« November 29, 2015 - December 5, 2015 | Main | December 13, 2015 - December 19, 2015 »

≪情報や本舗≫≪STAP細胞!小保方晴子さんの発見は真実だった≫≪雑誌「ネイチャー」に掲載≫≪故笹井芳樹博士は幹細胞学者として正しかった≫≪果たして真実は???≫

3

「STAP細胞は、あります!」と力強く言われた、あの言動が事実だったとは、さて当時の書き込みブログを探さなくては・・・・いやはや、驚きのニュースである!


小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された(2015年12月12日) 多能性を持つSTAP現象と同じ研究結果⇒ ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました・・・・・このことでの小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明されたのでしょうか???

2015年12月10日

Photoメディアで取り上げられない理由があるのではと検索⇒どうやら「結論から述べると、ここで飛び交った情報にあるような理解は誤りです」と書き込みのある”MEDエッジ”というサイトに詳細が・・・・飛び交う情報が落ち着くまでは、性急なことは慎むべしですか!


【こちら】

404_2


C2920e8411e650a08172d911038f057c_40

科学雑誌「ネイチャー」にマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。


【STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した】

物理的圧迫で細胞が初期化し、多能性を持つとする現象が報告された事により、細胞がリプログラミングする事がある、という事が解った。


【STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した】
Photo_2

「細胞はいったん分化したら未分化の状態に戻る事は無い、細胞は分化が進んで行くだけ」「体細胞が未分化細胞になり、 幹細胞状態として身体組織を作れるようになるなんて事はない」とする


この報告書では負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見した_とあります。この体細胞から多能性に変化した多能性細胞は脳や肺、心臓にそのGFPが認められたという事です。


体細胞が物理的要因で未分化の状態に戻り、多能性を持つ細胞に変化する_小保方さんの「酸性の液に浸けるストレスにより細胞が未分化の状態に戻り、様々な身体の組織に分化できる多能性細胞になる」事をSTAP現象と名付けた研究結果と同じ原理です。

Photo_3

【小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された】

 小保方晴子さんは細胞培養中、細胞にストレスをかけると分化多能性を持つようになるアイデアが浮かんだという。今回のネイチャーの報告書で小保方さんのアイデアの本筋は間違っていなかった事が証明された。


小保方さんは細胞にストレスをかける実験は低酸性液だけではなく、細胞膜に穴を開ける方法や物理的圧迫なども試し、多能性マーカーを発現するようになった、と報告している。

【笹井芳樹博士の驚きは幹細胞学者として正しかった】


Images_3


外部刺激により、体細胞を幹細胞に出来るとした小保方さんのSTAP実験について故笹井芳樹博士(享年52)はネイチャーの記者デイビット氏にこう話した。「素晴らしい成果です。私自身、外部からのストレスが細胞にこのような効果をもたらすとは思ってもみませんでした」この驚きは正しかった。ノーベル賞級の研究者も、思いもよらない未知の細胞生態を小保方さんは発見していたのだ

【ネイチャー論文日本語翻訳】 http://www.nature.com/articles/srep17355

 
下記の太字≪ ≫は上記リンクにて、すべて読めます

≪Abstract 要約≫

我々は最近、負傷したマウス骨格筋からの幹細胞の新規な集団を発見しまし・・・・・・・・・。

≪Introducion 導入≫

損傷後の組織修復は、組織常駐前駆体および幹細胞の活性化、および局所および全身の信号に応答する細胞の浸潤の多様性を含む複雑な生物学的プロセスです・・・・・・・・・・・

≪Results 結果≫

我々の確立された細胞分離法(図1a)を適用することによりiMuSCs正常負傷したマウスの前脛骨(TA)筋から単離しました・・・・・・・・・・・・

≪Discussion 議論≫

矛盾した結果が、様々なgroups9,10,11,12,13,14,15によって報告されているので、成体組織における多能性細胞様細胞の存在は、年間の論争の種となっています・・・・・・・・・・・・・

■以上科学雑誌「ネイチャー」日本語訳


Photo
         【STAP細胞はあります!?】

先日、ネイチャー誌のScientific Reportsに、STAP現象のようなものが報告されました。

http://www.nature.com/articles/srep17355 13. Obokata, H. et al. The potential of stem cells in adult tissues representative of the three germ layers. Tissue Eng Part A 17, 607-615 (2011).

なぜかマスコミではどこも報道していませんが、この論文はマウスの筋肉に傷を付けて(外的ストレスを与えて)培養したらES細胞に似た幹細胞が出来たというもので、


言ってみれば小保方さんのSTAP細胞仮説が別のアプローチから確認されたという報告ではないでしょうか。小保方さんが『ティシュー・アンド・エンジニアリング』誌に発表した論文も引用されているとのことです


もしこれが受理されることになったら、STAP細胞問題でこれまで様々なコメントを発していた「専門家」たちはどう?謝るのか!またまた理論武装して反論するのか!か興味のもたれるところです

言葉は悪いが、寄ってたかって異常なまでに小保方さんらをバッシングの標的として責め立て、論文を「撤回」に追い込み、いずれノーベル賞候補になる矢も知れなかった「笹井博士」を死に追い込んだといっても過言ではない・・・日本の科学界の責任は重いのではないでしょうか!

