« March 29, 2015 - April 4, 2015 | Main | April 12, 2015 - April 18, 2015 »

≪情報や本舗≫≪線虫はがん細胞の匂いを好む≫≪尿の匂い≫≪がんと診断した確率は95%以上≫

Images_2

体長約1ミリの「線虫」が、がん患者と健常人の尿のにおいを精度よく識別できたと、九州大などのチームが発見したことを米科学誌プロスワン に発表!

「線虫」は、におい分子と結合するたんぱく質が、犬とほぼ同数あって、育て増やすのにも、簡単な線虫に着目し実験してみると、

Images_9

がん患者の尿のにおいに好んで寄っていき、 逆にがんではない人の尿は嫌って?離れていくことが分かった。

健康診断で採取した242人の尿を調べたところ、その内、がんと診断された24人のうち、なんと線虫が23人の尿 に近寄って行ったそうです

Images_10


別な実験では、がん細胞の匂いを好んで、寄って行く100匹の線虫の動きを調べたところ、7~8割の線虫ががん患者の尿に集まり、健常者の尿からは逆に離れたそうで、


がん患者をがんと診断した確率は95%以上で、さらに,早期発見が難しい「すい臓がん」にも反応したとのことですから


Images_7

(毎日新聞)では、検診法として実用化するには課題も多いが、識別には尿1滴で十分ということと、安価で簡便な方法になりうるとして注目度は高いのではとコメント


【補足】:線虫は土壌や水中に生息する微小な動物で、簡単に増殖させられる

Jaxa_logo


宇宙航空研究開発機構がこんな実験を宇宙で行った!線虫の幼虫と大腸菌を宇宙空間で遭遇?させたところ、線虫が大腸菌を餌として食べ始めたというのです

スペースシャトルでランデブー飛行をした線虫と大腸菌は国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」にてこうした予想されていたことが判明したのです

004

(毎日新聞)によりますと、がんの種類や進行度による反応の違いも分かっていないという段階ではありますが、、既に日立製作所などと共同で、実用化に向けた研究を開始したようです。


Continue reading "≪情報や本舗≫≪線虫はがん細胞の匂いを好む≫≪尿の匂い≫≪がんと診断した確率は95%以上≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食品の裏側 ≫≪みんな大好き食品添加物≫

141112cookingthumb636x35881181

「今日一日であなたは何種類の食品添加物を口にしましたか?」――こう聞かれたら!あなたはどう答えますか?この本を読んで下さい!驚きの答えが書かれていました、

Photoその本は『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)で著者は安部司氏!

Img01


添加物は光と陰の表裏一体です。陰は添加物の持つ毒性や危険性!光は、添加物があるおかげで、私たちは楽に簡単に食事ができるということらしい。例えばポテトサラダ、スーパーでは、3日間は腐らないようにしたいので、そのために保存性のある添加物を入れて作るそうです。

Images_2


パックの裏にそのポテトサラダに含まれている添加物は全部書かれているはずです!問題は充分な「情報開示」がなされていないという点?さっきのポテトサラダにしても、「合成保存料は使用していません」などとあえて表示している場合があるそうです

しかし、もともと合成保存料は使ってはいけないのだから、それをいうなら「合成保存料は使用していませんが、保存効果のある化学物質はいっぱい使っています」と書くのが正しいと!

Photo_3

もっと怖い話が、ブタに毎日、コンビニの弁当だけを与えていたら、羊水が真っ黒になって、全部が流産あるいは死産したそうです、ブタの場合は、添加物の害がこうして目に見える形になって現れましたが、

人間に対しては危害未満になっていて、どんな影響が出ているのかよく分からない状況だということ!【どうしましょう明日からコンビニの弁当もおにぎりも食べるのやめようか!そうは行かないのが現実か!】


Images_7


食品製造の舞台裏の実態は!廃棄寸前のとても食べられないクズ肉も30種類の「白い粉」で、『激安!人気ミートボール』に化け/

色の悪い低級タラコが添加物に一晩漬けるだけで、赤ちゃんの肌のようなつやつやの高級明太子に変身/

コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ/サボテンに寄生する虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・

【食べるものが無くなるよ!それにこんな話もよく聞きます、コンビニ弁当・おにぎりのお米に日持ちのする添加剤をその上からツヤを出すためのワックスシャワー、かつベンについているキャベツにシャキシャキキャベツにするため添加剤・・・・・・・・】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪食品の裏側 ≫≪みんな大好き食品添加物≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アルツハイマー病を予防≫【魚と野菜の摂取】≪病気を治す根本は薬ではない≫【食べ物に含まれる栄養素】

8
「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

                 


180pxnorwalk_1

アルツハイマー型痴呆は治療も予防もできないとされていたが、実は食生活や運動などと関係しているらしいという調査結果が次々と報告され出した


無論 本当に予防できるかはこれからだが、かかりやすい人が発症しないとか、かかりにくい人が結構かかるという遺伝的素因以外に環境因子も影響していると、すなわち「驚くことに、

アルツハイマー病の患者さんは、魚と野菜の摂取が少なく、肉だけを好む傾向」だった。

Brainfunction

ビタミンC、Eやミネラルなどの取り方も有意に少なく「魚や野菜の摂取が重要 」とアルツハイマー病を予防できる可能性もアルツハイマー型痴呆は、脳内でさまざまな変化が起こり、脳の神経細胞が急激に減少、脳が病的に委縮してしまう。

症状は、まず物忘れ。最初は古い記憶は比較的覚えているが、新しい出来事が覚えにくく忘れやすいという軽度認知障害が起こる。初期の特徴は短期記憶障害と、場所や日付が分からなくなる見当識障害が起こる!

Arutu0611

アメリカでは450万人がアルツハイマー病に罹患していると推定され、この数字は増加していることから、ある研究機関で糖質栄養素【糖鎖の異常を正常にする栄養素】を使ってアルツハイマーと血管性認知症の患者に関する非盲検テストを行った!

【方法】:インターネットでの募集と口コミによる募集

【参加基準】:アルツハイマーまたは血管性認知症であることが医師によって確認されていること

【除外基準】:対象者は他の認識機能障害や脳機能障害の進行中の研究には不参加

慢性病の患者は参加することが出来ます。そして症状の変化が追跡されます。現在使用の処方薬は継続使用し、除外の基準にはなりません。
       
Photo_11

細胞が正常なバランスを保つことができる、ある栄養素を使用することでの同じ評価者によって毎月調査が行われ、その結果は調査対象は36名(女性が21名、男性が15名)平均年齢は75.8歳です。(女性が73.3歳、男性が76.3歳)

参加者は22の州にまたがります27人のアルツハイマーの患者の中で16名に統計的に有意な改善があり、血管性認知症と診断された患者は9名中6名が改善を見ました

Arkinson1


アルツハイマーと血管性認知症が組み合わさったケースでは36名中22名が改善の報告がされています

毎日クライアントが摂ったある栄誉素(補完食品)とは?

上記の非盲検調査の詳細】 ←クリック

Continue reading "≪情報や本舗≫≪アルツハイマー病を予防≫【魚と野菜の摂取】≪病気を治す根本は薬ではない≫【食べ物に含まれる栄養素】"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 29, 2015 - April 4, 2015 | Main | April 12, 2015 - April 18, 2015 »