« August 9, 2015 - August 15, 2015 | Main | August 23, 2015 - August 29, 2015 »

≪情報や本舗≫≪玉音放送録音盤秘話 ≫≪日本のいちばん長い日≫≪宮城事件=クーデター≫≪中村天風≫≪戦後70年≫

Images


今年の夏は、戦後70年を迎え、メディアでは多くの特別番組をいつに無く放映していた。また映画「日本のいちばん「長い日」のリメイク版の公開上映に、合わせたかのように終戦の詔勅「大東亜戦争集結に関する詔書」ー玉音放送の原盤が発見されたと公開された!

8月1日に宮内庁から、その玉音放送の原盤ノーカット音源がこれだ・・・・

あらためて、昭和天皇の心底・心痛はいかにかと、映画「日本のいちばん長い日」のリメイク版でも昭和天皇の戦争の終結の詔勅に至るまでの思いが画かれている


以前にも≪終戦玉音放送録音盤秘話≫と見出しに、いまだ誰もがご存じない、昭和20年8月14日の夜中に起こった大きな事件が、日本のしかも宮城(皇居)の中で起こっていたので宮城事件(きゅうじょうじけん)と!・・・


多くの方のご存知の”五一五事件”だとか、”二二六事件”などと同様の若き青年将校を中心としたクーデター事件と言っても過言でないと考えられる

6caghiao7caw1f9jecac6u1zvcalexslaca


さて、さて宮城事件(きゅうじょうじけん)とは、1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日(日本時間)にかけて、一部の陸軍省幕僚と近衛師団参謀が中心となって、御前会議でポツダム宣言の受諾が決まると、終戦に反対し、徹底抗戦を叫び日本の降伏を阻止しようと起こしたクーデター未遂事件である

■封切り中の映画「日本のいちばん長い日」を見る方は、是非ともここからの書き込みをお読みください
Ph_1_1【皇居前を行進する近衛師団兵・・・】

戦争終結を良しとしない陸軍省幕僚と近衛師団参謀たちが、近衛師団を動かそうとして、森近衛師団長に、蜂起に加わるよう説得するも、これを強く拒否。将校たちに殺害されてしまう・・・なんと天皇を守るべき近衛師団がですぞ

Ph_1_3

そうして近衛師団長の印を使い、偽造の命令によって近衛師団の部隊を動かし皇居を占拠し、外部との遮断を実行し、さらに、天皇が終戦の詔勅の「玉音放送」の録音盤を奪おうしたのだが、見つけられないまま、クーデターは陸軍東部軍管によって鎮圧された

クーデターは未遂に終わり翌日の正午、玉音放送が行われ、終戦の事実はラジオ放送を通じて、国民に広く伝えられた
________________________


C413f89d23a9b578df8b10034a34c843212

伝えられている事実は、表面のある一部の事柄だけで、実際的な事は誰も知らないがために、知らない事はなにも報道されずに、誰も知らない事を知っているのは、私一人なのでありますと

昭和35年8月13日 神戸修練会での中村天風翁が口演された内容を、平成に年号も変わり、中村天風翁に関わる重大な秘話でもあると、アメリカ在住の天風会会員「野口五十六」さんが、所有の講演テープ(もちろん肉声である)をテープお越ししたものを、終戦玉音放送録音盤秘話とし公開していただいたものである・・


Photoこの件の詳細は⇒http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b2d5.html

Tcacmi5fgcau6js7lcafo5xipcabxrc3zca

野口五十六さんのお話によると、クーデターを未然に防いだと言える時の天風翁の活躍は、まさに秘話中の秘話である。昭和も遠く、歴史も風化し、いつまでも秘話として封印せずに史実として残して置くべきものと考えた故、これまで会員の間だけで秘話として拝聴してきたテープ起こしの公開に・・・・

ただこの講話だけですと事件の前後関係がわからず、なぜ天風が終戦前夜にたまたま宮城(皇居)に居合わせたのか、理解できないと思いますのでその背景を補記しました。
Photo

天風は秘話のなかで終戦前夜にたまたま宮城に居合わせたと言ってますが、これは天風独持の粋からくる美意識でして、けしてたまたまそこに居合わせたわけでありません。

終戦前夜8月14日から15日にかけて極限状態にあった宮城内に、たまたま居合わせたなどあり得ぬ話しですし、そこには明らかに必然性があったはずです。


Aatp40


見つけられなかった二枚の録音盤は皇后宮職事務室から運び出された、その運搬に際してもいかにも正式な勅使らしい偽物を仕立てつつ、本物は粗末な袋に入れて木炭自動車で運搬するという念の入れようであった


決起した若き将校たちは宮城内(皇居内)を必死に隈なく録音盤を、探し回ったがついに見つけることが出来なかったのです、教科書に載らないこと自体が不可思議な話ですよね

芥川龍之介が言うように、「運命は偶然よりも必然的であり、運命はその人の性格の中にあります」。天風がこの歴史的な一夜に遭遇したのは、けしてたまたまではなく、そこには天風が心に秘めた熱い至誠といくつかの伏線がありましたと

A8ia4fi

【本編】   日本のいちばん長い日
        (2011年6月19日

【本編】 終戦玉音放送録音盤秘話 
     (昭和35年8月13日 神戸修練会)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 9, 2015 - August 15, 2015 | Main | August 23, 2015 - August 29, 2015 »