小保方さんたちをバッシングし続けたNHKや各誌新聞、TV報道番組・・・どのように対処するのか興味深深である

Continue reading "≪情報や本舗≫≪STAP細胞!小保方晴子さんの発見は真実だった≫≪雑誌「ネイチャー」に掲載≫≪故笹井芳樹博士は幹細胞学者として正しかった≫≪果たして真実は???≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪EHT≫≪サプリメント・ポリス=サプリメント警察24時≫≪サプリメントのウォッチサイト≫≪脳にEHT!を摂りいれよう≫

SupplementpolicelogosImages_37


2000年にPDRという医薬品&補助食品の検索辞書に健康補助食品のカテゴリーーに分類の今で言うサプリが医薬品の辞書に掲載されていた会社の製品を友人に勧められ摂り始めた頃に

51jbynodjnl

 【米国医師用卓上参考書】

「サプリメントウォッチ」というサイトでもその製品が上位を占めていた!15年も経つと世の様相も事実も変わり、実際このサイトも別物になっている・・・ここらの事情は「サプリメントウォッチ」のリンクを検証!

Supplementpolicelogo


2015年も師も駆け出すという師走に入ろうという11月にアメリカのネット検索でサプリメントポリス・COM(SupplementPolis.com)というサイトに遭遇した下記公式サイトをクリック!クリック!

Logo【サプリメントポリス・COM(SupplementPolis.com)】

人 口 の高齢化 に伴 い老年期痴呆 患者が増加 し、痴呆患者 に対す る優 れた薬剤の 開発が急務 とな ってきている。 こ の ような状況 の も とに、新 しい タイブの脳機能改善薬 と して向知性薬が 注 目され始めたなか、次の情報が飛び込んできた

「EHT」という向知性サプリメントがプリンストン大学の高等研究所で20年間の研究のもとある成分の発見で「シグナム社」という会社が製品化しての発売になるという情報である


     【プリンストン大学の経緯を記載している】
Images_2

プリンストン大学の高等研究所といえば、「アインシュタイン」博士&「湯川秀樹」博士もここの出身である!ここでは余談になるので別掲に「アインシュタイン博士の娘への手紙」を書き込みしました。その手紙とは⇒


≪天才アインシュタイン≫≪娘リーゼルへの手紙≫≪1400通≫
404_2


早速にも、米国グーグルサイトにキーワード入力して検索して偶然に遭遇したのがサプリメント・ポリスというサイトだった

Unnamed


サプリメントウォッチのようにランク付けをしておらず製品のありとあらゆる内容情報を公開している上に発売間もない製品「EHT」を摂り始めた多くの人の「良い」「悪い」のコメントが驚くほどサイト上に公開されているから驚きだ


Images_31

このサイトの内容情報を要約しているところで、いずれアップの予定だが、このサプリメントポリス・COM(SupplementPolis.com)のサイトでなく情報収集した「EHT」の早分かりはすでにアップ済みである・・・以下にリンクを

≪EHT≫≪まるごと早分かり≫≪あなたはEHTマイスター≫


Photoサプリメント・ポリスで向知性薬ならぬ向知性サプリとして「EHT」以外にポリス・ウォッチングしている製品は以下に

Adafinilrxreview218x150  Neuralgen218x150  Neuroday218x150

Nootracker218x150  Photo_1_2  Semax218x150

9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪EHT≫≪サプリメント・ポリス=サプリメント警察24時≫≪サプリメントのウォッチサイト≫≪脳にEHT!を摂りいれよう≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪天才アインシュタイン≫≪娘リーゼルへの手紙≫≪1400通≫

Images_23


1980年代、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付されていたある手紙とは?

この手紙の差出人を知らないという人は、まずは居ないでしょう

そしてその手紙とは、1400通にもおよび、父親から娘へ託された指示に守られ続けてきたわけですが、その秘められた手紙の一通が、ついに公開されたのです

父親とは、あの天才アインシュタインで、託された娘とはリーゼルでした

Images_28

これはリーゼル・アインシュタイン宛ての手紙の中の1通で,


この中で、アインシュタインは、あの有名な相対性理論よりも「さらに強力な力」の秘密を明かしていて

Images_30

あの相対性理論でさえ理解しにくかったわけで、これを人類に伝えるため、世界中の誤解と偏見で混乱を招くことになることを懸念して

社会が受け容れられるほど進歩するまで、この手紙の内容が知られることを時が来るまで非公開にと、、アインシュタインは娘であるリーゼルに託したのです


そんな理由から発表されずに秘密にされていた手紙が明かされたのです

≪アルベルト・アインシュタインから娘への手紙:≫


Images_26


「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。
愛は光だ。
それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。
愛は引力だ。
なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。
愛は力だ。
なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。
愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

10_2


愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。


Images_16

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。なぜなら愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちの
めしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ」。

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン

Continue reading "≪情報や本舗≫≪天才アインシュタイン≫≪娘リーゼルへの手紙≫≪1400通≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 29, 2015 - December 5, 2015 | Main | December 13, 2015 - December 19, 2015 »