« February 17, 2013 - February 23, 2013 | Main | March 3, 2013 - March 9, 2013 »

≪情報や本舗≫≪桃の節句≫【お雛さま】≪黄金の比≫【三人官女の一人は人妻】≪フィボナッチの法則≫ パート②

A4bjlzw

親から子へと引き継がれ、子どもの健康と成長を願うひな祭り!お内裏様とお雛さまだけを飾る風潮から


644316_311915582264845_745100170_n

ここにきて、少し豪華に5段の壇飾りを求める方が増えてきているそうだ・・・明日は3月3日「桃の節句」だ!世に知らぬことは数多くある!数年前のTV番組で「そっれって・・・本当なの?」と疑いたくなるお話が⇒


お雛様の三人官女の真中の座っている官女が、なんと既婚者≪人妻≫だったとは今日の今日まで知りませんでしたね!・・・・これ本当のお話です、そのエビデンスは三人官女の「まゆげ」と「歯」にヒントがあります

Aaaaphoto_2

と記事を書いたのが2005年のこと!今では検索しても沢山のヒットが、そもそも段飾りは江戸時代になってからのもので、段飾りを華やかに彩る三人官女も歴史的には新しいのですね


Aaamages

三人の中、一人だけ中央に眉の無い官女がいます!眉を剃り、お歯黒をつけている既婚者≪人妻≫です。ほかの2人は未婚者ですから眉はそのまま、お歯黒もしていない・・・よく観察してみてください!⇒画像クリック拡大

2006年に「誰もがひかれる”美”の定義」・・・それは黄金比(1.618)とも言われます

Armex7w_2


そして2007年には「”ダビンチコード”のパスワードはフィボナッチの数列だった!」で1200年代にイタリアの数学者「フィボナッチ」が発明した数列で自然界に多くみられ、この数列の数に当てはまる

Banerealswitchheader


【勝手な推論・・・フィボナッチ数列】お雛さまも実はこの数列で飾られているのです!ご存知でしょうが、この数列⇒1、1、2、3、5、8、13、・・・・≪隣り合う2つの数を加えると、次の数に等しくなる≫という数列です

33


1=お内裏様  1=お雛さま 2=左大臣&右大臣 3=三人官女 5=五人囃子 

8=八つの壇を飾るお道具【屏風・几帳(きちょう)・2対の雪洞(ぼんぼり)・桜(さくら)・橘(たちばな)・犬筥(いぬばこ)・毛氈(もうせん)

Adougu1502_2


13=十三の飾り道具【三宝(さんぽう)・高杯(たかつき)・菱餅(ひしもち)・膳揃(ぜんぞろい)・箪笥(たんす)・長持(ながもち)・鋏箱(はさみばこ)・火鉢(ひばち)・台子(だいす)・お駕籠(かご)・御所車(ごしょぐるま)・重箱(じゅうばこ))

如何です?数列どおりでしょう・・・日本の先人たちもこの数列をご存知だったのかは、定かではない
Fuckyou


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪桃の節句≫【お雛さま】≪御節句≫【重三の節句】≪三国志≫【ハマグリの貝合わせ】   パート①

A4bjlzw


3月3日は合いも変わらず”桃の節句”・・・≪本来は節供と書くのが正しいそうです≫

この節句は年に五回有り①七草の節句【人日の節句】②桃の節句【上巳の節句】③菖蒲の節句【端午の節句】④七夕の節句【同】⑤菊の節句【重陽の節句】


Aqf2unl

桃の節句が一般庶民(ことに農民)に浸透し始めたのは江戸時代のこと≪公家・武家の間での節句だった≫桃の節供を過ぎると秋の収穫まで庶民にとっては大変な農作業が続く!

体力を養うためにも季節の節目!節目!に節句料理を食べ、栄養をつけ、また秋の収穫を神様に祈る!今では収穫を終えて神様に感謝の「御節供」⇒正月の「御節料理」・・・おせつがおせち料理となったのか?

【土用の丑の日に鰻を食べる習慣も、これ同様(土用)なのか⇒暑い時期を乗り切る栄養をつけるためにね】

Atg7h6e


定かでない諸説!さまざまではあるが3月3日になったのは中国の「三国志」の三国時代⇒魏の国で日付が固定されてからは三月三日と固定されたようである

また三月三日と”三”が重なることから「重三(ちょうさん)の節供」とも言うそうです!余談ですが、”三”の重なりで思い出した事が!


Tenpu_sennsei

右のカテゴリーにもある「哲人中村天風」 は⇒午の月!午の日!午の時刻!と”午が三つ”重なった事から本名は三郎だが「三午(さんご)」と幼少の頃、呼ばれていたそうだ

話は!3月3日のお雛さまに戻して、元々は厄難を逃れるためにと川での禊ぎと、始まった「流し雛」!


いつの頃からか?川に流すものでなく、家に飾り、御節供で厄難を祓うようになったことから、「質素な形雛から、だんだんと⇒豪華な人形」へ変化した理由は、この辺りでは!

Ax1li3a

雛人形を家に飾るという習慣は、江戸ではなくて、室町時代頃からのようだ・・・貝合わせの遊び≪誰でもできるトランプの神経衰弱≫もきっとこの頃からで

ハマグリの貝を使ったのは、他のハマグリとでは、寸部の違いなく一致することがないことから貞操の観念!⇒女子の節供を象徴するものと考えられたのでしょう

【最初は貝だけで、その後貝の内側に源氏画など書かれるように・・・トランプ・ゲーム「神経衰弱」の原点では!】


_news333【節句が過ぎると同時に雛飾りを片付ける理由】

シンデレラではない!・・・なのに12時を回ると同時に、日本中の母娘が、雛飾りを片付けだす!それは「雛人形を早く片づけないと婚期を逃す」といった母の娘への想い!厄難から逃れる”流し雛”ゆえ、「その日のうちに川に流してしまわないといけない」と⇒「すぐに仕舞わないと・・・」とそこからの風説ながれ噺だろうかね?

A4bjlzwさあ~て!今年も「灯りを♪・・・つけましょ♪♪・・・ぼんぼりに ♪お花をあげましょ ・・・桃の花 !・・・」 563117_311941402262263_506677911_n


| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 17, 2013 - February 23, 2013 | Main | March 3, 2013 - March 9, 2013 »