« December 14, 2014 - December 20, 2014 | Main | January 4, 2015 - January 10, 2015 »

≪情報や本舗≫≪ウヰスキーの竹鶴政孝≫【マッサン】≪ワインの落希一郎≫【オッチー】≪余市おいしい酒の故郷≫ 

Photo_2【NHKニュース】2014年9月27日 おはよう北海道「ぶらり、みてある記」で、今余市のワイナリー”オチガビ”の創業者の一人「落希一郎」ワイン(ぶどう酒)造り・人づくりを特集


20071015_1

≪NHKニュース おはよう北海道 土曜プラス≫


たった今!NHKニュース おはよう北海道 土曜プラスでオチガビの創業者の一人「落希一郎」さんが,余市が生み朝の連ドラの主人公でもある竹鶴政孝!ニッカウヰスキーのマッサンこと竹鶴政孝は酒は酒でもウイスキーですが,

こちら番組ではワイン界の申し子【過言ではないよ・・・tenboss mori】「落希一郎」さんは、ワイン業界のいわば“マッサン”ですと
詳細は⇒http://www.nhk.or.jp/sapporo/ohayou/mitearuki/140927.html


日照条件が良く水はけのいい余市町では、ワイン用のぶどう作りが盛んです。生産量は道内一を誇ります。
去年から町内でワイン作りを始めた落希一郎さんは、ワイン業界のいわば“マッサン”です。

Acz8056
若い頃ヨーロッパに渡り、ぶどうの育て方から仕込みまで本場の技術を学びました。そして長野や新潟などでワインを作り、年間1億円を売上げました。業界で知らぬ人はいないというカリスマです。

品質の高いぶどうが取れる余市で、人生最後、そして最高のワインを作ろうとやってきました。落さんのワイナリーでは、今年のワインの仕込みが始まっています。収穫や粒の選別を素早く行い、ぶどうの鮮度を落とさず仕込み作業を行っています。


落さんのもとにも、技術を学ぼうと多くの若者たちが集まっています。そうした若者たちによって、余市のワイン文化が広がることを落さんは願っています。


Photo【2015年初荷情報】

■オチガビ通信

今年2回目となるドイツ視察旅行に行ってきました。今回の目的は学校訪問と仁木町でワイナリーを立ち上げるDACさんのワイナリー設計に役立ちそうなワイナリーを訪問することです。クリスマス休暇中であるにも関わらず、たくさんのワイナリーに視察を快く受け入れていただきました。これもアレンジしていただいたハメル氏のおかげです。

今年購入しい樽が到着しました。やっと樽庫らしくなりました。もうすぐ赤ワインが樽に移され、樽熟成を始めます。
来年も20個ほど樽を買い増しする予定です。樽が2段積みになると、ますます良い雰囲気になります。

10802054_388045828038890_1723148013


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ブルーノート≫【ジャズ喫茶ビザール】≪スイングジャーナル≫【ジャケット買い≪情報や本舗≫

4

いまや、視聴なる便利極めるものがあるが、ひと昔前ならジャズ喫茶がその役割をしていたか?プレイヤー近くにレコードジャケットを立てかけ、いま演奏者、その曲目はコチラですと・・・

いまのCDなら望遠鏡でも持っていか泣けれれば?良い時代でしたね・・・そんな立てかけのジャケットからのジャケット買いのレコードの面々・・・・・

よく通った「ビザール」に行き着くと、必ずリクエストしたジャケットがこれだ・・・トロンボーン奏者の「カーティス・フラー」が、1959年に発表したダンディズム極まる名曲「ファイヴ・スポット・アフター・ダーク」他、収録のジャズ喫茶永遠の定番である、もちろんスイングジャーナル選定ゴールドディスク!である

Zap2_g5608411w

ブルーノートを代表するピアニスト「ソニー・クラーク」の作品の中でも日本ではジャズ喫茶全盛期に大ヒットした、もっとも有名なファンキー・ジャズの名作「クールストラッティン」だが、ソニークラークは本場アメリカでは実は全くの無名のプレイヤでもあったのだそうだ。女性のクールなストラッティン(気取って歩くさま)のジャケットはいまやCMにまで登場している

