の副社長を担当したのち退職しました。 その後、バイオテクノロジー会社の経営を依頼されました。

Ceo

アメリカの「フォーブズ誌」によると、クラフト・フーズ社はアメリカでもっとも評判の良い企業上位3社のうちの1社であり、「フォーチュン誌」の一流企業(ビッグカンパニー)500社にも選ばれている!

しばらくして、バーディスは、ある画期的な技術情報に興味を持ちました。彼が実業界からいったん引退していたある時、「酸化還元反応分子」を研究していたG.サミュエルソン博士(ユタ大学)に出会います。

Photo

16年にわたる研究の詳しい説明をサミュエルソン博士から聞くうちに「これが医学界に革命を起こし、多くの人々を救う助けになる」とひらめいた彼は、研究チームに資金援助を始めました

≪開発研究の当初のものは、器機に原料を入れ。直ぐに飲まなければ有効性はなく、器機を持ち歩くわけにも行かず、製品の安定が【ほとんどの科学者は分子の安定は出来ない・・・と!】急がれたのです

Pack

そして製品化の段階が見えてきたある日。ノートン氏は近くに住む友人のジェームズ・パック氏はゴルフ場でこの話を聞きました

【当時、パック氏は、通信関係の企業やコンサルティング会社を立ち上げていて、彼の成功はかなりのものであり、多くのビジネスマンの収入が伸び始める年齢の頃には、既にリタイアしていました。彼はなんと、43歳で実業界から引退して悠々自適の暮らしをしていました】

Money100_bills


そこでパック氏は、直ぐにポケットから小切手帳を取り出し、とても大きな数字を書き入れ「このビジネスは、もっと大きな金額を生み出すことになるよ・・・さあ、やろう!」ノートンに渡したそうです。

そして、その技術が売りに出された時二人はこの製品の良さを伝えるのに、「口コミ」の力を重視しました。なぜならそれが、最も強力な宣伝方法だと知っていたからです。

Wealth_16

そして数ある販売方法の中からあえて「ネットワーク・マーケティング」の手法を選んだからには。それに合わせ会社の上級役員たちも、その業界でキャリアを持つ有名人ばかりをヘッドハンティングしたのです

こうして2009年、ASEAは満を持してアメリカで船出をしたのです。そこから瞬く間にカナダ、イタリア・・・と販売国は広がり、売り上げは一気に倍増しました。

Asea

ASEA(アセア)は、こうして誕生した会社です。伝統的なビジネスの世界で相当に成功した二人の男は、敏感にビジネスチャンスを見つけ、人々の人生を良くするために情熱を持っているのです

≪このような男たちは、本当の意味でリタイアなどしないということです、いつも新しいチャンスに、目を見開き続けているのです≫

偶然にもこのような画像を見つけました!「出雲の大社を修復している」構図とASEAが細胞を修復する機能を働かせる構図とイコールだなんて???

Photo
(2012年9月)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【輸入代行にかかる費用】

Ttl_page


Balance1

Asea■この”NeriumAD=ネリウムAD”と言う製品!ためしてみますか?・・・日本オープンは未だですが!使ってみたい方には、個人輸入での代行をサポートします!アメリカの知人【代理店】が便宜を計ってくれます・・・■【詳細はコチラ!】


「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それに最も大切なものは、本来、【細胞】に天然で含まれる栄養素である…」

Photoお問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

Ss_interests2


Baner027986

Asea_2①32オンス(907cc)入りのボトルが4本入った1カートンが小売価格⇒150ドル②8オンス(240cc)入りのパウチが16本入った1カートンが小売価格⇒160ドル≪公式サイトを検証しても間違いない≫・・・換算レートで変換⇒12.096円(2011年1月)

_news32013年!現在為替レートが変動しています⇒ご相談に応じられます


便宜価格⇒120ドルで個人購入可!プラス送料&通関手数料が50ドル(4.032円)・・・


Moneybss

掛かる費用でボトル4本のカートンでアバウト(@18.000円)となりますか!≪旅行用・アスリート用のパウチ(8オンスが16本も入りのカートンも同様の便宜価格にて・・・・本来は10ドル割高!≫

【ASEA公式ページより・・・・画面クリック!】

Preferredcustomer1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 24, 2013 - March 2, 2013 | Main | March 10, 2013 - March 16, 2013 »