« October 12, 2014 - October 18, 2014 | Main | October 26, 2014 - November 1, 2014 »

≪情報や本舗≫≪インフルエンザ治療薬⇒エボラウィルス治療薬≫≪アビガン=ファビピラビル≫

Images_22
アメリカはFDAが新薬の承認に向けすでに動きだしているというのに、今日25日になって患者の同意が得られれば使用を認めると

どうやら、その理由とも取れる記載があった⇒高い致死率の病原体(含むエボラ)も扱える、バイオセーフティレベル4の施設、国立感染症研究所が、住民の反対により、レベル3の病原体を扱う施設としてしか稼働できていない現状

Images_17

エボラウイルスなどに対対応できる設備があっても、治療薬の実験やワクチン開発の実験実施として態をなしていない

富山化学工業がインフルエンザの新治療薬として開発した「ファビピラビル(商品名:アビガン)」が、猛威を振るうエボラ出血熱の治療に利用できると、ヒトに使うことを申請するためFDA(米食品医薬品局)と協議しているとのこと

Images_29


フランス「アビガン=ファビピラビル」の臨床試験を開始すると公表。先ほど、スペインのエボラ感染患者の女性看護婦がこの新薬を臨床で使用してところ、無事に回復して退院したとのニュース放映が!

【ファビピラビル(商品名:アビガン)】の特徴

Sp09051508thumb390xauto_2


「ファビピラビル」はインフルエンザ治療薬として、日本では承認されています。ウイルスというのは、自分の力だけで増殖できず、宿主細胞を乗っ取ることで増殖するという性質を備えている。

インフルエンザウイルスの増殖自体を抑制する作用を有し、薬の投与開始が遅れたとしても効果を示すことが、一方「タミフル」は感染して2日以内に処方することが求められる

107_2014_b1carsonebolaloc8201_s877x
「ファビピラビル(商品名:アビガン)」は、細胞内にウイルスを閉じ込めるこれまでの薬と違い、ウイルスの遺伝子の複製を妨げて増殖を防ぐ。このため、タミフルやリレンザといった薬が効きにくい耐性ウイルスに使える可能性がある。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪インフルエンザ治療薬⇒エボラウィルス治療薬≫≪アビガン=ファビピラビル≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪エボラウィルス≫≪ベン・カーソン博士≫≪感染ルート≫

Images_9

いまだ日本には感染者が出ていないが、世界中に蔓延しつつある、怖いウィルスが出てきたものであるその名は「エボラ!」⇒「エボラ」の名は発病者の出たその地域に流れるエボラ川の名をとって命名されたそうだ

ヒトにも感染し、かなり高い死亡率を持つ種類もあり、人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つと言うことあがわかっている

【後述のドクター「ベン・カーソン」のFBに公開の画像!】
107_2014_b1carsonebolaloc8201_s877xター


初めてこのウイルスが発見されたのは1976年のことで、自然宿主の特定には至ってはいないが、どうやらコウモリではないかということが有力視されている

エボラウイルスの感染力は強く、基本的に空気感染はしないが、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないと考えられている。

Images_30

すなわち患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などからの飛沫感染が原因となる。また死亡した患者からも感染するという始末に負えないウィルスである・・・いまのところは終えない!(撲滅)し追えない(宿主の解明)

エボラ出血熱ウイルスに対するワクチン、ならびにエボラ出血熱感染症に対する有効な医薬品などは確立されておらず、エボラ出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があることから、元患者の血液や血清の投与が唯一の有効な治療法とされている

次期アメリカ大統領選に立候補を宣言し、運動を続けているドクター「ベン・カーソン」はメディア媒体を使いコメントを出しています

Images_34

私はパニックを誘導する気は毛頭ない、私たちは、いくつかのウイルスが突然変異を起こすことが知られていることを認識しなければならない、その彼らが、より毒性の強い作る。

エボラウイルスが、さらに病理学的に影響が強くなった場合、現在承認されている人間の生命のその後のパニックや破壊がはるかに、現在承認されているものを超えて行くでしょう。アフリカの制御体制下の下であっても、いくつか発生している緊急事態であることを意味している

おそらく、私たちはアフリカのエボラの拡がりを停止させ、地球から根絶に集中する必要があります!

