« September 20, 2015 - September 26, 2015 | Main | October 4, 2015 - October 10, 2015 »

≪情報や本舗≫≪アップル社≫≪神秘の調和≫≪プロダクト・デザイン≫≪黄金比≫≪フィボナッチの法則≫

Images_10


知ってて得するかわら版とカテゴリーの括りを作って「黄金比=フィボナッチの法則」の書き込みをしていましたが、アップル社のプロダクト・デザインにもこの黄金比が使われていることに、ここでも原理原則が使われてるのですね

≪情報や本舗≫≪ダビンチコード≫≪パスワード≫≪フィボナッチの数列≫≪ダン・ブラウン長編小説≫

Ebf48efbbbd5995d5c98d5f62a65bf49

なぜ原理原則か?というと自然界に多く,この黄金比が存在するからです植物の葉の付きかた、葉の数から,木の伸び方、枝の数、花の花弁だって!

Photo_6

その花弁といえども黄金比の数、その花弁を飛び回るミツバチの家系をたどっていくとこの黄金比=フィボナッチの法則に行きつくから楽しい


ミツバチの習性が、かなり科学的なところがあるから・・・ここ外れる話で後日にして、この数列を考え出した人のファーストネームがレオナルドというレオナルド・フィボナッチと云う数学者【元々は商人】なんですよ

Fibonacci2

1202年に彼自身が学びえたことを「算盤の書」という本にして出版しました・・・この本の中で「ウサギの出生率に関する数学的解法」などの諸問題に解答し、この解答で使用された数列が後にフィボナッチ数列として知られるように

誰もがひかれる美の定義とも言われる所以は・・・・美しいと感じるものはどのように構成されているかというと、黄金比と呼ばれる、普遍美を示す数値、それが美しさの秘密でした!

Images_6

その比率は1:1.6という比率になっていて、プロダクトデザインばかりか「iPod」の横と縦の比率は1:1.6になっている!

名刺、マンガ本、テレホンカードも同様なんですね、またギザのピラミッドの底辺の長さと高さの比は約1.6・ギリシャのパルテノン神殿にも

5


フランスのノートルダム寺院にも、人が美しいと感じる理由にはある決まった比率が使われていたのですね!

・・・それでなのか?建築関係の人が知っている理由は!ただフィボナッチというと,首をかしげるが、黄金比というと,総じて肯く

Continue reading "≪情報や本舗≫≪アップル社≫≪神秘の調和≫≪プロダクト・デザイン≫≪黄金比≫≪フィボナッチの法則≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症≫≪リタリン≫≪ADHD≫≪コンサータ≫

Baner
≪情報や本舗≫≪自閉症と診断され≫≪ASEAを摂らせ≫≪動画で記録を≫

自閉症は生まれつきの障害で、脳に何らかの先天的な障害があり、そのことで様々な症状を引き起こしていると言われています!今のところ、原因は明らかにはされていません

Photo_2


「自閉症」という言葉からして、他人との関わりを拒否して自分の殻にこもる「引きこもり」と混同されがちですが、実際は全く違うらしい、

自閉症の特徴的な症状としては、ザックリ?言うと「ことばの発達の遅れ」・「対人関係の難しさ」・「特定の物や場所へのこだわり」とこの3つが挙げられると・・・・

自閉症児の80%は、知的障害が伴い、この目安としては一般的だがIQが70未満ということ!

知的障害が重ければ「重い自閉症」とされ、この症状の程度によって知的障害を伴わないものを高機能自閉症やアスペルガPhoto_3

現代医学では根本的な原因を治療する事は不可能とされていますが、自閉症の治療は療育を中心に行う【療育とは】=社会との摩擦を減らすために、望ましい行動をサポートし、ふさわしくない行動をやめさせる方向にもっていく治療法らしい・・・・・【リサーチ・ナビ国立国会図書館より一部抜粋】


Cahmb7d2


原因が完全に究明されていない現在、疫学・予防策は確立されていない時には症状によって薬を使うこともありますと!


Images

何のクスリかは知りませんがリタリンは使っては、欲しくないですね、アメリカでは学校でADHDの子らに「リタリン」を使用して問題となっていた

日本でも多く使われ始めましたが、最近ではごく一部の大人と医師が関与したリタリン乱用事件によって、ADHDの治療では使えなくなっています

Images_3_2

やるせないかな、リタリンと同成分で、メチルフェニデートの徐放剤である「コンサータ」という薬が、子どものADHD対策に使われているようですよ


Photo_4


アメリカの小学校の子ども達に「リタリン」を処方することが多いことから「ながの小児科」”の先生は多くの医師がこのようなクスリを使い始めることになれば、子ども達の健全で健康な未来は無くなってしまうと危機感をお持ちです


風刺漫画で学校にダンプカーで「リタリン」を積み下ろしする図が!アメリカでは、リタリンは塩酸メチルフェニデートの一般名で知られ、アメリカ合衆国麻薬取締局の「目録II」の麻酔薬として分類されています【コカイン、モルヒネ、アンフェタミン1と同じ分類です】

Photoアンフェタミン:強力な中枢神経刺激剤・・聞いたことがあるでしょう!■「スピード」と呼ばれる覚せい剤です■


Photo_2

教育現場を正すという理由付け?で落ち着きがない子供たちに薬物で矯正するようなことが現実となっているような声も聞こえてきます・・・・頂けませんね!

Continue reading "≪情報や本舗≫≪自閉症≫≪リタリン≫≪ADHD≫≪コンサータ≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 20, 2015 - September 26, 2015 | Main | October 4, 2015 - October 10, 2015 »