Zap2_g6229467w

「アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ」の名盤ブルーノートのアイコン・ナンバーのタイトル曲と人気曲「ブルース・マーチ」で世界中にファンキー・ブームを巻き起こした曲!熱気あふれる演奏を繰り広げる中「リー・モーガン」の瑞々しいプレイが光る、またファンキー・ジャズの名ピアニスト、「ボビー・ディモンズ」が在籍中に発表した「モーニン」は必聴である

Zap2_g1879702w

上の「アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ」当時から、不世出の天才トランペッターと注目の「リー・モーガン」そのダンディズムがほとばしる"ジャズ・ロック"の人気盤「サイドワインダー」まさにガラガラヘビである。ダンサブルなタイトル曲、ラテン・リズムと4ビートが魅力的にブレンドされた「トーテム・ポール」などバラエティに富んだオリジナルを収録している

724349533226

現在最高とうたわれるジャズピアニストマン「ハービー・ハンコック」が残した若き日の傑作アルバムで、"海"をテーマに斬新なメロディと詩情溢れるハーモニーが美しく調和した1960年代ジャズの名曲「処女航海」他を収録

Zap2_g6229474w

トランペットといえば「マイルス・デビス」がアランフェスこ・・・・・・・


404


Continue reading "≪情報や本舗≫≪ブルーノート≫【ジャズ喫茶ビザール】≪スイングジャーナル≫【ジャケット買い≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪STAP細胞の検証に終止符!≫

2

STAP細胞の論文を巡って未だに騒動が続いていましたが、昨年末に、理研は終止符を打ちました!ところが2013年10月に理研がSTAP細胞の国際特許を出願していた事が判明したのです

国際出願していたSTAP細胞作製法の特許について、複数の国で出願の継続手続きをとった論文は撤回されたが、STAP細胞の存在は完全に否定されてはいないとしての手続きだったらしい

Patentorf

そして、この国際調査報告には、類似する技術が前に認可されていたとして「米国特許出願にすでに記載されているから、STAP細胞は新規性に欠ける」と書いてあったそうですよ【検索しても出願書は見つからなった】

特許出願した内容が、各国で審査される。発明者には、理研発生・再生科学総合研究センターの笹井氏、若山氏などの名前が書いてあります。当然、小保方晴子も含まれている【検索するとこの出願書は見る事が出来る】

Images_10

今年!桜の花咲く頃、あの武田邦彦博士が、STAP細胞問題を徹底解説!≪小保方さんは悪くない!≫と動画サイトで弁、明らかに、こう、仰っている(4月1日収録)


またその後、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が京都市国際会議で「再生医療と幹細胞」と題して基調講演した。

Images_21

参加者によると、バカンティ教授は、論文の画像が理化学研究所の調査委員会に不正と認定されたことについて、写真や図表を示しながら反論し、真意のほどは、分かりませんが教授は「STAP細胞はある」と強調したとのことです

Continue reading "≪情報や本舗≫≪STAP細胞の検証に終止符!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪アセア=ASEA≫・・・取扱方・飲み方

0126


Photo_2


≪ASEA≫≪応答反応≫≪摂り扱い説明書≫≪自然治癒力≫

ここからの書き込みはアメリカのウェッブサイトにあった≪The Healing Process:治癒のプロセスとは≫を訳したものです。治癒の過程は、(またはクレンジングや解毒プロセスと呼ばれる)人間の体が老廃物を取り除こうとする仕事の結果です。このプロセスは身体が通常より早くこのプロセスを行う時に・・・・


Photo_2

≪ASEAの飲み方・摂り扱い方≫


ここからの書き込みはアメリカのウェッブサイトにあった≪Usage Instructions Product (製品使用上の注意事項)≫を訳した・・・・・・・

Continue reading "≪アセア=ASEA≫・・・取扱方・飲み方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪アセア=ASEA≫・・・自閉症・筋ジストロフィー

Baner02

Photo_3


≪自閉症のジェシカ≫≪ASEA≫


ある栄養成分の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養成分が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分って・・・・・

Photo_3

≪脊髄性筋ジストロフィー≫≪ある栄養素を摂ることで・・・≫


ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養素が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています!検索中に遭遇したサイトを訳して・・・・・・

Continue reading "≪アセア=ASEA≫・・・自閉症・筋ジストロフィー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪アセア=ASEA≫・・・科学の検証・裏づけ

