« August 24, 2014 - August 30, 2014 | Main | September 7, 2014 - September 13, 2014 »

≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪胸腺という臓器≫≪免疫細胞の成熟に関わる臓器≫≪世界初の人工的臓器の再生に成功≫

Safe_image_2

世界ではじめて完全な胸腺を含む臓器を動物の体内で作ることに成功したと、SF小説のような話が飛び込んできましたよ!それも免疫に大きく関わる胸腺の再生とは

この実験に挑み成功したのは、スコットランド、エディンバラ大学の研究者らで、この論文は『Nature Cell Biology』に発表されたそうです

           【再生された胸腺?】
140831wholeorgan

胸腺の構造は比較的単純ではありますが、免疫細胞のT細胞の分化、成熟など免疫に関わり感染防御に働くとても重要な組織です・・・・≪幼児期から小児期にかけて、免疫を担う重要な臓器です≫

2

今回は構造&機能と完全な胸腺を作ったということで、再生医療分野でのまさに画期的な出来事です(ブレイクスルー)・・・・≪スタップ細胞が現実にあるなら再生医療はこうした研究を加速させ、医療革命が起るでしょうに≫

■スーパーコンピューター「京」そしてスタップ細胞での理化学研究所の「胸腺」の説明 ⇒ 【胸腺とは】

Photo_2【胸腺のとても分かりやすい紙芝居!】


ただし、気になるヒトへの応用ですが、、移植する場合の拒絶反応や細胞の癌化などが課題で、すぐに実用化というわけにはいかない!ここがいつも残念なことなのですね

でも考えてください、一昔前だとSF小説のような話!未来の話!とされてきたものが、実現しているのも事実で、今後5年~10年で、進展していくことは間違いないでしょうし,期待に夢!膨らみます

1648917037478283170

論文『Nature Cell Biology』

たどたどしい訳文・・・以下難しい

再生医療の中心的な目標は、由来するか、または増殖細胞から移植可能な臓器を生成することで、in vitro(試験管内)で。多くの研究は、定義された細胞型の産生を示したが

完全に無傷の器官の作成 が報告されていない

転写因子のフォークヘッドボックスN1(FOXN1は)批判的に胸腺上皮細胞の発達に必要とされる2、3(のTEC)、胸腺間質の主要な細胞型4、ここでは、強制することを示しFoxn1発現は機能的なTECは、胚芽層の境界を越えて無関係な細胞型への線維芽細胞をreprogrammeするのに十分である。

これらFOXN1は TECを(iTECs)は両方の効率的な開発、サポート誘発CD4 +およびCD8 + T細胞のin vitroでの。移植では、iTECsがTをサポートするために必要なTECサブタイプのすべてを含んでいた、

完全な、完全に組織され、機能的な胸腺を設立β細胞分化およびT細胞とレシピエントの免疫系を移入。iTECsは、このように細胞の再プログラミングのアプローチは器官全体を生成するために使用できることを実証し、患者の免疫機能を高めるために胸腺移植の広範な使用の可能性を開く。

Photo

≪図の説明が・・・・≫

≪参考文献が続く≫

Patentorf

Continue reading "≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪胸腺という臓器≫≪免疫細胞の成熟に関わる臓器≫≪世界初の人工的臓器の再生に成功≫"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« August 24, 2014 - August 30, 2014 | Main | September 7, 2014 - September 13, 2014 »