« July 2015 | Main | September 2015 »

≪情報や本舗≫≪サルパ・マッジョーレ≫≪魚なのか?クラゲなのか?それともクリオネなのか?≫≫

Cdesuku


フェイスブックで、花びらが朝霧を吸ったり、雨滴に触れrた時に、透明(スケルトン)になる白い花(サンカヨウ)の書き込みをしている矢先に、ニュージーランド(NZ)のカリアリ沖で、魚なのか?クラゲなのか?謎の海洋生物が

見つけたのは猟師さんで、水の中では透明&シースルー度は下記の動画でご覧にいただけるように、クリオネのようだ
Images_6


ほとんどその謎が解き明かされていないというのが現状ではあるが、名前だけは分かった⇒サルパ・マッジョーレと言うらしい

他に、わかっていることは、無脊椎動物で、南極の海のような、冷たい海に生息しているということ、また形状は樽型でゼラチン状、移動は水を吐き出しながら泳ぐらしい


201312222oseoosarupa     Images_9
【クローン化して連鎖して移動】   【カエルの卵に似ているでしょう】

水を自らの体内でフィルタのように綺麗にこして、プランクトンを主食としていること。そして最も特筆すべきは、餌が豊富なときはクローン化する、ということです

それよりも、このの素晴らしいところは、複製機能だ。食べ物が豊富にあるときに、自分の複製、クローンを作ることができるというのだ。

クローンは多細胞生物の中で最も早いスピードで成長するらしい・・・・


いくつもの個体がつながった連鎖個虫群から、単独個虫が生まれて、その単独個虫が連鎖個虫を生むというサイクルをたどるそうで、その生態はカエルの卵に,似ている

【クリオネ!】

Images_10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「東都三ツ又の図」≫≪スカイツリー≫・・・パート①

Tokusyu01


奇想天外な浮世絵が多く、日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで、2010年にはニューヨークのジャパン・ソサエティー・ギャラリーで大規模な展覧会が開催!


Images_123


そして2013年秋にイギリスの大英博物館で浮世絵【春画だけ】を一挙150点を大公開した中にも「歌川国良」の浮世絵(春画・あぶな絵)!が

≪イギリスの大英博物館で浮世絵【春画=あぶな絵】を大公開!≫

2015年!春画は出展なかったが、浮世絵展示公開が現在札幌芸術の森美術館にて開催された

41hc4issegl_ac_ul320_sr226320_

国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている


パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品を画くことで大衆の喝采を浴びたのが歌川国芳なんです


      【東京新聞の掲載記事!】
C0119160_1231656


東日本大震災の前に、浮世絵に「スカイツリー」が予言されてる?と話題になりました。海外でも国芳の浮世絵がクローズアップされ、再評価されて、”奇想の天才絵師”と呼ばれ

それは、隅田川界隈を書いた浮世絵「東都三ツ又の図」の中に、東京スカイツリー(電波塔)を予知していたかのような“謎の塔”が、隅田川を描いた浮世絵に残されていた

Aa31305ba352eab503d6a89f9c533db5_2 【画面拡大!クリックしてください・・・】  

国芳が書いたと言われる場所は、今で言う 日本橋中州付近 らしい

対岸に見える小さな橋は、当時!永代橋の北側に3つの堀?か、水路?が在り、そこに掛かっていた橋うちの1つでは?と

どうです?拡大画面にするとよく分かるでしょう、小さな橋が見つけられましたか・・・


Ad3ecb13d7a33fac6d29422275695a0f 

塔の横にある、 もう一つの背の低い塔!これは記録にもあるそうで火の見櫓 とのことです

火の見櫓の高さは、当時!10m(3丈2尺)と決まっていたそうですから、謎の塔を比較して推定すると2倍半ほど、さするに、その高さ25mになりますか

     【拡大してみるとまさに電波塔!】Img_150461_4605474_3210x300


当時は江戸城より高い建物は建ててはならなかったのだそうですから、この高さの”やぐら”は、実在しないわけで、天才絵師のなせる歴史ミステリーですね

Images【この画像は石油掘りのやぐらです】


推測の域は出ませんが、一時的に建てられた『井戸を掘る為のやぐら』ではないかと言うのが現代の有力説のようですよ?


Photo_22011年3月11日に発生した東日本大震災 このニュースサイトの日付をご覧ください・・・なんと2011年3月5日ですよ

その6日前に180年前の江戸の「井戸掘りやぐらの浮世絵が参照絵として紹介されていたのも・・・・?

