« August 23, 2015 - August 29, 2015 | Main | September 6, 2015 - September 12, 2015 »

≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「・・・・・・≫≪番傘に隠された秘密!≫・・・パート②

Tokusyu01

奇想天外な浮世絵が多く、日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンで、2010年にはニューヨークで、


2013年にはイギリスの大英博物館で浮世絵【春画だけ】を150点を一挙に大公開した、また2015年!札幌芸術の森美術館にて公開だった!(春画の出展は、無し)

国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

Images_123

当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている

パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品が多いのですが、中に当時の絵に、21世紀に通じる不思議な謎の絵が書かれてあったり、


20111222222351e44

これから書き込む突然の雨に、てんやわんやの風物画なのか、人の持つ番傘に書かれある数字が、国芳の身に関わることでと、当時の大衆には「何の数字か?」はいざ知らず・・・【雨降りの画は、彫り師,摺り師泣かせと言われる画である】喝采を浴びたのも納得できるが、いまなお現代に、時を越えてのあるメッセージを絵に閉じ込めている?

143811737107904027179

その奇想天外の浮世絵とは!⇒「東都御厩川岸之図」で、持つ番傘に記された数字が「千八百六十一番」この数字が謎を呼んでいるのです?

激しい夕立に対岸の景色は雨にかすみ、左3人の男たちは、1つの傘に入り込んで雨をしのぎ、真ん中のうなぎ取りの猟師は、あきらめ顔での店じまい・・・

右の男は何故か3本の傘を貸す様子もなく、小脇に抱え、先を急いでいる【3本あれば全員傘で助かるのに】

143811739255497073179_2

ここで、注目してください!貸し傘【番号が振ってあるので】を小脇に抱え、貸し傘を深く差している右の男を!この男が差している傘にもこの貸し傘屋の屋号と番号が書いてあります

書かれた番号は「千八百六十一番」=(1861番)⇒この4桁の数字に途轍もない秘密が隠されていたのですと、推測しての多くの情報が・・・私もネット検索で知ったのですが

実は歌川国芳は西暦1861年に亡くなるのです!亡くなった年が、西暦「1861年」!自身のなくなる年を予想・予言したのでは?と推察したくなりませんか?

1

江戸時代に西暦をどれくらいの人が知っていたかどうか?いくら奇想天外の絵師とはいえ国芳といえども分かりません、西洋絵画の影響を強く受けた人ゆえ、西暦の概念があったかどうかも不明です。

1861年と言えば日本では、坂下門外の変・生麦事件の起きた前の年です。遠くアメリカでは、アメリカ合衆国とアメリカ連合国との間で行われた、あの南北戦争が起きた年ですから

歴史的にも世界で大変な出来事が起きている年なんですよね!歴史ミステリーも含めてこちらも推察してみませんか?・・・

Continue reading "≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「・・・・・・≫≪番傘に隠された秘密!≫・・・パート②"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪コーヒーの素栄養素?≫≪コーヒーの薬効効果?≫≪丸山ワクチン≫≪糖鎖・・・アラビノガラクタン≫

Photo

「コーヒー」の栄養素って、なにか?しこで栄養素を2007年に調べてブログに書き込みしたのですが、このところこーひーの効能がクローズアップされてきたのです。

コーヒーの中味はナイアシンカリウムに炭水化物で=コーヒーの生豆の約50%は炭水化物だったのですが

Images_5

2015年5月!コーヒーを日常的に、1日に3~4杯飲む人ではほとんど飲まない人に比べて、病気などで死亡するリスクが低い【死亡リスクが24%低かった】とする研究結果を、国立がん研究センターや東京大の研究チームが、メディア公表したのです

≪参考≫緑茶は1日1杯未満の人に比べ、1日5杯以上飲む男性で死亡リスクが13%、女性で17%低かった≫

この長寿効果はコーヒー・緑茶に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があり、緑茶のカテキン、コーヒーのクロロゲン酸に血糖値を改善する効果が推定されることかららしい


