« ≪情報や本舗≫≪800年前の石器ガラケーが見つかった?≫≪あるわけないだろう!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪頭の体操≫≪難問解析・・・頭脳明晰≫≪死刑か?終身刑か?釈放か?≫ »

≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪生化学≫≪糖質栄養素≫≪特許申請≫≪ジョン・ロリンズ博士≫≪新聞報道≫

Patent


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

                                   

T02200284_0800103310274009723


アメリカの特許庁・商標局に23年間在籍して、生物学系製品のために特許出願を査定・品質保証のスペシャリスト「ジョン・ロリンズ博士の記事が、退職時の2004年にアトランタ(テキサス)のタブロイド版新聞に掲載された記事の要訳が・・・・その記事のタイトルは「破壊的なテクノロジーがヘルスケアに希望をもたらす」・・・≪2004年8月にアトランタボイス≫Dr. John Rolins」

【記者】・・・「在任中に、アメリカの低下する健康問題に大きな影響を与える発見に遭遇したことがありますか?」

【ロリンズ博士】・・・この発見は、科学界においては、極めて破壊的なものであり、もし検証されれば免疫学に対して、前例のない影響を与えるものになり、これまでの科学に挑戦するものである」

【記者】・・・「もしも何百万人という人たちの健康に、影響を与え、過大な負荷のかかっているヘルスケアシステムに必要な価値を与えることができるような発見があったとしたらどうなるでしょうか?」

【ロリンズ博士】・・・「まさにその発見は驚きでした!近年の栄養科学における現代のヘルスケアにおいて、もっとも議論になるべき発見(糖質栄養素)を挙げたわけですから」

【記者】・・・「そして、もしこの発見が無害で身体に吸収される栄養素であり、これまで科学によって認知されていなかったので、その配合に対して世界で40もの特許獲得できたものだったとしたら?」

【ロリンズ博士】・・・「何十年にもわたってビタミンやミネラル、ハーブ療法や抗酸化剤やスーパーフーズ等が科学者たちの興味を集めることはほとんどありませんでした。ところが、糖質栄養素という全く新しいカテゴリーの栄養素の発見は、この状況を一変させたのです」

【記者】・・・「世界はこの社会への貢献に対して、列をなして称賛の言葉をおくるとは思いませんか?」

【ロリンズ博士】・・・「その通りなのですが、私は特許の審査官としての23年間の経験を通して、最も重要な発見が糖質栄養素の発見だったと考えます、糖質栄養素という全く新しいカテゴリーの栄養素の発見は世間を一変させました。私は糖質栄養素の持つ免疫システムをサポートする可能性は科学が提供しなければならない、もっとも統合的な健康戦略であると考えています」

Photo_3


■この糖質栄養素が発見されて特許庁にて、ジョン・ロリンズ博士によって査定された特許出願が現在31ヵ国で承認されるまでになった現在(2010年)≪この発見は現実に科学的な論争の渦を巻き起こしています。5年経過した今、再度ドクター ローリンズからの最新情報をお伝えします≫ジョン・ロリンズ博士はタブロイド版新聞「アトランタボイス」に再び記事掲載される事になり、今日までに至る「糖質栄養素」の以下のような出来事があったことを語っています・・・・・

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4

何十年にもわたってビタミンやミネラル、ハーブ療法や抗酸化剤やスーパーフーズ等が科学者たちの興味を集めることはほとんどありませんでした。ところが、糖質栄養素という全く新しいカテゴリーの栄養素の発見は、この状況を一変させました。しかし現実は逆で、この発見は世界で最も強力なヘルスケア産業にとって、経済的な収入をもたらすものとみなされて敵対視されたのです。

これまでの数年間、私から見ると最も強力でダメージを与えるPRキャンペーンに糖質栄養素の開発化会社はさらされることになったのです。これは、たった一つのサプリメントの会社に対して研究界の何社かのメンバーから行われた極めてネガティブなキャンペーンだったのです。そして、まさにこれがダラスに本社を置く、健康関連の研究開発の企業である糖質栄養素の研究開発会社に起きたことなのです