Images_31


対テロ戦争のように、私たちはここで、それと戦うために必要とする可能性を減少させるために他の場所でそれを戦う必要があります。

アフリカの生活は、どこか他のアメリカの生活のまたはすべてのビットとして貴重であり、この人道危機は、全世界のための巨大な健康への影響を持っているからです

病気のすべてのコンポーネントがより慎重に研究することができる場合には、いくつかの当局者が言うように、ここに戻って感染した個体を持って来ることは治療法を見つけることにつながる知識の習得を促進なら、なぜ流行の核心により研究者と設備を輸送しない劇的プロセスを加速


エボラ感染率と死亡者数は、アフリカ大陸で急速に上昇し続けているため、私たちの多くは、私たちが、この致命的な病気からアメリカ人を保護するために取った措置と自己満足になっている。

【アメリカが選考した上で,先行して取り入れようとしている、日本で開発の新薬(富士フィルム系の富山化学が開発)を日本では先駆けて承認しないのは、なぜでしょう?相変わらずの後手!誤手?にならなければ好いのですが・・・・】
Images_33_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪健康博覧会≫≪ポールゼイン・ピルツァー≫≪ウェルネス革命≫

Images_27

高齢化が進むなか、エイジングケアの健康食品や化粧品の市場投入が加速している。総務省が、発表した人口推計によると、65歳以上の高齢者は前年比110万5,000人増の3,189万8,000人で、全体の25%を超えることとなった。

Images_29

また中高年層の消費行動が活発化していて、「レジャー白書2014」では、フィットネスクラブの会員数が史上最高を記録し、その市場をけん引するのが60代女性であると報告している。

この記事を読んだ途端に,「ポールゼイン・ピルツァー」が著書≪ウェルネス革命≫で言っていたことが、またまた
事実となった!

Images_28

かつて”SUV”(スポーツ多目的車)の世界的な流行&”パーソナルコンピュータ”の普及&”インターネット”の利用拡大などを予測し、見事に的中させた経済学者さんです

その著書の中で、当時流行はじめたフィットネスクラブが高齢化社会の中で健康維持を求める人たちによって急増するであろうと予測していたのですから、・・・・凄い人である!

【もっと詳しく読む!】

来年2015年3月11日~3月15まで東京ビッグサイトで「健康博覧会」が開催される。エイジングケア市場ではサプリメントのほか、機能性化粧品の占める割合も高い。

国内の化粧品市場が2兆3,000億円前後で売り上げが伸びないなか、エイジングケア化粧品市場は拡大傾向にあるようで、エイジングケアが最も伸びているカテゴリーであるとのこと

Hanngao


機能性エイジングケアでは、シミやシワ、たるみ・クスミなど老化に伴う肌の回復改善、紫外線による肌へのダメージを軽減するもの、ターンオーバーの乱れに伴う肌トレブル

2011年からアメリカで驚異的に売り上げを伸ばしダイレクトセリング協会から年間最も優れた会社との評価を受け、ここにきてアメリカにおける民放放送ABC・CBSニュース番組で「マジック・クリーム」として取りざたされている


≪右下のアイコン二つ目をクリック!字幕が≫


エイジングケア化粧品は35歳以上をターゲットとする商品が一般的だが、20代後半や30代前半のアンチエイジング意識の高まりから、ターゲットが拡大している。

Photo来年2014年に日本でも発売の予定だそうです!アンチエイジングスキンケアー・・・「マジッククリーム」の詳細はクリック!⇒【Optimera=オプティメラ】


Images_7


Continue reading "≪情報や本舗≫≪健康博覧会≫≪ポールゼイン・ピルツァー≫≪ウェルネス革命≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 12, 2014 - October 18, 2014 | Main | October 26, 2014 - November 1, 2014 »