« ≪情報や本舗≫≪1週間以内に幹細胞の生成が促進・・・≫≪骨髄損傷のラットが回復≫≪2006年幹細胞?でジョンホプキンス大学≫≪2014年STAP細胞で?ハーバード大学の発表≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪≪How Can ASEA Help?≫≪自閉症とASEA≫・・・アセアの出来うること »

≪情報や本舗≫≪オプティメラ≫≪センテラ・アジアティカ ツボクサ≫≪Clarity ™ – 2D Research System Ti」≫≪ネリウム≫

Images_46

Photo【2011年にアメリカで開業して,ネットワークビジネス業界の風雲児となったネリウムインターナショナル社が,ついに大声を上げて日本のオープンを発表しました】


Happinerium40LogoLogo_2Logo_3Logo_4
≪よくある質問≫≪体感レポート≫≪試してみます≫≪使い方≫ 

オプティメラ(Optimera)ナイトクリームはネリウムADと同様の臨床検査の結果が得られたようです!

インターナショナルリサーチサービスというデータリサーチ会社による「Clarity ™ – 2D Research System Ti」という機器を用いての、4週間の臨床検査を委託しました


       【画面をクリックで拡大!】
Optimeraclinicale1401094578415

「ネリウムAD」は、ST&T社に委託しましたが、グローバル戦略新製品「オプティメラ」はClarity Research Systemによる臨床分析の結果を発表しました

今回の臨床に使用したClarity- 2D Research System Ti という分析機器を、36名を対象に4週間の実験を行いました、

Scanning_equipment_2【使用の分析機器】


使用前、使用後を上記写真のように額とあごを固定して分析をするのですね、その結果は

 臨床実験参加者の多くは外見が若返り、更にお肌のハリが戻ったのです

 「オプティメラ」使用4週間後の臨検参加者の97%に、肌表面の改善による光沢が認められた

277692_241904862499887_

       【画面クリックすると、よりハッキリと!】

 「オプティメラ」使用4週間後の臨検参加者90%超に、肌表面の薄い皺(シワ)、さらに深い皺(シワ)の改善がみられた

 「オプティメラ」使用4週間後の臨検参加者の大部分に、外観的に皮膚の弾力性の有意な改善がみられた

 臨床の分析結果では、参加者の87%に見た目の大幅な改善がみられた


Photo≪オプティメラ≫・・・・・Optimeraとは?

オプティメラは特許更新中のオーガニックの「 センテラ・アジアティカ ツボクサ(Centella Asiatica)」を使用しています。日本では、セキセツソウ(積雪草)とも言い、

せり科の多年草植物、オプティメラはブラジルで栽培されているセンテラ・アジアティカ ツボクサを使っています
センテラ・アジアティカ ツボクサは民間療法として、全草を採取して煎じた液で皮膚のただれ・湿疹などに外用します。

Images_2

パブメドにも掲載されている、このツボクサは難病のハンセン病にも効果があった事例があったのでしょうね、ネットに書き込みが多く見られます・・・・

布教・説法の合間でも多くのライ病患者を癒してきたキリストが十字架を担ぎ,ゴルゴダの丘に向う途中でも,数人のライ病患者を癒した話をご存知でしょう?現代のハンセン病のことです

70726f647563742f32303134303730395f3
【センテラ・アジアティカ ツボクサ】

この特許申請中の抽出エキス⇒「SAL-14」をオプティメラは主成分 としています、この「SAL-14 エキス」は、植物の細胞を科学技術により複製し・活用しています

Photo_2お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

さらに内容成分には植物バイデンス・ビローサ Bidens Pilosa=キク科のコセンダングサと高質混合タンパク質が含まれます。

オーガニックの「センテラ・ アジアティカツボクサ」の成分は身体にも優しく、お肌の質改善と引き締め効果を促します。また幹細胞の持つ自己複製能力がお肌の老化防止にも効果を発揮します


Hon   ■関連記事■


≪オプティメラ≫・・・・・Optimera

≪オプティメラ≫・・・・・臨床試験

≪オプティメラ≫≪マリー・ベルトラン≫≪科学の背景≫≪パブメド(PubMed)に≫

Images_3

≪オプティメラ≫≪センテラ・アジアティカ ツボクサ≫≪Clarity ? ? 2D Research System ≫


|

« ≪情報や本舗≫≪1週間以内に幹細胞の生成が促進・・・≫≪骨髄損傷のラットが回復≫≪2006年幹細胞?でジョンホプキンス大学≫≪2014年STAP細胞で?ハーバード大学の発表≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪≪How Can ASEA Help?≫≪自閉症とASEA≫・・・アセアの出来うること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪オプティメラ≫≪センテラ・アジアティカ ツボクサ≫≪Clarity ™ – 2D Research System Ti」≫≪ネリウム≫:

« ≪情報や本舗≫≪1週間以内に幹細胞の生成が促進・・・≫≪骨髄損傷のラットが回復≫≪2006年幹細胞?でジョンホプキンス大学≫≪2014年STAP細胞で?ハーバード大学の発表≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪≪How Can ASEA Help?≫≪自閉症とASEA≫・・・アセアの出来うること »