« August 3, 2014 - August 9, 2014 | Main | August 17, 2014 - August 23, 2014 »

≪情報や本舗≫≪米国医学会が”衝撃のリスト”≫≪Choosing Wisely≫≪絶対に受けたくない無駄な医療≫

Images_13


日経ビジネスに全米8割の医師が示した無駄な医療とは「米国医学会が出した衝撃的なリスト!」を連載していた

厚生労働省の「受療行動調査」の2011年のデータによると、医療機関に対する不満を感じたことがあると回答した人の割合は31% 日本でも「これは本当に意味があるのだろうか」と疑問を感じる医療

3

世界に影響力を持つ米国のおよそ50の医学会が提唱する「絶対に受けたくない100の医療」米国の専門学会が指摘した、100件に上る“意味のない医療"米国で無駄な医療撲滅運動が拡大しているのをご存じだろうか?

「Choosing Wisely」と呼ばれているもの

Images_27

「大腸ガンの内視鏡検査は10年に1回でいいです」「前立腺ガンの検診のためにPSAは安易に測ってなりません」
「爪水虫で飲み薬はほとんど無駄です」etc、これらのことは

日本の医療では、至極あたりまえのように行われていることに公然と「やめろ」と言っているのです!しかも、国際的にも先端を行く”米国の医学会”が申しているのですよ

Images_25

「米国臨床腫瘍学会(ASCO)」・「米国消化器学会米国精神医学会」・「米国心臓病学会」・「米国産科婦人科学会」・「米国小児科学会」・「米国整形外科学会」などなど

いずれも、医療に強い影響力を持つ学会で、その専門分野においては世界最大規模の学会でもあります。その中心的存在が、米国内科専門医認定機構財団(ABIM)という団体!

Images_6


運動を拡大しているのが、2011年ころから手掛け始めた、「Choosing Wisely」という活動だったのだそうです。これは「賢く選ぶ」という意味だそうですよ

1


「肺癌のCT検査は、ほとんど無意味である」(米国胸部医師学会、米国胸部学会)

「精神疾患ではない若年者には、『まず薬』で対処してはいけない」(米国精神医学会)

「大腸の内視鏡検査は10年に1度で十分である」(米国消化器病学会)

「6週間以内の腰痛には画像診断をしても無駄である」(米国家庭医学会)

「4歳以下の子供の風邪に薬を使ってはいけない」(米国小児科学会)

「リウマチの関節炎でMRI検査をするのは無駄である」(米国リウマチ学会)

ネットで拾うと他にもまだありました・・・・


「精神病でない子供にいきなり抗精神病薬は禁物」 ・・・「風邪に抗菌薬は使わない」 ・・・「ピルをもらうのに膣内診は不要」・・・ 「PETガン検診は控えよ」・・・ 「胃ろうは認知症では意味なし」


日本の医療にも影響を及ぼすような、米国臨床腫瘍学会、米国消化器病学会、米国小児科学会、米国精神医学会など、名だたる学会が全米に向けて無駄な医療を公表しているのです

Images_3

5月26日の日本経済新聞の朝刊一面によると、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度の部分の医療費総額約13兆円を圧縮しようと考えているようですよ

確かにこのところ日本では、医療界が大きく揺れているのは、次のことからも⇒この4月、日本人間ドック学会が、血圧やコレステロールの新健康基準を発表して、話題をさらったのを記憶している方も多いはずです


Images_17_2


高血圧と診断される基準は、従来血圧上が140mmHg以上、下の血圧90mmHg以下という数値で判断されていまた。ところが、日本人間ドック学会は、健康な人のデータを1万5000人分に基づいて、上の血圧は147mmHgまで、下の血圧は94mmHgまでは健康である可能性があると報告したのですね


米国の学会が無駄な医療を数え上げた動きを、日本も追いかけざるを得ない≪昔、こんなことをよ亜く耳にしました”アメリカが風邪をひいたら、日本も直ぐに風邪をひく”アメリカで流行っていることは、5年後には必ずと言っていいほど日本でも・・・・・≫

