« September 29, 2013 - October 5, 2013 | Main | November 3, 2013 - November 9, 2013 »

≪情報や本舗≫≪北野たけし≫≪ツービート=ビートたけし≫≪北野武監督≫≪マス北野≫≪落語家立川タケシ=錦之助≫

0wbxs

村上春樹といえば「ノルウェイの森や「海辺のカフカ」などの作品で知られ、日本のみならず世界中に多くのファンを持つ作家ですよね。累積販売部数が900万部というノルウェイの森」といえば、

小説の中にこの行りが「…ドイツ語の授業が終わると我々はバスに乗って新宿の町に出て、紀伊国屋書店の裏手の地下にあるDUGに入ってウォッカ・トニックを二杯ずつ飲んだ。…僕は黙ってセロニアス・モンクの弾く「ハニサックル・ローズ」を聴いていた」・・・・

当時はジントニックとか今若い人に人気の出始めた昭和の飲み物?ハイボール!ウオッカトニックは飲んだ記憶はないかな・・・・・

Cw1be 【DUG=ダグ】


同じような思いで、”DUG"にも、よく行ったものです。ジャズ喫茶というより、ジャズルームといったほうが似合う、とてもお洒落なお店でしたね・・・

14

”DUG”以上によく行ったお店が、東口近くにあった「ビザール」!ドイツ語の授業ではなかったですが小説同様にバスでもなく、ダグでもなく、この「ビザール」に行っては、何かしら本を読みながら耳は心地よく流れるスゥイングジャズに傾ける(時に客のリクエストでハードジャズが流れると顔中央がシワシワ状態・・・


セシルテイラーだったかな?そんな時、店をぬけ”DUG"に立ち寄るのだ、途中に「石の家」の餃子で腹ごしらえをし【学生を終えてからも通ったお店でした・・・飛び切り易く、飛び切り旨い、めちゃめちゃ混んで、めちゃめちゃ油ギトギト】

Harukitokyojazz16 【ビザール

どんな店でも必ず居るのが「ご常連」と称する人!ビザールにも当然のことながら、居ましたねというより狭い店で3人掛けの列車スタイル!隣人?同士が、自然知り合いになる確率が高く、同郷の3人の友人とよく通ったわけですが?

友人より気の合う常連の「ヒデさん」と知り合ったのが」、それこそ「いい友の和」になって、ジャズ好きの明治大学に通う「ホウちゃん」放蕩癖の"放”か?法学部の"法”かの謂れは定かではない!

Ans3itt


その「ホウちゃん」が、ある時ビザールに連れ立って来たのが「来たの?」「北野!」そう、いまや世界の人となった当時明治大学に席のある頃の北野武=ツービートと知り合うキッカケでもあった!

だれかれとなく、示し合わせることもなく”ビザール”に来ては、4人集まれば中国文化の研究!人数が満たない時は韓国文化のパチ研究!と

北野は正統派の打ち方で、ツービート漫才のあの喋りなど想像できないほど、寡黙に打ち続ける雀士?でしたね、同郷の麻雀好きな五十嵐誠くんに付き合っての義理立てからか、私がエネルギッシュにいつも”脂ぎった顔”していたからか?定かではないが、私に「ギリ」とあだ名をつけたのもタケシ君でした!


Photo 【北野武君】

大学生活に適応できなかったわけでもなかっただろうに、大学2年の時には、家出同然に一人暮らしを始め、新宿界隈で当ての無い日々を送るようになる。フーテンのような、フーテンでないような

学生運動にも北野は、参加したようだが、チャランポランに熱心ではなかったようだよ!ジャズに傾いたものにとっては新宿の東口の辺りには「Lefty(レフティ)」・「Canty(キャンティー)」や「ビザール」「DUG」「DIG」「ヴィレッジヴァンガード」それに「新宿ACB(アシベ)」・「風月堂」・・・・北野といえども同様で、特にビザールに顔をだしていたようだ

Photo_2 【コチラ!から】 ←クリック


Takeshikitanolavieengrisetrose


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ASEA≫=揺り篭から墓場まで

Baneranc1ox


■【≪ASEA≫とは】■

ASEA(アセア)はビタミンでも、ミネラルでも、抗酸化物質でも、ハーブでも、ジュースでも、栄養ドリンク剤でも、もちろんドラッグ=薬)でも、はたまた還元水・水素水でもありません!もともと人体が持っているレドックス分子を、体内に摂りこめるように(飲めるように)と開発されたものです   ■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA=よくある質問?≫】■