Patent


日本でのこの調査は、19年間にわたって、40~69歳の男女約9万人に対し、コーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかを、ほかの生活習慣などと合わせて質問した結果であると

アメリカに於いても、米国立がん研究所のデータでは、1日2杯以上コーヒーを飲む男性は死亡リスクが10%低く、4~5杯飲む女性は16%低かったとのこと

コーヒーの栄養分に関する研究論文を呈したのが、大手コーヒーメーカーのUCC上島珈琲株式会社は神戸大学との共同研究で・・・

Images_8


もう一つ、驚く事が判明したのです!「UCC」のホームページにコーヒー豆に含まれる水溶性多糖類の一種であるアラビノガラクタンに特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しました。腸内細菌を活性することが免疫を高めることは知られています≪病気にならない!長寿の秘訣!≫

※ この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています。

Photo_6


抗ガン作用を持つといわれるアラビノガラクタンですが、コーヒーには「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が含まれていたことが判明したのです!


じつは、カラマツから抽出のアラビノガラクタンが10種の多糖類の中に含まれていたのです!

Data

今でも多くのガンに罹病した人々に使われている、”ガン”の“特効薬”として世にも騒がれた「丸山ワクチン(SSM)」の有効成分が「アラビノマンナン」だったからです【アラビノマンナン=はアラビノースとマンンースの単糖が結びついた多糖類】【アラビノガラクタン=はアラビノースとガラクトースの単糖が結びついた多糖類】

その他にも色々な効果があるのでまとめてどうぞ。これだけあると死亡率が低くなるとうのも納得ですよね。この割合はコーヒーを全く飲まないか、または飲む量が少ない人に対する割合です。

Photo_3アラビノガラクタンは、ドイツではガンの民間療法に用いられる「イスカドール」という薬の有効成分の1つだそうで、抗ガン作用があることが判明!そしてUCCが研究発表した腸内の活性⇒免疫力を上げる作用だけでなく、腸の中の善玉菌を増加させ、便通をよくする効果もあることが判明したわけです


Photo_2

        【アラビノガラクタの詳細】

Photo

40年間、虎の門病院で免疫部長、病理検査部長をされていた”遠藤雄三医学博士”(現浜松医科大学)も「病理医からみた一人ひとりのガン戦略」と題したコラムで下記のように述べられています

Photo_55

「”生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されています。バイオブランのアラビノキシランという糖鎖、丸山ワクチンのアラビノマンナン、牛結核菌(BCG)のアラビノガラクタン、マナテックのアラビノガラクタンなどは免疫賦活作用が証明されています」・・・≪大和薬品のサイトより抜粋掲載≫⇒【コチラ

バイオブランのアラビノキシランは今年米国スクリプス研究所でのナチュラル・サプリメント・カンファレンスで研究発表したそうです!「アラビノガラクタン」は西洋カラマツ・エキナセア(アメリカインディアンが抗炎症として使用のハーブ)などから抽出する多糖類での基幹製品「糖質栄養素=アンブロ」に多く含まれている

Tanaka

コーヒーのガンや生活習慣病に、栄養分中に有効な成分が関わっていることが?電子顕微鏡の発展とかノーベル賞の田中耕一フェローのたんぱく質の質量を計測と言う分野から、今まで不明だった事柄がドンドン解明されて新事実が判明しつつあるのですね!


【研究開発された10の多糖類が取り入れられています、コーヒに含有のアラビノガラクタンと同じ!西洋カラマツ抽出の「アラビノガラクタン」が含まれているの」です

Aaigtrmages

Continue reading "≪情報や本舗≫≪コーヒーの素栄養素?≫≪コーヒーの薬効効果?≫≪丸山ワクチン≫≪糖鎖・・・アラビノガラクタン≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 23, 2015 - August 29, 2015 | Main | September 6, 2015 - September 12, 2015 »