« May 18, 2014 - May 24, 2014 | Main | June 8, 2014 - June 14, 2014 »

≪情報や本舗≫≪≪クラークカレー≫≪北大≫≪エンレイソウ≫≪クラーク博士≫≪発祥の地≫

Images_21

北大の構内にあるファカルティハウス「エンイソウ」は学内外で活躍する教員・研究者が利用するゲストハウスなのだが・・・・一般の方も利用できる

1階にあるレストランのメニューの中でも、知る人ぞ知る「クラークカレー」は学内で評判をよび、そのユニークな盛り合わせた野菜とお肉・・・


_8270645


そしてなんといっても香辛料がコクと風味のバランスを絶妙にして味あえるカレーにしている

道内の地物野菜をふんだんに、なす・ピーマン・パプリカ・ズッキーニ・男爵芋・ブロッコリー・人参・牛肉のローストに見た目に不思議なものがもう一点⇒かき揚げのようなもの・・・「小豆と大豆のフリッターだそうだ


Img_4


カレーの味は、辛さがあとからやってくる、少し辛口!しかしその評判に辛口はなし口コミで学外へも!その評判に「カレー通」にも足を運ばせているそうです

【レストラン「エルム」は札幌グランドホテルが運営しているだけに、味は言わずもがな、さらに味わい深さを助長するものがホテルの歴史と広大なキャンパスに育まれた歴史のハーモニーを感じた

Photo

「北大の隠れ情報通」に聞いたところによるとカレーライスの歴史を調べてみたところ、どうもカレーを日本に広めたのは、札幌農学校(現北大)のクラーク博士だと!


札幌農学校ではパン食が推進され、開学当時からカレー以外の米食が禁じられていたという。

寮の料理の記録に「生徒ハ、米飯ヲ食スベカラズ。但し、ライスカレーハ コノ限リニアラズ」と古い文献(明治9年)にあるそうだ!

Photo_2【余談・雑談】・・・明治9年といえば、この年中村天風翁が生まれている!カレーの話といえば「新宿中村屋」のカレーは全国的にも有名であるが、コチラのカレーは、明治から昭和前期にかけて活動したアジア主義者の巨頭「頭山満」翁がいなければ、そして「中村天風」翁がいなければ!・・・・後日談とする


Images_20


※ ファカルティ=Facultyとは、大学の学部などの教員組織や教員集団を指し、「大学教員の教育能力を高めるためそして大学の授業改革のための実践的方法をコミュニティするための場であったのでしょう

Continue reading "≪情報や本舗≫≪≪クラークカレー≫≪北大≫≪エンレイソウ≫≪クラーク博士≫≪発祥の地≫"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪中村天風翁≫≪セキギョク的肯定≫≪心の持ち方いかんで・・・≫≪情報や本舗≫

Caqz4hqvAgestennhuuCaqz4hqvぅ魚宇野

フェイスブックでこの写真を見つけたときに、リストと小鳥の会話?から天風翁のこんな話を思い出してしまった!


Photo【消極的否定と積極的肯定】

お腹を空かした二人の旅人が、遠く村から外れた夜道を歩いていました。そこで偶然にも目の前に古びた教会を見つけました。二人は喜び勇んで、教会の扉を叩きました

「朝から何も食べていないので、何か食べ物を分けて下さいませんか?」とお願いしてみた

扉を開けて出てきた牧師は、気の毒そうな顔して「たった今、食事をすませたところで、最後のパンも食べてしまいました・・・」

10175025_805635609454225_41426422_2


旅人のがっかりした姿をみて牧師は「ちょっと、お待ちください。念のために探してみましょう」といって、奥のほうに入って行きました。

しばらくすると、パン一切れをもって牧師が戻ってきて「一切れだけ見つかりました、どうぞ、お食べください」と

10155334_1472121316353613_7316956_3
旅人たちは、その一切れのパンを半分ずつに分けました。すると一人は「チェッ、半分しかねえのか!」と、そこでもう一人の方は「よかったよなァ~、半分もくれたじゃないか!」・・・・この話、どちらが幸せだろうか?


半分しか・・・が消極的否定で、半分も・・・が積極的肯定である。自分がどう思考するのか!いいかえると自分の心の持ち方いかんで、自分の運命も、人生も変わっていくんだよ・・・・・と、中村天風翁は云っています!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 18, 2014 - May 24, 2014 | Main | June 8, 2014 - June 14, 2014 »