Photo

さてさて、歌川国芳にはもう一つ予知をしていたと思われる「東都御厩川岸之図」で人物が何げなく持っている番傘に記された「千八百六十一番」という謎の数字が、途轍もない話題を呼んでいました

Kuniyoshi003_main_2

こちらはパート②にて書き込みします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪玉音放送録音盤秘話 ≫≪日本のいちばん長い日≫≪宮城事件=クーデター≫≪中村天風≫≪戦後70年≫

Images


今年の夏は、戦後70年を迎え、メディアでは多くの特別番組をいつに無く放映していた。また映画「日本のいちばん「長い日」のリメイク版の公開上映に、合わせたかのように終戦の詔勅「大東亜戦争集結に関する詔書」ー玉音放送の原盤が発見されたと公開された!

8月1日に宮内庁から、その玉音放送の原盤ノーカット音源がこれだ・・・・

あらためて、昭和天皇の心底・心痛はいかにかと、映画「日本のいちばん長い日」のリメイク版でも昭和天皇の戦争の終結の詔勅に至るまでの思いが画かれている


以前にも≪終戦玉音放送録音盤秘話≫と見出しに、いまだ誰もがご存じない、昭和20年8月14日の夜中に起こった大きな事件が、日本のしかも宮城(皇居)の中で起こっていたので宮城事件(きゅうじょうじけん)と!・・・


多くの方のご存知の”五一五事件”だとか、”二二六事件”などと同様の若き青年将校を中心としたクーデター事件と言っても過言でないと考えられる

6caghiao7caw1f9jecac6u1zvcalexslaca


さて、さて宮城事件(きゅうじょうじけん)とは、1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日(日本時間)にかけて、一部の陸軍省幕僚と近衛師団参謀が中心となって、御前会議でポツダム宣言の受諾が決まると、終戦に反対し、徹底抗戦を叫び日本の降伏を阻止しようと起こしたクーデター未遂事件である

■封切り中の映画「日本のいちばん長い日」を見る方は、是非ともここからの書き込みをお読みください
Ph_1_1【皇居前を行進する近衛師団兵・・・】

戦争終結を良しとしない陸軍省幕僚と近衛師団参謀たちが、近衛師団を動かそうとして、森近衛師団長に、蜂起に加わるよう説得するも、これを強く拒否。将校たちに殺害されてしまう・・・なんと天皇を守るべき近衛師団がですぞ

Ph_1_3

そうして近衛師団長の印を使い、偽造の命令によって近衛師団の部隊を動かし皇居を占拠し、外部との遮断を実行し、さらに、天皇が終戦の詔勅の「玉音放送」の録音盤を奪おうしたのだが、見つけられないまま、クーデターは陸軍東部軍管によって鎮圧された

クーデターは未遂に終わり翌日の正午、玉音放送が行われ、終戦の事実はラジオ放送を通じて、国民に広く伝えられた
________________________


C413f89d23a9b578df8b10034a34c843212

伝えられている事実は、表面のある一部の事柄だけで、実際的な事は誰も知らないがために、知らない事はなにも報道されずに、誰も知らない事を知っているのは、私一人なのでありますと

昭和35年8月13日 神戸修練会での中村天風翁が口演された内容を、平成に年号も変わり、中村天風翁に関わる重大な秘話でもあると、アメリカ在住の天風会会員「野口五十六」さんが、所有の講演テープ(もちろん肉声である)をテープお越ししたものを、終戦玉音放送録音盤秘話とし公開していただいたものである・・


Photoこの件の詳細は⇒http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b2d5.html

Tcacmi5fgcau6js7lcafo5xipcabxrc3zca

野口五十六さんのお話によると、クーデターを未然に防いだと言える時の天風翁の活躍は、まさに秘話中の秘話である。昭和も遠く、歴史も風化し、いつまでも秘話として封印せずに史実として残して置くべきものと考えた故、これまで会員の間だけで秘話として拝聴してきたテープ起こしの公開に・・・・

ただこの講話だけですと事件の前後関係がわからず、なぜ天風が終戦前夜にたまたま宮城(皇居)に居合わせたのか、理解できないと思いますのでその背景を補記しました。
Photo

