« November 30, 2014 - December 6, 2014 | Main | December 14, 2014 - December 20, 2014 »

≪情報や本舗≫≪幹細胞≫≪再生医療≫≪自然治癒力≫

Images_13

再生医療のTV放映が、2月12日【日】18;30よりTBS系テレビ局(2006)にてありました!

といっても世界中が最初は驚き、後には落胆させられた、韓国の黄教授の例もありますが?また身近な札幌医科大学の再生医療は以前NHKで最前線ということで紹介もされていますし!(NHK教育「サイエンスZERO」で放映)


Photo

以前にお気に入りに入れておいた、損傷した心臓を幹細胞の移植によって劇的に回復という記事を探してきましたので情報公開します!AP通信が協力のコメントですから「ガセネタ記事」では有りません!

img_01_02_02


【損傷した心臓、幹細胞移植で劇的に回復】(上)
16歳の少年、ディミトリー・ボンビルくんは、自宅で日曜大工作業中に誤って電動釘打ち機(ネールガン)で心臓に傷を負ってしまった。

外科手術を受けたが、深刻な心臓発作を起こすなど症状が思わしくなく、医師たちは両親に心臓移植が必要だと伝えた。

だが、ひとつだけ別の治療法の選択肢も紹介した。それは、人間では前例のない幹細胞治療法によって損傷した心臓の組織の再生を試みる提案だった。

Images_1

両親は同意し、その技法が試みられた。その結果は、従来の幹細胞治療をめぐる議論を根底から覆しかねないものとなった・・・・続きを読む↓

(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030314304.html

(下)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030317308.html     こちらのお話は2003年で旧情報!

この再生医療は自分自身の骨髄細胞を取り出してご自身の体に戻すという再生ですから「クロン細胞」の再生とはまったく違いますよね!新旧の情報ということでは、2006年で新情報!です!(2006/12/13 05:09)

Photo_2

2014年最新情報として、この分野にても再生医療?に関わることが・・・・・・?有るのですよ!

≪大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科≫での最新医療情報です


自分の心臓では生命を維持できないほど心機能が悪化した患者さんでは、補助人工心臓を装着し、心臓移植を待つ以外に治療法はありません

Images_2_4


従来の治療にかわる治療法として、再生治療が現在世界中で注目されつつあります。、足の筋肉から採取した筋芽細胞をシート状にして心臓に移植する方法を確立しました。

この治療は人工心臓を装着された重症心不全の患者さんに行われましたが、患者さんは人工心臓が外せるほどに心機能が回復し、健康な人と変わらない生活を・・・

【本文】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪幹細胞≫≪再生医療≫≪自然治癒力≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪凄い!芸術は爆発だ≫≪岡本太郎≫≪大阪万国博≫

Images_21

FBで下記の動画を観たとき、頭をよぎった言葉・・・⇒「芸術派は爆発だ!」だ1970年(昭和45年)に大阪で万国博覧会が開催が決まり、テーマ展示のプロデューサーに主催者は岡本太郎に依頼した


Images_9_2

承諾した”太郎さん”は、「とにかくべらぼうなものを作ってやる」と出来上がったのが、当時の知識人・見識人たちから

「牛乳瓶のお化け」「日本の恥辱」などと痛烈な批判を浴びた総高70mのあの「太陽の塔」である

コチラは観た方たち全員がスタンディングの拍手喝采である。大変失礼なことではありますが、はっきり申し上げて落書きでもしているのだろうかな?と思ってしまいますよ

ところが、ところが、それには最後にパフォーマンスの「大どんでん返し!」が待っていました・・・

投稿 by Mabel Katz.

”太郎さん”は「神像のようなものを造った」と「太陽の塔」が「生命の木」である構想を想定内に創りあげ、投げて,ぶつけて,てで塗りこめて、遠目で見ての完成芸術が想定内に・・・・どちらも凄い!凄い!

Images_18

1970年代以降、テレビなどにも出演していた「太郎さん」、「鶴太郎のテレもんじゃ」にレギュラー出演していて、番組内で共演した片岡鶴太郎の芸術家としての才能を見出していたそうである

この写真!似たところがありません・・・・・

1


Continue reading "≪情報や本舗≫≪凄い!芸術は爆発だ≫≪岡本太郎≫≪大阪万国博≫"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 30, 2014 - December 6, 2014 | Main | December 14, 2014 - December 20, 2014 »