« June 16, 2013 - June 22, 2013 | Main | June 30, 2013 - July 6, 2013 »

≪情報や本舗≫≪前立腺がんに打ち勝つ”7つの鍵”≫【ジョンズ・ホプキンス大学】≪糖鎖のはたらき≫【ベン・カーソン医師】

Aaaimages


米ジョンズ・ポプキンス大学の健康情報サイト「Health Alerts」が、同大医学部と共同で発行した報告書「前立腺癌(がん)治療の7つの鍵」によると、前立腺癌に打ち勝つには

Cancer

早期発見と早期治療が不可欠であるという。2006年には、米国で23万2,000人が新たに前立腺癌と診断されると推定されている。

004


同報告書は、前立腺癌患者が自らの治療について、十分な情報に基づいた決断ができるようにと作成されたもの。同大学James Buchanan Brady泌尿器研究所のJacek L. Mostwin博士による執筆で、前立腺癌治療の鍵となる7項目をまとめているほか、予防法に関する助言を提供している。

Photo

【同報告書による、前立腺癌治療の7つの鍵は以下のとおり】

・ 前立腺生検について理解する

・ セカンド・オピニオン(ないしサード、フォース・オピニオン)を聞く

・ 適切な治療法を選択する

・ 勃起機能障害に対処する

・ 必要に応じて精神面での治療や助言を求める。

・ 食生活法の役割を理解する

・ 代替治療を検討する。

        出典: [2006年10月19日/HealthDayNews]


Zouki

ジョンホプキンス大学医学部の現代のアメリカで脳神経外科医として有名なベン・カーソン医師は前立腺ガン【余命3ヶ月という末期の状況】から一番下の代替治療【栄養】によって回復された医師ですが!

世界で始めて双子の頭が繋がっている子【結合双子】の脳の分離手術を成功させた医師であり、またカーソン医師は貧しいアフリカ系アメリカ人の家庭に生まれ、小学校時代はクラス一の劣等生でした。しかしながら熱心なクリスチャンであるお母さんの励ましにより・・・


昨年12月に本【伝記本といっても良いのでは?】が出版されている
http://www.tsutaya.co.jp/item/com/cp_use00000001.zhtml?pdid=40608072&catcd=4

カーソン医師はアメリカンドリームのを達成した一人にも数えられ、現在ブッシュ大統領機関の拝命でホワイトハウスにてのお仕事もされているそうです!

余命3ヶ月という末期の状況から西洋医学を最終的に取り入れたとはいえ、代替治療カテゴリー【栄養】の栄養素を摂った事で奇跡的な回復を遂げたカーソン氏は、今でも家族中で摂っている

Photo_10

←【ベン・カーソン医師です】
SBの「堺晶子」先生のブログに昨年テキサスの「こちらヒューストン!・・・どうぞ!」と、栄養がさまざまな現代の未解決の難病?にどう関わるかを研究発表する補完栄養のグライコカンファレンス(糖鎖解析研究会議?】に参加されカーソン医師と対談された模様を下記に実況中継?・・・・・


(2007/04/07 )前立腺がんに打ち勝つ「7つの鍵」と糖質栄養の編集しての再掲です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査・研究】≪睡眠中の乳児の脳画像をMRIにて≫

Ef0a472d
【出処: MRI Study: Breastfeeding Boosts Babies' Brain Growth】
http://www.sciencedaily.com/releases/2013/06/130606141048.htm

特別な健康上の理由がない限りは、母乳で子供を育てるのが最適であることは知られ、それを裏付ける様々な調査・研究が行われている。


130606141048

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

画像として明確に脳の発達に差があることを示した研究は行われていなかったが、ブラウン大学のシーン・ディオニ(Sean Deoni)博士らによって開発された静音核磁気共鳴画像法(MRI)を用いることで、

睡眠中の乳児の脳画像を正確に撮ることが可能となり、母乳で育つ乳児は人工乳で育つ乳児に比べて、脳内の連結を助ける白質の成長が早いことが分かった。


Baby

彼らは、同様の社会経済的背景を持った133人の10ヶ月から4歳までの子供を、”母乳のみで育つ子供”、”母乳と人工乳で育つ子供”、”人工乳のみで育つ子供”の3グループに分けて調査を行った。

すると、母乳のみの子どもは、母乳と人工乳よりの子供より、母乳と人工乳の子供は、人工乳のみの子供よりも、脳の成長を促進させることが示された。


また母乳を与える期間が長いほど子供の脳の成長を促進させることも示された


■■■■≪この件↑「母乳を与える期間が・・・」に関しては情報や本舗の2009年10月に書き込みで、ニュージーランドでの調査結果を≪母乳その認識力と学習機能の関係≫公開しています・・情報や本舗≫


Babysignalingfrontiernutrition

ディオニ(Deoni)博士によると、母乳と人工乳による、その成長の差は20~30%にも及ぶという。これまでの全ての研究結果と今回の研究結果を合わせることで、母乳での育児は確実に好影響を与えるだろうという結論に


Logoaaaaa_2


 ≪ニュージーランドの調査結果!≫ 


「母乳とその後の認識力および学習機能の関係」というテーマでニュージーランドで行われた調査です!生後間もない、赤ちゃん1025人を対照に18年間!すなわち18歳になるまでの壮大なる追跡調査です・・・画像を拡大してご覧下さい


Photo_3
             【画像クリックで拡大】

グラフの【縦軸】は「IQテスト・標準テスト・教師の評価・高校の学習成績」 【横軸】は「年齢経過」を表します。

■≪調査結果≫として、授乳8ヶ月以上&授乳4~7ヶ月&授乳4ヶ月未満&母乳以外の順番で授乳期間の長い赤ちゃんの方が、成長後その頭脳に関わる評価が高い結果がみられる


Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 16, 2013 - June 22, 2013 | Main | June 30, 2013 - July 6, 2013 »