« August 2, 2015 - August 8, 2015 | Main | August 16, 2015 - August 22, 2015 »

≪情報や本舗≫≪現代食の栄養不足≫

Images


ここ数年!糖質オフとか糖質ダイエットとか、数多くメディアに取り上げられてきたが、やみくも【闇雲と書く】の糖質制限は、果たして間違っていないだろうか?

三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質のうち、炭水化物に含まれる糖質の摂取を減らすと人間の体は、エネルギーが不足気味になるのです

Images_2

糖質の糖でも、甘くない糖!と、これからの世界を変える可能性のある1 0個の新しいテクノロジーの一つであるとマサチューセッツ工科大学でも紹介された、グライコミックス(=甘くない糖のテク)

そのグライコミックスをエリカ・ジョネス(Erika Jonietz )博士が著書の「甘くない糖」の中で、■現代食の栄養不足■ と言う章で、次ぎのように記載している・・・以下引用

1


_____________________________


人間の体が正しく機能するためには、水、ビタミン、ミネラル、酵素、たんぱく質、脂質および炭水化物を必要とする。我々が食べる食物はこれらの主要栄養素を供給する様々な源からできている

栄養補助食品は、我々の生活が農場から離れファーストフード主体になってしまったために、今となっては必須のものとなった。必須の糖質の中で2つだけが現代の食事から得ることができる。昔はもつと多くの糖質を摂ることができた

糖質がたくさん含まれている世界の植物は“癒しの植物”として知られている。糖質栄養素は以下の形態で見つけられる

アロエ、キノコのある種、エキナシア(薬草)、レンゲ属、イースト菌、とうもろこし、樹液、さや、果物のペクチン、ガム、母乳、ある種の藻、にんにく、ココナッツの果肉、ある種のハーブ糖の働きを解明できれば近代医療の発展にばく大な影響を及ぼすことができる。

そして、その医療の発展は薬物の改善やガン治療という程度のものではなく、それをはるかに超えるものである

研究者たちはいかに糖がパーキンソン病やアルツハイマーやエイズ(AIDS)やヘルペスのような感染病に影響を及ぼすかを調査している。糖は幹細胞の研究、臓器移植および組織工学技術の分野にまで影響を及ぼすことになるだろう。

もし、これらの有望な研究領域において成功を立証できたら、“糖の薬”は全く別の意味をもつようになるだろう

(引用:Erika Jonietz “Glynomics” in Technology Review 10/2001)


0512hockfieldx116

______________________【エリカ・ジョネス博士】⇒

Continue reading "≪情報や本舗≫≪現代食の栄養不足≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2, 2015 - August 8, 2015 | Main | August 16, 2015 - August 22, 2015 »