Images_20

「絶対に受けたくない無駄な医療」著者:室井一辰(医療経済ジャーナリスト)から一部抜粋でした

Continue reading "≪情報や本舗≫≪米国医学会が”衝撃のリスト”≫≪Choosing Wisely≫≪絶対に受けたくない無駄な医療≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ジャスティン・ティンバレークの母親も、”ネリウム AD ”スキンケア クリームの愛用者です≫

1017318_500598483394911_194519231_2
LogoLogo_2Logo_3Logo_4
≪よくある質問≫≪体感レポート≫≪試してみます≫≪使い方≫ 

「ネリウムAD」 スキンケアクリームの新たなセレブ愛用者リストに、ジャスティン・ティンバレーク(アメリカの人気歌手・役者)の母親リン・ハルレスも参加したのです

母親のリン・ハルレスは「ネリウムAD スキンケア クリーム」の愛用者としてブランドパートナー契約をして、彼女は自身の愛用だけでなく、家族や友人たちにも「ネリウムAD」を紹介、展開しています。

10570302_668094906608355_6224677236
     【母親リン・ハルレスとジャスティン・ティンバレーク】

ジャスティン・ティンバレークも、そんな母親に「セクシーなお母さんに戻ったね!」と大絶賛だそうです!

ひげ剃り後に良いと男性にも人気のあることから、ジャスティンも使っているかもしれませんね!昼用のクリームはとても使用感がスベスベ・しっとりで、おまけにリーズナブルなお値段です

250pxjustin_timberlake_cannes_2013

ここでジャスティンについてすこし・・・ウィッキペディアによるとアメリカの男性シンガーソングライターで、 マイケル・ジャクソンとの30年の時を越えたデュエット曲≪Love Never Felt So Good≫を発表し話題となった。 6つのグラミー賞とともに2つのエミー賞を獲得している

音楽活動以外では、あの”ブリトニー・スピアーズ”との関係に注目を浴びる有名人になり、2002年3月に、二人の共通の友達である振り付け師のウェイド・ロブソンとのスピア-ズの不倫におけるタブロイド判のマスコミの推測の中で突然終わりを迎えた。

”リン・ハルレス”は、母親として彼女は破局に関して荒れ気味ではあったが、スピアーズについては、とても温かい口調で「ブリトニーは私の居間の床で成長したのよ、私はまだ彼女を死ぬほど愛している!」と語ったそうです

4【ヴェロニカ・フィン】

Images_3【ブリトニー・スピアーズ】

5【キャメロン・ディアス】

ブリトニーの前にはヴェロニカ・フィンと、2000年から2002年まではブリトニー・スピアーズと、2003年から2007年まではキャメロン・ディアスと交際。

またジャネット・ジャクソンやファーギー、スカーレット・ヨハンソンとの交際も噂された。その後ジェシカ・ビールと交際し、別れたが、再びジェシカ・ビールと復縁。2012年1月、彼女と婚約。同年10月、イタリアで彼女と結婚した。

7
【ジェシカ・ビール】

PS:音楽活動以外のお話・・・・2010年ザ・デイリー・ビーストのホームページが「2009年度に最も寄付金を集めたアーティスト」のランキングを発表し、

Img_0d92cda449afcacfd498ed5a9b4f93a

その年に集めた寄付金額が919万8,072ドル(日本円で約8億5,000万円)で1位にランクインされたのがジャスティンでした、そして、この寄付金はジャスティンのお気に入りのチャリティーであるシュライナーズ子ども病院に寄付された

Continue reading "≪情報や本舗≫≪ジャスティン・ティンバレークの母親も、”ネリウム AD ”スキンケア クリームの愛用者です≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 3, 2014 - August 9, 2014 | Main | August 17, 2014 - August 23, 2014 »