Q「.どこで、どのように、いつ研究が行われましたか?」  Q「プラセボとして使用されたものは何ですか?」  Q「研究の結果とは何だったのですか?」  Q「代謝物とは、何ですか?」  Q.「これらの代謝産物(遊離脂肪酸)のシフトは、どういう意味ですか?」  Q.「遊離脂肪酸?なぜそれが重要でしょうか?」  Q「私はアスリートではないですが、この場合はどうすればよいですか?またこの研究は私にとって何を意味するのでしょうか」  Q.「このASEAが減量製品となるのでしょうか?」  Q.「、この研究にレドックスシグナリングがどのように提携していますか?」   ■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA=科学検証!≫】■

ASEAの発表でなく「ASEAと遊離脂肪酸」についてのアパラチア大学が、発表をしたようです⇒そのPDFですが・・・・コチラの臨床試験で使用したプラセーボ(擬似のもの)が、なんと食塩水だった!と云うことは皆さん疑問の単に塩水ではなかったという証明でもあります   ■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA創業秘話≫】■


ASEA(アセア)の創業者・経営者バーディス・ノートン氏はクラフト・フーズ社に30年務め、戦略担当の副社長を担当したのち退職しました。 その後、バイオテクノロジー会社の経営を依頼されました。アメリカの「フォーブズ誌」
によると、クラフト・フーズ社はアメリカでもっとも評判の良い企業上位3社のうちの1社・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA=摂り扱い説明書≫】■


このような(応答)反応は一時的なものであり、すぐにおこる可能性があります。 ASEAを飲んだ後で、数日以内、あるいは数週間後に起きることもあるようです、これは、ASEAにとって否定的な(応答)反応ではなく・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!


■【≪アセア=ミトコンドリア≫】■

≪レドックス・シグナリング分子≫とは、細胞内のミトコンドリアで常時作られているもので、からだの免疫機能や自然治癒力にとっては、必須なもの物らしいが、年をとるとともに減っていく、そこでアメリカのASEA(アセア)という会社が、研究開発に30億円の費用と17年の年月をかけて、人体がもともと持つ、体を修復する分子」(レドックス・シグナリング分子)を外から体に取り入れらるようにと【ASEA(アセア)】・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!


■【≪ASEA購入のご案内!≫】■


このASEAと言う製品!愛飲してみますか?・・・日本オープンは未だですが!飲んでみたい方には、個人輸入での代行を!アメリカの知人【代理店】が便宜を計ってくれます・・・■【詳細はコチラ!】


■【≪ASEA=動物&ペット≫】■


2012年3月!アメリカにおけるレドックスシグナリング・モレキュル(活性分子)を供給されて補完した、その能力は人間ばかりではなく動物にも素晴らしい結果をも・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA=体感見聞≫】■


≪カール医師の体感≫友人のデービッドから最初にこのASEAの話を聞かされ時には興味がなかったのだが 1年3ヵ月も経って、いろいろと調べてみたところ・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!


■【≪ASEA=アスリート見聞≫】■


・・・後半に各局の放映が!メンズフィットネス誌が世界のリアルガイ25人をリストアップした「リッチ・ロール」の他にはテニスの「ラファエル・ナダル」陸上の「ウサイン・ボルト」バスケットの「レブロン・ジェームズ」など、今日のスポーツ界のスーパースターたちと共に紹介されている・・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA=スポーツ選手≫】■


(ジョナサン・ホラー・・・・デュアスロン・ランナー)  (ティム・レアリー・・・・大リーガー)  (シンジン・スミス・・・・ビーチバレー世界チャンピオン)  (ゲイリー・フェスラー・・・・ウェイトリフティング)  (ジェームズ・ローレンス・・・ギネス世界記録)  (ケーナ・シェーラ・・・トライアスロン・コーチ)  (アンソニー・ガルバン・・・トライアスロン)
(トッド・シーモン・・・アイアンマンレーサー)  (アラステア・ノークロス・・・コロラド大学教授)  (シンディー・ランピエ・・・アスリート・ランナー)・・・・■【続きを読む⇒】タイトルをクリック!