2009年9月にベルギーのブリュッセルで行われた第9回の年次ジェンナー糖生科学シンポジウムで発表された研究結果は、断固としてこの驚くべき発見の信用を損なわせようとしていた人たちに、歴史的な反撃を与えました。そしてこの発見は、修復や防御のための免疫機能に、いかにして最良のサポートを与えるかに関して新しい扉を開いたのです。

私はこの記事を書くことによって、この驚くべき発見の価値と、この発見がもたらした論争と、多くの人たちに与える希望に関する最新の展望に関して述べたいと思います。

私は1982年にHoward大学 の薬学部で細菌学を学んで、米国の特許庁に採用され、当時発展していた、炭水化物のテクノロジーに焦点を当てた、生物活性のある成分に関する、新しい分野のサポートすることになりました。私たちのグループは、薬剤と栄養素に関する特許申請を審査することになりました。

私が、最初に糖質栄養素に関する特許申請を見たのは、1996年の夏に、若手の審査官の机の上に置かれているのを見たときでした。私は、審査には直接は関与していませんでしたが、審査の過程を、非常に細かくフォローしました。まず最初に、私の注意を惹いたのは、10年ほど前に同じ発明者であるドクター ビルマカナリーの申請を、個人的に審査したことがあることでした。その時の彼の発明は新鮮なアロエベラのジェルの有効成分を安定化する技術を発見し、分離することができる技術でした。アロエベラは、地球上で最高の健康増進の効果のある植物として、素晴らしい歴史を持っています。このアロエの有効成分は特殊な構造を持つ多糖類であることが分かりました。そしてこの多糖類は糖の長い鎖で構成されているのです。

ドクター マカナリーはこのアロエの多糖類は、免疫の各種の機能をサポートすることにおいて有効であることを証明していました。このことは、これまでどのような栄養素も成し遂げることができなかったことなのです。アロエの多糖類発見には、結果的に世界中で150もの特許が発行されることになったのです。

人体における、糖の生化学的な役割に関しては、1980年代の初めまではあまり分かっていませんでした。しかしながら、1990年代には糖生化学という新しい科学の分野が現れました。
グライコとはギリシャ語で「甘い」を意味します。糖生化学とは、幾つかの小グループの糖分子の持つ、生化学的な役割に関する研究です。そしてこの小さな糖分子は、細胞の言葉を形作るアルファベットのような文字として用いられるのです。自然界には、200種類以上の糖が存在していますが、8つの主要な糖がお互いに組み合わさったり、タンパクや脂肪と結合したりして、細胞表面において、言葉のような構造を形成しています。そしてこれは膨大な記号容量を持っているのです。

最近の科学で発見されたことなのですが、細胞表面の糖が不足すると、免疫システムが変化し異常な細胞が増殖したり、それに気付かなかったりしてしまうのです。したがって製薬業界では、巨大な投資をして、炭水化物を基本にした薬の開発を行っているのです。合成された糖を基本にした、薬の将来性は巨大であり、糖生化学は医療の残された最後の未開地として、知られるようになったのです。

1966年にマカナリー博士が、植物由来の多糖類の構造をベースにした、新しい合成特許を申請しました。これは、今では糖質栄養素のパウダーとして知られています。マカナリー博士が発見したことなのですが、マンノースと呼ばれるアロエベラに含まれている主要な糖は、細胞が細胞の言語構造を構成する時に使う主要な糖と同じものなのです。マカナリー博士の仮説はシンプルなもので、博士の何年にもわたる、アロエベラに含まれている、多糖類の免疫サポート効果に関する臨床経験に基づいているものでした。