Baneranc1ox


Photo_4

≪ASEA創業の秘話≫≪バーディス・ノートン≫≪ジェームズ・パック≫≪G.サミュエルソン博士≫


ASEA本社はアメリカ、ユタ州のソルトレークシティにあり、会社のスタートは2009年半ばで、まだ設立1年半という新しい会社です。この完全にユニークな製品は、独自のカテゴリを作成しました。それはさておき、人体自体からレドックスシグナル伝達分子の最初で唯一のソース・・・・・


Photo_4

≪ASEA科学による代謝≫≪デビッド・ニーマン博士≫≪ミトコンドリアの密度が増加?≫


第三者研究のチームがあること【画期的研究!】を明らかにした。それは予想されていなかった結果!だったから、驚きです【ノースカロライナヒューマンパフォーマンスラボで実施され・・・・

Photo_4

≪ASEA≫≪科学館の新カテゴリー≫≪ レドックスシグナル伝達の利点≫


レドックスシグナリングこれはすぐに我々の時代の中で最も重要な発見の一つ"カテゴリークリエイター"として知られるようになります。積極的な医療資源であり、多くを学ぶために選択をする発見、について少し知りたい場合は、この10分22秒のビデオでは、レドックスシグナル伝達分子とそれを私たちにもたらした会社の重要性を概説して・・・・・

Photo_4

≪ASEA≫≪目の石鹸≫≪改良された視力≫≪痛風と目≫

米国版グーグル検索サイトで、目に関する体感のページを見つけ翻訳機と辞書とわずかばかりのABC知識で日本語に変換してみました・・・・私が1年と4ヶ月!目にスプレーしていた事と同様なことが起きていた・・・・・

Photo_4

≪ASEA≫≪パーキンソン病≫

アスリートにとってパフォーマンスを高める!と2010年にアメリカとカナダで発売され、特に最大酸素摂取量(VO2MAX)が10%↑UP・VT値が12%↑UP・心拍数が2%の↓Downなど身体能力の高揚に関わる素晴らしい数値を得ていることから・・・・

Photo_4


≪ASEA科学 - 代謝≫≪デビッド・ニーマン博士と医学チームのASEAの研究≫


.この研究は、ノースカロライナ州研究所と以下の7つの大学を含む共同エンティティで行われました⇒≪デューク大≫≪UNCチャペルヒル大≫≪ノースカロライナ州立大≫≪UNCシャーロット大≫≪ノースカロライナ州中央部大≫≪ノースカロライナA&T州立大≫≪UNCグリーンズボロ大≫≪アパラチア州立大≫・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪寝る前の30秒!≫≪朝起きて30秒!≫≪お手入れ簡単!30日間!≫≪その臨床結果の感想文!≫

Images_7

ネリウム・インターナショナル社が開発発売した2011年の9月から使い続けている「ヘイディ」さんの体感感想の動画が日本語字幕で公開されました

Screenshot20141219at34321pm663x189


この製品の愛用し続けているの「ヘイディ」さん!彼女の職業はテニスコーチです、そのため、バイザーで覆うだけでは、隠せない露出した肌のシミに悩んでいまいた。

アンチエイジングクリーム!それも寝る前に30秒!朝起きて30秒!と、お手入れ簡単!30日間の臨床実験にトライしてみました、そしてその結果が想像を超えることに・・・

これまでは、高価な化粧品を使っていた彼女にとってこのネリウム社のナイトクリームの価値はとてもお得で、しかも前触れ以上の満足度120%の効果を出している⇒そのお話を聴いてみましょう


      【日本語の字幕が付きました】


もう一人の「ソニン」さんは、このアンチエイジングナイトクリームを使用する前には、鏡に向うといつも、シミがとても気になっていたそうです、シミがなくて綺麗な均等質な肌になればいいなって思って」・・・


そして30日間の臨床実験に参加、最後の週でご自、鏡をみて、肌が明るくなった!シミが薄くなった!と喜びの感想を、この動画でも語っています


      【日本語の字幕が付きました】


キャッチフレーズどおりの、シミやシワ・クスミなどの改善に驚きの結果が出たからです

実際に美しくまた綺麗になった喜びを語っているとともに、普段高価な化粧品を使っていた彼女にとって、「ヘイディ」さんと同様に口をそろえたように、


Screenshot20141223at123840pm369x189


ネリウム社のアンチエイジングクリーム価値はとてもお得なこと、さらに嬉しいことに化粧の厚塗りがなくなったことなど様々な感想と実感を語っています

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 14, 2014 - December 20, 2014 | Main | January 4, 2015 - January 10, 2015 »