« October 26, 2014 - November 1, 2014 | Main | November 9, 2014 - November 15, 2014 »

≪情報や本舗≫≪この難問どう解くのか?物理学、数学、政治学の生徒たちの解答は・・≫

Imagesdesuku

物理学、数学、政治学を、それぞれ学ぶ学生3人に、共通の宿題が出された。各人に150ドルを与え、そのお金を使って、とあるホテルの高さを出せという問題でした。


3人の学生は、問題を聞くとすぐ走り去り、それぞれ方法をいろいろ練ったのですが?

Dash_mail2

まず、物理学の学生は、150ドルでストップウォッチ&ボールベアリング&計算機を買って、屋上に行き。

そこからボールベアリングを落として舗道に落下する時間を計り、抵抗を計算しながら高さを割り出した!
終わったのは深夜だった。

Dash_mail2

次に数学の学生は、太陽が沈むまで待って、150ドルで買っておいた分度器&鉛直定規&巻尺&メモ帳を取り出して、ホテルの影の長さを測った。

地面からホテルの屋根への仰角を測定し、三角比でホテルの高さを割り出した!終わったのは深夜だった。

genntleman.gif


翌日、宿題で深夜までかかって、疲れ果てた2人が学校に行くと、政治学の学生が、にこやかに爽やかに佇んでいる。

「きみ、宿題は出来たのか?!」

「出来たよ!」

「どうやって!!?」

「ホテルのボーイに10ドル渡して、ホテルの高さを聞いたんだよ!残ったお金でホテルに泊まり、美味しいワインを飲みながらユックリとくつろぐことが出来たよ」


Images_2


Continue reading "≪情報や本舗≫≪この難問どう解くのか?物理学、数学、政治学の生徒たちの解答は・・≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪2015年アジア展開スタート≫≪創業3年目で400億円達成か≫

Fullsizerender300x192
≪よくある質問≫ ≪体感レポート≫≪試してみます≫≪使い方≫

2014年10月!全米のプリファードカスタマー(愛用者)とブランドパートナー(ビジネス)がロングビーチ【カリフォルニア】に集まりました。つい6ヶ月前に「 GET REAL 2014 セントルイス」で多くの人が集まったばかりです。

Screenshot20140930at43436pm

今回はなんと18.000名!会場狭しと満席の熱気ムンムンだったそうです、創業3年目の会社ですよ、そうそうお目にかかれるものではありません・・・きっと、マーケティングがかつてない魅力あるプランなのでしょう・・・【画像クリック!拡大】

そんな会社が2015年の第一四半期(1月・2月・3月)にアジアにオープンするという、下記のグラフをご覧下さい!


1年目で100ミリオンドル(100億円)の売り上げ達成!マイクロソフト社・・・35ミリオンドル(35億円)、アップル社・・・20ミリオンドル(20億円)、グーグル社・・・8ミリオンドル(8億円)と、突出しています!


Img_8697300x200

ネリウム・インターナショナル社は記録ずくめの驚きの会社なんです。それは一日一回使うだけの商品です!アメリカ一カ国だけでの売り上げです!そして2012年度四半期全体の売り上げだけで


今回、四半期に一カ国をアジアを始め、世界に向けてグローバルな展開が進むことが発表されました。

【電光掲示板には30.000人(アメリカの人口)プラス新しいアジアの国の人々!と表示された瞬間、大歓声が・・・・・】
10407407_800841063336701_7022618353

このビッグなチャンスにビジネスパートナーになれることを、スルーされるはずはないですよね!

第二四半期(4月・5月・6月)にカナダのセントルイスでの大会に居合わせた方の公開サイトにこのような記載がありました、

PhotoPhoto_2Photo_2Photo_2

日本に厳しい薬事法があるようです、グローバル展開をするにあたって国際法基準商品が必要になったのでしょうね

70726f647563742f32303134303730395f3

ネリウムAD主成分であるネリウム・オレアンダー(夾竹桃)に代わるせり科の多年草植物「 センテラ・アジアティカ ツボクサ(Centella Asiatica)」からの抽出エキスがオプティメラの主成分です。

オプティメラ(Optimera )は、これ1本で輝きや弾力、そして滑らかさを取り戻すという画期的な国際法基準商品なのですよ

Images_7

オプティメラ発表の最初の言葉が「我々は再び、一歩踏み出しました!」「途轍もない製品かもしれないよ!」

これだったのです。つまりは「ネリウムADと同じ、画期的な結果を生み出すグローバル商品「オプティメラ}を作ることに成功した!」「また凄いものが出来たよ!!」という言葉が第一声だったわけです。

実際にテストをしたところネリウムと同じ「1ヶ月で30%以上の効果」が実証されたと聞いています。

PhotoPhoto_2Photo_2Photo_2


1520605_756245281090667_64535580034

【こんな情報も飛び込んできました!】


注目の話題と言えばやはりアジア進出についてです。”日本進出はいったいいつになるのか??””韓国が先?それとも日本??”などなど...........

そもそも、この大イベントではアジア進出についてなんらかの発表があるとの噂があったのですが、残念ながらメキシコに継ぐ次の国名の発表は行われませんでした。

しかし、日本語、韓国語の商材の製作が始まっていると言う発表がありましたので、日本上陸へ向けて着々と準備が行われている事は確実と考えて良さそうです♡

Continue reading "≪情報や本舗≫≪2015年アジア展開スタート≫≪創業3年目で400億円達成か≫"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪東京大学医科学研究所≫≪糖鎖≫≪感染を防御≫≪腸管上皮細胞≫

C6c9c7e4bfb7cab91

先月、糖鎖の最新情報の発信があった。ここに来るまで、研究技術が未発達で複雑な糖鎖研究は、細々と続けられてきて、また解析技術も未発達であったため研究が難しかった


0701


2007年にはfグリム童話になぞらえて「ようやくシンデレラは舞踏会で王子様とダンスを踊れるようになったんです」と糖鎖研究では第一人者の谷口直行教授が語るように、糖鎖研究は注目を集めつつある

Logo
東京大学 医科学研究所・科学技術振興機構(JST)からの最新の糖鎖情報(平成26年8月22日)とは


  腸管上皮細胞に発現している糖鎖が、病原性細菌の感染を防御していることを発見した。

  腸管上皮細胞に発現している糖転移酵素は、病原性細菌・ウイルスといった病原体の感染、クローン病などヒトのさまざまな疾患に関与している。


  自然リンパ球による腸管上皮細胞の糖鎖修飾機構を応用することで、感染症やさまざまなヒトの疾病に対する予防や診断、治療法の開発につながると期待される。

Photo


【記載記事サイト】免疫細胞による新たな感染防御機構の発見

この最新情報と前後して、あの科学雑誌「ネイチャー」に感関連する記事が≪免疫のカテゴリー≫に機能を介して8つの糖鎖のうちの一つ「フコース」、そのフコースが小腸上皮でフコシル化が誘導されることを明らかにした。

【ネイチャー】免疫学: 腸内微生物にとって良い宿主


Images_26

フコシル化したタンパク質の一部は腸管内腔へと放出され、フコースはそこで遊離されて腸内微生物相の栄養源となり、感染力を高める⇒腸管上皮細胞に付加されたフコースはサルモネラ菌の感染を防いでいる

そして、ついにここまで研究が進んできたのだ⇒細胞膜の特定の位置にあってこそインスリン受容体は機能する。


Continue reading "≪情報や本舗≫≪東京大学医科学研究所≫≪糖鎖≫≪感染を防御≫≪腸管上皮細胞≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 26, 2014 - November 1, 2014 | Main | November 9, 2014 - November 15, 2014 »