理論はこんな風になっています。身体は健全な細胞の構造を保ち、免疫システムを適正に働かせるために、8個の主要な糖類を使っています。これらの必要な糖類のほとんどは、現代人の食事には不足しています。身体がグルコースをこれらの糖に変換する仕組みを持っていても、異常が起きている糖の要求を満たすための、必要な分量を供給することができていないと考えられます。さらに最近の科学で発見されたことなのですが、腸壁に特別なポンプがあって食事から摂ったマンノースだけを吸収する役割があることが分かりました。細胞壁にあるポンプがマンノースを細胞に移し細胞は糖たんぱくを合成します。

これらの事実を知ることによって、マカナリー博士は、身体がこれらの必要な糖類を食事から摂取するように設計されていることを納得しました。そこでマカナリー博士はアロエの多糖類を安定化し、他の植物から抽出した、栄養的に効果のある糖類や、その前駆体と組み合わせることによって、ビタミンやミネラルやアミノ酸や脂肪酸などと同じような、重要な栄養素を与える新しい栄養素になるということを仮説として打ち立てました。そしてこの栄養素はそれ自体がユニークな免疫をサポートする機能を持っているのです。

テキサスのある開発会社は1996年の秋に、ニュートラスティカルな糖質栄養素を発表しました。その後の9年から10年の間に何10万人も愛用者の人たちが、免疫システムをサポートすることによって期待できる、健康上のメリットを沢山経験し始めました。そして糖質栄養素の開発会社は、もはや小さな名も知れない栄養補助食品の研究開発の会社ではなくなったのです。

2005年までに、糖質栄養素の発見に関するニュースは、国際的な糖生化学の学会にも届きました。純粋に、糖生化学を科学的に研究している人たちは、マカナリー博士の発見の持つ可能性に対して、興味を持つようになりました。ところが、一部のこの研究によって脅威を感じる研究者達にとっては、この仮説は大きなレンガでたたかれてような、衝撃を感じることになりました。糖質栄養素を補完することによって、細胞表面の糖鎖形成に実際に影響を与えると言う理論を証明することは、より薬学的な方向を志向する研究を行い、企業から資金を与えられている研究者達に、大きな障害物になる可能性がありました。この小グループの研究者達は、栄養素に基づく糖生化学の考え方を、全面的に信頼できないものであるとする、ひどいキャンペーンで応じることになったのです。

私は2004年に発行された、世界的に有名な神経外科医の記事を思い出します。この著名な医師は、糖質栄養素発見に伴う破壊的な可能性に関して、コメントしています。彼はこんな風に言っています。「薬は巨大なビジネスになった。そうして多額の資金を薬の開発に投資している人たちは、糖質栄養素に対して好意的ではないのです。」この言葉が現在の状況を良く表しています。

2006年までにこれらの科学者たちは、この糖質栄養素の開発会社に対して、マスコミで公式に批判を展開しました。身体がこれらの糖を必要としている証拠はないし、これらの糖は、多糖類の形で消化されるという証拠もないと。。。。彼らはこんなことを広言していたのです。テキサスの糖質栄養素の開発会社が食事から摂る植物由来の糖質栄養素が、糖鎖形成に於いて機能するというのは、全くの欺瞞であり、多くの人を欺いていると。。。。

2007年には、これらの研究者達は、テキサスの開発会社に関するポジションペーパーを発表し、国際糖質栄養素学会に送付しました。ここでも同様なネガティブな主張が述べられています。彼らは同時に、学会員達を説得し、開発会社の信頼を傷つけるように、あらゆる努力をするように依頼しました。この手紙にはこんなことが述べられています。もし、人間が必要とするすべてのものが、こんな一缶の糖質栄養素で達成出来たら、なぜ公的機関がとてもコストのかかる生物医学的な研究に費用を投下し続けるのだろうかと。私にはこの文章が問題の本質を見事に表していると思えるのです。まさに経済的な損失に対する恐れなのです。この少数の研究者達の苛烈なキャンペーンに支援された論争は、全国ニュースに取り上げられる道を見つけました。開発会社はPR上の大きな打撃を受けました。そして当然のことながらこの欺瞞に基づいた告発は、インターネットの上でも展開されました。

