« October 6, 2013 - October 12, 2013 | Main | November 10, 2013 - November 16, 2013 »

≪情報や本舗≫≪グーグル検索ロゴ≫≪ハッピーハロウィン≫≪2013・10・31≫

1031_1

10月31日はハロウィン!グーグル検索のロゴがドンドンと楽しくなっていく。今回は魔女が画面上に表記のグッズ【骨・どくろ・毒薬のビン・真っ赤なリンゴ】を煮込む液体に2つ入れることで楽しめる仕組みになっているよ

早速、再生ボタン▲をクリックしてみよう・・・といっても終了してしまった!そこで画像取り込みでの解説で見るだけに・・・

1031_2

魔女の煮込む怪しげな鍋にお好きなグッズを2つ選んで煮立っている鍋に火傷をしないように投げ入れましょう

1031_3

骨と毒薬の瓶を投げ入れると、もぐら叩きならぬゾンビ叩きだ!穴から出てくるゾンビの手をクリックして、ゾンビが穴から出てこないように頑張って・・・

1031_4

毒薬の瓶とリンゴを投げ入れると、今度は蜘蛛が現れます、糸の上にカーソルで糸を切ると、蜘蛛がドンドンと落ちます

1031_5

骨とどくろをぶち込むことで、棺桶の中には何がと?思わずドキドキと棺桶の蓋を開け閉めする

1031_6

どくろとリンゴを投げ入れると、真暗闇の中でお化けを見つけるマウスの使いようだ

1031_7

骨とリンゴをぶち込んでいくと、ハロウィンの風物詩としても知られているジャック・オー・ランタンが出てきて、マウスで灯をつけて行く


1031_8

毒薬の瓶とどくろを投げ入れるて、屋敷中に潜んでいたお化けに触れるとお化け退治で、外に出て行く。とても凝ったグーグル検索ロゴでした!

【動画を見たいでしょう!】・・・それではジャキーローソンのハロウィン・ショーをご覧下さい


3111911s


Camera_2

 【魔女のハロウィン】・・・ねこ好きな方にはお勧めしません?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪偶然が生み出す発明・発見≫パート③

Neriumad
          【コチラも偶然の発見!】

1

【睡眠の質をよくするグリシン!】

タンパク質を構成するアミノ酸の一つ「グリシン」と云います、そのアミノ酸をたまたま飲んで寝た社員がいて、これをなぜか、飲んだときに偶然にもぐっすり眠れることがわかった。 たいした働きはないと思われていたグリシンですが、 じつは睡眠の質を良くする作用があることが分かったのです!グッスリ眠って目覚めも爽快にと、今は多くの製品が世に出ています

Img05

【多くの人の命を救ったペニシリン!】

ペニシリンの発見は、近代医学にとりわけ多大な貢献をもたらしました。フレミングによる世界初の抗生物質であるペニシリンの発見も、偶然の産物であったと云われています。

シャーレに寒天を流し実験する細菌を植え付け、菌を増やすのです。培養したシャーレを冷蔵庫にしまい忘れたために、カビが発生してしまい、シャーレを洗っていた時、その中の一枚が少し違うことに気がついたのです

Fleming_1

カビの真ん中に穴があり、そこに”青かび”が生えていたのですを。よく見ると”青かび”の周りには他のカビが生えていません、”青かび”の何かが、普通のカビを殺すのではないかとフレミングは考えました

そこで”青かび”を大量に培養して、発見したのが抗生物質の「ペニシリン」なのです。同じことを見た学者はそれまで何百、何千人もいたはずです、がフレミングはほんの僅かな違いから偉大なる発見を見出したのです

カビに抗菌作用があるという偶然の発見から、抗生物質が作られ世界中の人命を救ったことは多くのひとの知るところです


Checkcover_nature3

【偶然の実験結果がノーベル賞を】

島津製作所の田中耕一氏(ノーベル賞受賞)は、たまたま間違えて配合した物質を捨てるのがもったいなくて、それを実験に使用した。それで出てきた一見平凡に見えるデータをさらにしつこく分析した結果として、偶然にもたんぱく質を解析する手法を発見。これがノーベル賞につながったそうだ。

Aa300_

【リンゴは熟すれば落ちるのに?】

また、ニュートンは林檎が木から落ちるのを偶然見ていて万有引力を発見したという説が周知の事実であろう!ここで考えてみてくださいニュートンが木からりんごを落ちるのをこの世で初めて見たわけではないですよね

09122

木の実が地面に落ちる瞬間は、多くの人が見ていて、世界で一番最初に見た人は、ニュートンではないのです、ただニュートンはこの偶然でもないことを、偶然にも頭の中にひらめいたことがまさに偶然中の偶然だったのではないでしょうか?

Newtons_cradle_animation_book

こうした発生したことに、気がつく人がいたことが世界の大発見につながり、そしてその偶然に気がつく才知がある!かないか?こそが、ノーベル賞をとるような人の見分けてとなっているの

【右の画像⇒クリックすると動きます】

林檎農家はニュートンより早くまたその何倍も自然落下する林檎を見ていたことであろう。でも一番最初に引力の存在に気がついたのはニュートンなのである。


「偶然が生み出す発明・発見」①

「偶然が生み出す発明・発見」 パート②


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 6, 2013 - October 12, 2013 | Main | November 10, 2013 - November 16, 2013 »