天風は秘話のなかで終戦前夜にたまたま宮城に居合わせたと言ってますが、これは天風独持の粋からくる美意識でして、けしてたまたまそこに居合わせたわけでありません。

終戦前夜8月14日から15日にかけて極限状態にあった宮城内に、たまたま居合わせたなどあり得ぬ話しですし、そこには明らかに必然性があったはずです。


Aatp40


見つけられなかった二枚の録音盤は皇后宮職事務室から運び出された、その運搬に際してもいかにも正式な勅使らしい偽物を仕立てつつ、本物は粗末な袋に入れて木炭自動車で運搬するという念の入れようであった


決起した若き将校たちは宮城内(皇居内)を必死に隈なく録音盤を、探し回ったがついに見つけることが出来なかったのです、教科書に載らないこと自体が不可思議な話ですよね

芥川龍之介が言うように、「運命は偶然よりも必然的であり、運命はその人の性格の中にあります」。天風がこの歴史的な一夜に遭遇したのは、けしてたまたまではなく、そこには天風が心に秘めた熱い至誠といくつかの伏線がありましたと

A8ia4fi

【本編】   日本のいちばん長い日
        (2011年6月19日

【本編】 終戦玉音放送録音盤秘話 
     (昭和35年8月13日 神戸修練会)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪現代食の栄養不足≫

Images


ここ数年!糖質オフとか糖質ダイエットとか、数多くメディアに取り上げられてきたが、やみくも【闇雲と書く】の糖質制限は、果たして間違っていないだろうか?

三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質のうち、炭水化物に含まれる糖質の摂取を減らすと人間の体は、エネルギーが不足気味になるのです

Images_2

糖質の糖でも、甘くない糖!と、これからの世界を変える可能性のある1 0個の新しいテクノロジーの一つであるとマサチューセッツ工科大学でも紹介された、グライコミックス(=甘くない糖のテク)

そのグライコミックスをエリカ・ジョネス(Erika Jonietz )博士が著書の「甘くない糖」の中で、■現代食の栄養不足■ と言う章で、次ぎのように記載している・・・以下引用

1


_____________________________


人間の体が正しく機能するためには、水、ビタミン、ミネラル、酵素、たんぱく質、脂質および炭水化物を必要とする。我々が食べる食物はこれらの主要栄養素を供給する様々な源からできている

栄養補助食品は、我々の生活が農場から離れファーストフード主体になってしまったために、今となっては必須のものとなった。必須の糖質の中で2つだけが現代の食事から得ることができる。昔はもつと多くの糖質を摂ることができた

糖質がたくさん含まれている世界の植物は“癒しの植物”として知られている。糖質栄養素は以下の形態で見つけられる

アロエ、キノコのある種、エキナシア(薬草)、レンゲ属、イースト菌、とうもろこし、樹液、さや、果物のペクチン、ガム、母乳、ある種の藻、にんにく、ココナッツの果肉、ある種のハーブ糖の働きを解明できれば近代医療の発展にばく大な影響を及ぼすことができる。

そして、その医療の発展は薬物の改善やガン治療という程度のものではなく、それをはるかに超えるものである

研究者たちはいかに糖がパーキンソン病やアルツハイマーやエイズ(AIDS)やヘルペスのような感染病に影響を及ぼすかを調査している。糖は幹細胞の研究、臓器移植および組織工学技術の分野にまで影響を及ぼすことになるだろう。

もし、これらの有望な研究領域において成功を立証できたら、“糖の薬”は全く別の意味をもつようになるだろう

(引用:Erika Jonietz “Glynomics” in Technology Review 10/2001)


0512hockfieldx116

______________________【エリカ・ジョネス博士】⇒

Continue reading "≪情報や本舗≫≪現代食の栄養不足≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪膵臓ガンのリスクを?≫≪コーヒーが軽減!≫≪大腸ガン&肝ガンものリスクも≫

Baner02
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


、国立がん研究センターや東京大の研究チームがコーヒーや緑茶を日常的によく飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて病気などで死亡するリスクが低いとする研究データ結果を公表した

4a1ebfcb

19年前に肝臓がんなどのリスクを低下させるとのデータを2015年の今年になって、長生きする可能性が高まったとの報道が広まったのでしょうね・・・・当ブログの2009年の書き込みに同様の記載記事が!