ただテキサスの開発会社はじっと黙ってこの不当な扱いに不平をいうことだけをしていたわけではありません。ドクター セノットの指示の下で、会社の科学者たちは、より効果的にこれらの告発に対抗するために、別の分野に焦点を当てる努力を続けました。
幾つかの例を挙げておきます。2007年に開発会社はスクリプス研究所の第4回の栄養補助食品全国大会のポスター発表で、多糖類が腸内細菌によって消化される仕組みを発表し第1位の賞を受賞しました。

2008年の2月にはオーストラリア アデレード ファインダー大学のTalitha Best博士はハワイのワイコロアで行われた第36回年次国際神経精神医学のミーティングで109人の健康な中年の男性において「糖質栄養素」が記憶や認識能力を大幅に改善することに関する研究結果を発表しました。

そして最も最近では2009年の9月にブラッセルで行われた第9回年次ジェンナー糖生化学シンポジウムで2つのポスタープレゼンテーションが発表されました。第1番目のポスターには糖質栄養素を経口で摂取することによって、特定の遺伝子に影響を与え免疫システムを調整するサポートをすることを示す、臨床前のデータが掲載されました。この研究は”糖質栄養素”が特定の防御や修復の仕組をどのようにサポートするかに関してより深い理解を与えてくれます。

第2番目のポスターはロンドンのセントジョージ大学で(Alvi, Fraser, Tarelli, Axford博士による)行われた人間が摂取した場合の非盲検による研究で、「糖質栄養素」の安全性と糖鎖形成に対する影響に関する研究の発表です。研究結果は安全性と血液中での糖鎖形成パターンに大きな変化を与えることを証明しています。科学的な言葉を省略すると、このポスタープレゼンは、細胞表面の糖鎖構造が糖質栄養素によって実際に影響を与えられることを証明しています。

これらの研究の結果は、多分過去にテキサスの開発会社を非難したメディアには完璧に気付かれない状態で過ぎてしまうと思います。しかしながら科学の社会にいる私たちは、そんなことはありません。これは素晴らしいことなのです。私の考えでは、これ以上の最適な健康を目指すための発見はないと思います。このことは世界中の何百万人もいる糖質栄養素で素晴らしいQOLの改善を経験し続けている人たちにとっての、理解を深める助けとなると思います。
これらの発見の持つ、生化学上の重要性を定義するためには、より多くの研究が必要となるでしょう。でもこの研究は栄養素の観点からの糖生化学にとっては大きな第一歩となると思います。

2004年に私が退職した後で私はアトランタボイスの取材を受け、今、非常に大きな問題となっているヘルスケアに関する真実の希望になるかも知れない、新しい発見に関する展望を求められました。私は特許の審査官としての23年間の経験を通して、最も重要な発見は糖質栄養素の発見であると、お話ししました。私は糖質栄養素の持つ免疫システムをサポートする可能性は科学が提供しなければならない、もっとも統合的な健康戦略であると考えています。そして私はこの開発会社が多くの批判に対して、適切に対応しようとしている信念と勇気を称賛するものです。

米国では統合的な健康に対する大きなシフトが起きています。統合的な健康戦略は現代の薬と私たちの免疫の機能をサポートする最高の栄養化学の最高の組み合わせなのです。統合健康戦略は健康産業を救う戦略なのです。そして糖質栄養素はこの変化をサポートする最高のテクノロジーなのです。

≪皆様がいつまでも素晴らしい健康を続けられますように  ジョン ロリンズ≫

|

« ≪情報や本舗≫≪800年前の石器ガラケーが見つかった?≫≪あるわけないだろう!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪頭の体操≫≪難問解析・・・頭脳明晰≫≪死刑か?終身刑か?釈放か?≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪生化学≫≪糖質栄養素≫≪特許申請≫≪ジョン・ロリンズ博士≫≪新聞報道≫:

« ≪情報や本舗≫≪800年前の石器ガラケーが見つかった?≫≪あるわけないだろう!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪頭の体操≫≪難問解析・・・頭脳明晰≫≪死刑か?終身刑か?釈放か?≫ »