■【≪ASEA=公開資料≫】■


そして、基盤の技術を使って安定した混合物として生成された「ASEA」は、完全に米国特許によって保護されて
いるのです・・・・今回30近くもある特許のうち・・・下記の6つが公開されました!【続きを読む⇒】タイトルをクリック!


■【≪ASEA=知って!ガッテン≫】■


ASEAの原材料は、製品に記載されているようにナトリウム(Sodium)と塩化物(=Chioride)とあります!つまり≪塩水≫≪生理食塩水≫のようなとの表現もありますが?決してそうではありません!【続きを読む⇒】タイトルをクリック!


■【≪ASEA=目の石鹸≫】■


読書したり、新聞に目を通したりして、他に目を転じたりすると、距離視力ー視力調整にかなり時間を要することに気がついた、これって老化現象なんでしょうか、例えば平面的な読み込みをしていた後で、飛行機から降り立った時に空港にある標識などを見ることが出来なかったりすることが・・・・・【続きを読む⇒】タイトルをクリック!


Agesbusiness

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪OTAレポート=アメリカ議会技術評価局≫≪NIH(米国国立衛生研究所)のなかに代替医療局(OAM)を設立≫ 

    ■【OTAレポート】■

マクガバンレポートの11年後の1988年にアメリカの上下両院議員40名が、連名でOTA(アメリカ議会技術評価局)に正しく効果的なガン療法とはどんな療法であるべきか?20年も前に警告されていたガンの通常療法に代わる、ガンの代替医療法≒非通常の療法のことを調査するための専門プロジェクトを発足させました

Photo_4


2年後の1990年9月に、通常療法(手術、抗ガン剤、放射線療=三大療法)の限界を認め、非通常の療法(一言でいえば、食事、栄養、免疫、自然な薬物、それに心理、精神療法などで人体の持つ自然な抗ガン抵抗力を強化し、

その抵抗力で、ガンを克服しようとする療法)をもっと評価する必要があると報告書(OTAレポート)を、すなわち食事療法やサプリメントを使った栄養療法の有効性が作成され米議会に提出されました

≪ マクガバンレポートでは言及されなかったサプリメントによる栄養療法が取り上げられたのは初めてではないでしょうか!≫

OTAレポートの中で議員たちは


Photo_5


■通常の療法では治らない末期ガンの患者が非通常の療法で多く治っているケースがある米議会はこれらの療法を調査して、国民に知らしめる義務がある

■それまで対処療法に偏りすぎてきた米国立がん研究所(NCI)やがん学会などを名指しで批判して、多くの非通常の療法による臨床例を数多く報告したのです

Photo_6


1992年、NIH(米国国立衛生研究所)のなかに代替医療局(OAM)を設立しました西洋医学には認知されていない代替医療の有効性を評価し、促進しようとしているわけです

■【NIH】■
≪米国国立衛生研究所(NIH)といえば、医学研究の最大級のメッカです それも西洋医学の研究機関であることは言うまでもありません!年間予算額も、なんと3兆円を超えています・・・

■詳細は⇒【NIH=米国国立衛生研究所 】≫

20081009hjba9001_09


代替医療局(OAM)の年間予算は、いまや1,100万ドル(=13億2千万円)で発足してから五年間で5倍・6倍(6.600万ドル=79億2千万円)に増えています

食品医薬品局(FDA)とも連携してハーブ・キノコ・アロエベラなど健康に良いもの、免疫力を高めてくれる食品などの研究も進めているのです【1ドル=120円で換算】

Photo_7

アメリカをはじめ、イギリス、ドイツなどの西欧諸国は、代替医療を積極的に医療保険で認めようという方向にあリ、ここにきて右肩上がりだった、がんの折れ線グラフも右肩が下がり始めている

Wealth_16


一方逆にがんがドンドン右の上方に伸びているのが日本の状況で、それと言うのも、厚生労働省は漢方薬は保険で認めたものの、食事療法やサプリメントといった代替医療には、ほど遠いようです

Logo_news333_32010年アメリカでハーブでもない、ジュースでも食品でもない、ビタミン・ミネラルでもない、もちろんドラッグ【薬品】でも、ましてやサプリメントとも言えない、あるものが開発されたのです!

≪それはウェッブ内の右カテゴリーに公開しています≫

A86gv09

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 29, 2013 - October 5, 2013 | Main | November 3, 2013 - November 9, 2013 »