【朝日新聞デジタルの発表記事】

____________________________


004

全国に住む40~69歳の男女約9万人に対し、コーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかを、ほかの生活習慣などと合わせて質問し、経過を約19年間追った。この間に約1万3千人が亡くなっていた。

コーヒーや緑茶をよく飲む人は死亡率が低く、コーヒーを1日に3~4杯飲む人ではほとんど飲まない人に比べて、死亡リスクが24%低かった。緑茶は1日1杯未満の人に比べ、1日5杯以上飲む男性で死亡リスクが13%、女性で17%低かった。どちらも、死亡のリスクにかかわる年齢や運動習慣などは影響しないように統計学的に調整した。

(コーヒーや緑茶、1日数杯で長寿効果 19年間追跡調査:朝日新聞デジタル 2015/05/07 11:31)

____________________________

内容は、次の通りでコーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡する危険性が4割ほど減るとの研究結果を、国立がん研究センターや東京大などの研究チームが7日、公表した。がんによる死亡との関連は見られず、全ての死亡の危険性で比較すると24%減だった。


_news333_2

厚生労働省研究班がコーヒーを1日に3杯以上飲む男性は、ほとんど飲まない男性に比べ、膵臓がんになる危険度が低いとの疫学調査結果を発表したのが、10年も前の2009年のこと

ここにきて、コーヒーの効能がクローズアップされてきていて、コーヒーを飲むことで”長生き!”の可能性が高まってきました・・・死亡リスクの低下ということでしょうね

米国立がん研究所のデータでは、1日2杯以上コーヒーを飲む男性は死亡リスクが10%低く、4~5杯飲む女性は16%低かった

Images_1

2007年にはこのような調査がおこなわれました全国40-69歳の男女約10万人を対照として、1990年から平均約11年の追跡期間中に233人が 膵臓がんになった年齢や喫煙などの影響を取り除いてコーヒー摂取量との関係を調べたところ

ほとんど飲まない男性が膵臓がんになる危険度に比べ、1日に1-2杯飲む男性の危険度はやや低く、コーヒーを1日に3杯以上飲む男性は、

Images_2

膵臓がんになる危険度が低いとの疫学調査結果で、よく飲む男性ほど危険度が下がる傾向があった。(2007年10月5日の中国新聞・・・日本の新聞ですよ)

日本でも10年間で5000人以上を調査した結果、コーヒーを1日2杯以上飲んでいる人は飲まない人に比べて死亡リスクが半分に低下していたという報告があります。

Coffeeshop⇒【レーチェルのコーヒー


調査は、全国40-69歳の男女約10万人を対照として、1990年から平均約11年の追跡期間中に233人が 膵臓がんになった年齢や喫煙などの影響を取り除いてコーヒー摂取量との関係を調べたところ

004


ほとんど飲まない男性が膵臓がんになる危険度に比べ、1日に1-2杯飲む男性の危険度はやや低く、コーヒーを1日に3杯以上飲む男性は、膵臓がんになる危険度が低いとの疫学調査結果で、よく飲む男性ほど危険度が下がる傾向があった。(2007年10月5日の中国新聞)

他にも【厚生労働省研究班の調査では女性の大腸ガン・男女の肝ガン予防・生活習慣病の改善等々!】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪歌川国芳≫≪浮世絵武者絵≫≪浮世絵あぶな絵≫≪本舗≫

Photo_3Images_9

http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-47d1.html

教科書に掲載されるような日本画の画家が 知らぬ人も多い⇒春画・あぶな絵を描いているのです 今回決してはずせぬ その「「浮世絵・春画・あぶな絵・・・」を追加しました 春画ファンにとっては必知・必見です

           ______________________

Tokusyu01


歌川国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、ありとあらゆるジャンルでの作品を残しています、ここからは、ネットで集めた国芳さんの春画を鑑賞しましょう

ただし、お断りごとが、あります武者絵の後に歌川国芳のあぶな絵があります・・・こちらは元服前の男女16歳以下にはご配慮をお願いしたく思います⇒≪R-16指定≫

3_4

国芳は幼少の頃から絵を学び、7、8歳では、多くの著名作家の武者絵を写し、12歳で描いた「鍾馗提剣図」を「歌川豊国」の目にとまり、なんと15歳で入門したそうです、その武者絵!三国志にまで及んでいる


