« July 13, 2014 - July 19, 2014 | Main | August 3, 2014 - August 9, 2014 »

≪情報や本舗≫≪フェルメールの初期作品≫≪聖プラクセディス≫≪競売会社クリスティーズ≫≪落札価格10億超円≫

2


フェルメールの最新情報が新聞メディアで飛び交った!それは、もっとも初期の作品の一つ「聖プラクセディス」がロンドンで競売にかけられたというのだ。真作として認められた?

1655年制作のフェルメールの一番初期の作品で、真贋論争が長期に渡って続いていました。今回、アムステルダム国立美術館による顔料の分析などから、フェルメールの手による真作と認められたわけだ

光の魔術師ともいわれ゛絵画ファンに幅広く人気のあるフェルメールの極めて限られた個人所有作品、繊細な光の表現で独自の作風を確立する前の作品だということという以上に、『聖プラクセディス』を取り巻くナゾが絵画ファンの関心を集めてきていた

Images_4

フェルメールは同時代のイタリアの画家の作品がほぼ模写されているというから、今まで数少ないと云われてきた作品に新たな一ページが開かれたことにたる

『聖プラクセディス』はフィケレッリの原作を模写したものとみられているが、原作にはない十字架を聖プラクセディスは手にしている

また作品の左下隅に「Meer 1655」と読めるかすかな署名が見つかったことがきっかけに、「Meer」という署名を使っていたフェルメール(Vermeer)の真作とみなすと、フェルメール研究家が現れた

アーサー・ウィーロック氏である、彼が、1986年、フェルメールの『聖プラクセディス』を真作と鑑定したのである。そして、1年もたたないうちに、米国大手製薬会社ジョンソン・&ジョンソンジョンのソン・コレクション財団のジョンソン夫人(美術愛好家)が購入した

ジョンソン夫人は、創業者の一族の夫人で昨年この夫人が死亡したことから、競売にかけられることとなった

競売会社は英国(ロンドン)のクリスティーズで落札価格は624万2500ポンド!日本円でおよそ10億9000万円である・・・・評論家の間では、もっと高くても!という声が上がっているそうだ


さらに驚くべき事には、売り上げはポーランドの自閉症研究施設への支援などに当てられるとのこと

【絵画のDNA鑑定?】


Images

クリスティーズは科学鑑定を実施。『聖プラクセディス』に使用された鉛白(白色顔料)がイタリアではなくオランダで使われていたもの他のフェルメールの初期作品『ディアナとニンフたち』(1655~1656年)の白色顔料と完全に一致した。

クリスティーズの「同じ顔料が使われたということは、『聖プラクセディス』がフェルメールの真作であることを裏付けている」と断言。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪フェルメールの初期作品≫≪聖プラクセディス≫≪競売会社クリスティーズ≫≪落札価格10億超円≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪妊娠中のリンゴの摂取≫≪小児喘息≫≪湿疹≫≪喘鳴≫≪アトピー≫

Banerantiaginglonglife


        ≪「食育&子育て」の最新情報!≫


新しい研究で、1,200組の母子を対象として、出産前から5歳になるまで追跡調査したところ、妊娠中の母親のリンゴの摂取状況と小児喘息および喘鳴の発現率の関連が比較された

              【その結果は?】


Thumbnail


妊娠中にリンゴを定期的に母親が食べていた数で比較すると、最も≪リンゴの摂取≫の多かった群(1週間に4個以上)の母親から生まれた子どもと、最も≪リンゴの摂取≫の少なかった群(1週間に0-1個)の母親から生まれた子どもの小児喘息および喘鳴の発現率が大きく違った!


Babysignalingfrontiernutrition

≪リンゴの摂取≫の多かった群の母親から生まれた子どものこれまでの喘鳴のリスクが27%低く、5歳までに喘息または喘鳴を発症する可能性がおよそ半分であったとか。

【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


             【リンゴの予防効果は】


リンゴ中に含まれるフラボノイド等によるものである可能性が高いと研究者は述べているようです・・・また魚を食べるとアトピー性皮膚炎(湿疹)発症率がそれぞれ低下することも明らかになった。

その結果、妊娠中に多くのリンゴを食べていた母親の子どもは、喘鳴(ぜんめい)の発症率が37%低かった。

Photo_3
【“リンゴを食べれば医者いらず”のことわざの理由が明らかに】

リンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかにされつつあると言う事です!

Logoまた、ペクチンの驚きの機能が!「りんご」に含まれる「ペクチン」が、身体に取り込まれた放射能≪セシウム137≫を排出するのに効果的ですと、swissinfoに記載されたニュースです

今回のオランダのこの調査では、母親に妊娠中の食生活と子どもの食事について、また子どもの健康状態についてのアンケートを行った研究機関での調べで実は、実際に恩恵を受けるのは、お腹にいる赤ちゃんかもしれないとの調査結果が・・・・・

Photo_2

オランダの研究機関で妊娠中にリンゴを1日1個食べることが、母親にとって “医者いらず” と言うのはトマトでもリンゴでも風聞として伝えられていますよね!【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】

Photo_8


■【リンゴの成分って?知っていますか】りんごはその殆ど(84.9%)が水分で、残りの約15%に含まれている成分⇒クリック!【リンゴ成分

【この調査研究は、妊娠中の特定の食品の母の摂取量が同じ子供たちで喘息とアレルギーの結果と関係しているかどうか調査するために行われました

また、りんご好きな母親の子どもは、果物嫌いの母親の【子ども】と比べて、喘息の症状が46%少なく、医師に喘息と診断を受けた割合が53%低かった


Photo_2


妊婦は自分のためだけでなく子どもの将来の健康のためにも、賢い選択をするべきである


      ≪妊婦と幼児にとって【コチラも↓】新情報!≫

■≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫

■≪幼児の認知機能向上と運動能力向上≫≪妊婦の認知力も向上≫


■≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達


      ≪2013年「母乳に関する」最新情報≫

■≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】


Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 13, 2014 - July 19, 2014 | Main | August 3, 2014 - August 9, 2014 »