Photo
            【剣豪・宮本無三四】


220pxeight_hundred_heroes_of_our__2
             【豪傑・自来也】

Photo_3
             【剣豪・・・・・・・】


        【源頼光・・・妖怪ウオッチ?】


Photo_4
           【歌舞伎・市川海老蔵】

Photo_11
              【豪傑・自雷也】

Photo_12
    【五条の橋・・下駄の歯で、大刀の刃渡り!牛若丸】


Kuniyoshi_5_thum
   【牛若丸ときたら、弁慶なくば片手落ち・・・若かりしむさい坊の若武者ぶり】

Photo_13
       【坂田の金時・・・マサカリ担いだ金太郎】

Kuniyoshi_13_thum
【江戸に実在した商人天竺徳兵衛が、何故か四代目鶴屋南北の歌舞伎で、ガマガエルを使役する妖術使いと?】

Mai01k321


Kuniyoshi_15_thum
【武田の軍師山本勘助が押さえ込みし、山中から雪まみれのイノシシ!】


Kuniyoshi_2_thum
【武田家勇将の一人 豊後守の勇将伝・・・この表現が150年以上も前とは!】

Kuniyoshi_9_thum
【上杉家の勇将で重臣・本庄繁長に弾が当たり、炸裂する盾の表現!同じく】


Kuniyoshi_16_thum
【猛将碓井又五郎と巨大な猿との格闘!猿の口から吐き出された炎が凄い】

Photo_9
  【通俗三国の華佗の医術で肘の切開手術を受ける関羽】

Images_6

なぜか?日本で春画は社会的にタブー視されてきた背景があって無修正のまま掲載されるようになったのは、平成になっての四半世紀に過ぎない 

          【修正というより隠しの構図!】・・・色っぽくありません

Cf0jm2ugaavxlj

Cg111aa

 【クリックで拡大!】・・・この足の描写で見えないところが、見えてきませんか!
Ce2  Cgml4   Cfaa 

春画・あぶな絵・まくら絵・笑い絵と、これは!ここまでは!と定義づけの議論は結構ですが、警察だって最近は交番は「POLICE」と書かれてある、ならいっそのこと、これら浮世絵も「SHUNGA」と、ひと括りにしてみては!

Photo

         【喜多川歌麿の「歌満くら】

Images_15


Images_13

20100503_690813


さてさて、ここからの春画の浮世絵は、昨年イギリスの大英博物館において公開された春画展と 同様に規制があります・・・16歳以下は保護者同伴といってもクリック!一つで入館できる?しからば画像クリック!はご法度ですぞ



【検索画像も同様で、お子様の目に触れぬようご配慮を願います・・・・・・】
【ここからは⇒16歳以下は保護者同伴でなければ⇒≪R-16指定≫】 

Images_9_3

0803101


       ≪国芳のSYUNGAはここより≫


Photo_2


Wahon117img600x47514198622492qgdmu8

Photo_3

Photo_6

        ≪ネット検索にて新たな画像⇒3枚の追加≫


Photo


Photo_2


Kuni_yosi

Images_18

        【思わず!ワ~ォと叫んでしまうわ・・・】


Photo_7

Photo_8

Photo_11


Photo_9_1


Photo_12


Photo_13


Photo_14

Img_04_03


Img_04_02


Img_04_01


131104shunga9_1


131104shunga9_1_3


Images_21


Images_15

まだまだ、続くよ・・・・

048_1


049


050


Photo


1


Photo_2


1_2


Photo_3


1_3


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫≪本舗≫

Photo_3

 

Photo_20190909124801

 

教科書に掲載されるような日本画の画家が 知らぬ人も多い⇒春画・あぶな絵を描いているのです 今回決してはずせぬ その「「浮世絵・春画・あぶな絵・・・」を追加しました 春画ファンにとっては必知・必見です

 

     

 

            【編集書き込み中】
Images_10_2Images_20_2 

 

春画とは?その語源とは?古代中国で描かれた絵図「春宮秘画」からではないかと!(春宮という皇帝が12人の妃と毎月別な女性と交わる方法を解いている絵図である)

 

Images_9

 

当時の古代中国には「男=(陽)と女=(陰)の子孫繁栄の交わりが、不老長寿や天下泰平につながる」という思想があったようだ

 

日本の古事記にもイザナミの「成り成りして、成り合わぬところ」とイザナギの「成り成りして、成り余っているところ」を刺しふさいで国を生み出す・・・の行(くだり)は「凹」と「凸」との交わりを描写している

 

4_2

 

古事記では、他にもアマテラスが天の岩戸にお隠れになったときも、この世に出てきてもらうためにアメノウズメという女史が、伏せた桶の上で、胸も局部もあらわにして踊ったことから、その仕草に観ていた神々が、笑い興じたことに、岩戸の中のアマテラスが、外で何事でも起こったのかと覗きみた、そのとき・・・・

 

Images_15   Images_18   Images_14

 

               【クリックで拡大!】

 

日本でも同じく、子孫繁栄を願うことでの、陰と陽!凸と凹との交わりから、春画・あぶな絵を嫁入り道具(枕絵)の一つとして、また魔除けや火事除け・災難よけのお守りとしたのではないでしょうか?

 

Photo_2

 

イギリスの大英博物館で浮世絵【春画=あぶな絵】を大公開!

 

の際に葛飾北斎に焦点を中てて書き込みをしたのですが、

 

Tosigayotte

 

”奇想の浮世絵師”と特に海外で人気を博している「歌川国芳」の浮世絵をグーグル画像検索で蒐集中に、多くの春画も見られ、別途の書き込みです

 

Photo_3■別途の書き込み「国芳の春画!」は最後にリンク

 

雑誌「和楽」に綴じ込み付録が付いていて、すべてが、局部を誇張し、無修正だったそうです、とにかく浮世絵の春画は、大胆に拡大拡張して描かれた局部!男女ともに誇張され細部が細かにに表現されている

 

 

        【歌麿の「・・・・」という代表的な浮世絵】
Images_12

 

 

 

 

こうした春画は、交わり(凸と凹)を強調するためか?手足を不自然に曲げたり、伸ばしたり、その身を不自然にもねじれさせたり、中にはとても実際にはにはありえないアクロバットなポーズも多く、まくら絵=枕絵の語源もこのあたりでしょうか?

 

 

       【インドの愛の経典=カーマスートラ】

 

15465317354_63bd9f306e_z

 

 

 

 

≪馬鹿夫婦 春画を真似て 手をくじき≫
といった川柳も詠われていたそうですよ

 

 

 

Bc2d7eabe792dc6c830aee3c20bdcedb121

 

その綴じ込みのあぶな絵・まくら絵は「歌川国貞」の作品で、国芳の兄弟子にあたるそうで

 

 

そしてその二人の師匠というのが、華麗な役者絵で一世を風靡した花形絵師「歌川豊国」でした

 

国芳は幼少の頃から絵を学び、7、8歳では、多くの著名作家の武者絵を写し、12歳で描いた「鍾馗提剣図」を「歌川豊国」の目にとまり、なんと15歳で入門したそうです、その武者絵!三国志にまで及んでいる

 

 

Photo             【剣豪・宮本無三四】

 

 

220pxeight_hundred_heroes_of_our__2              【豪傑・自来也】

 

Photo_3              【剣豪・・・・・・・】

 

 

        【源頼光・・・妖怪ウオッチ?】

 

 

Photo_4            【歌舞伎・市川海老蔵】

 

Photo_11               【豪傑・自雷也】

 

Photo_12     【五条の橋・・下駄の歯で、大刀の刃渡り!牛若丸】

 

Photo_13        【坂田の金時・・・マサカリ担いだ金太郎】

 

Mai01k321

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_9   【通俗三国の華佗の医術で肘の切開手術を受ける関羽】

 

同時代に生まれ、浮世絵師として五本の指に入るほどに取り沙汰されるのも、春画が人気を博していたからに違いない、特に海外で、その鬼才・機才・奇才ぶりが評価を受けたのでしょうね

 

その5人の浮世絵師は喜多川歌麿・葛飾北斎・歌川(安藤広重)・歌川国芳そして東洲斎写楽、ただし写楽の春画は一枚たりも残っていないということは、書かれていなかったか・突然姿を消し、その消息は不明ゆえ、いまだ判らずじまいであるそうだ  「写楽の浮世絵」 ↓

 

Dcaad001hcautd523cakbsinuca3o0wqmca  Sya  Zcabmtwuacageyj2gcai7iwu7cawm0lbvca

 

Images_20

 

Images_18_4

 

Images_15_2

 

 

Images_12_2

 

Images_13

 

 

Eisen

 

 

25101

 

Photo【乳飲み子から16歳の元服前の子には、ご考慮くださいね!】

 

0803101

 

Images_7_2 ⇒≪歌川国芳≫≪浮世絵武者絵≫≪浮世絵あぶな絵≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Continue reading "≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫≪本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »