« August 2016 | Main | November 2016 »

≪情報や本舗≫≪ゆうちょ銀行手数料≫≪ファミマATM≫≪ユーエコノミー=シェアリングエコノミー≫

Sm1608_youeconomy_no_barcode

”ファミマATM、ゆうちょ銀の手数料無料に・・・”こんなニュースが今朝の朝刊に、ユーエコノミー(Youeconomy)・シェアリングエコノミーは企業ではなく個人のエコノミーのインフラスキルのお話ではあるのですが

思うに、ダイレクトセリングのカテゴリーに分類されるコンビニストア!そのストア内に都市銀行銀行などがATMを設置し一般ユーザーにモノ・ヒト・サービスを共有することによって成り立つ経済(エコノミー)のインフラ!


Usen_youeconomy_blog1024x432

新しい概念でいうなれば、それを必要としている第三者に一時的にそれら(ATM)を貸し出す、貸し出す銀行は必要とするモノ・ヒト・サービスからの手数料を取る、ゆうちょ銀行とファミマが、その手数料を無料にするというのだから「無料貸し出し」?である・・・

004

≪その日経のオンライン朝刊とトピックスが≫

 ファミリーマートとゆうちょ銀行は2018年1月から、ゆうちょ銀の顧客がファミマのコンビニエンスストアにあるATMを利用する際の手数料を原則無料にする。ゆうちょ銀が自行以外のATMで手数料を無料にするのは初めて。


96958a9e889de2eaeaeae1e0e1e2e0e5e3e

ファミマとゆうちょ銀は全国に約1万8千あるコンビニの店舗網を生かし、顧客の利便性を高める。競合するコンビニ各社も金融事業に注力しており、社会インフラとしての機能が一段と強まりそうだ。

            (2016/10/28 2:00日本経済新聞 電子版)

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪スーパーモデル≫≪レクシーボーリング≫≪ニューヨークタイムズ≫≪プラダ≫≪ディオール≫≪ヴェルサーチ≫

18

トップモデル「レクシー・ボリング(Boling)」、デイクリームととナイトクリームをお気に入りでお使いのことを雑誌「ヴォーグ」のインタビューで応え。記事記載のあったことを以前紹介していましたが

今回はアメリカの新聞大手、あの「ニューヨークタイムス」オンライン紙でスーパーモデル”レクシー・ボリング(Boling)”のことが紹介されました


Photo

米新聞大手ニューヨーク・タイムズの電子版で世界的なトップモデルがNeriumを愛用中と紹介されました。
23歳で、パリコレやNYコレで活躍中のトップモデル、レクシー・ボーリング。

自身の美容法を語る中で、日々使っているスキンケアとしてNerium(ネリウム)のデイ クリーム、ナイト クリームは発売中、アイセラム(日本未発売のアイケア製品)をあげています。

そんな彼女が愛用していることからも、Neriumがオールエイジの女性に愛されていることが実感できると思いませんか

01skinwebarticlelarge

      マンハッタンの自宅でのモデルレキシーBoling。
      ニューヨーク・タイムズのためのエリンBAIANO
                     2016年8月30日

有名人でもあり超スーパーモデルの「レキシー・ボーリング」が使用しています!アンチエイジング=ディファイング昼と夜クリームNeriumAD式の十分にその恩恵を得ることが出来ているらしい

Images_11

これは”ヴェルサーチ”と”ディオール”のファッションショーで歩くので、ファッションの世界で著名でもあるレクシーは、最近、彼女のまたお仲間たちにお気に入りのスキンケアソリューションでの、イギリスのオンライン雑誌「ヴォーグ」の取材記事で製品を絶賛しているのです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪YouEconomy=ユーエコノミーとは≫≪ビジネス・チャンス≫≪日本語で解説・・・≫

Sm1608_youeconomy_no_barcode


言葉を変えると シェアリングエコノミーのことです!、欧米を中心に広がりを見せている新しい概念で、モノ・ヒト・サービスを共有することによって成り立つ経済の仕組みを指しています。

このビジネスの多くは、モノ・ヒト・サービスを所有している人や組織が、それを必要としている第三者に一時的にそれらを貸し出すモデルとなります。そこで、今後、日本で大きなビジネスチャンスとなりうる”ユーエコノミー=シェアリングエコノミー”についてご紹介なんです


≪今後の日本での可能性≫

日本でも、カーシェアリング会員自体は年々増加しており、欧米ほどではないにせよ、普及の兆しは見せています。しかし、まだまだ成長余地はあると言えます。特に以下のような3つの分野について、日本でも成長余力が十分にあると考えています。

1.移動手段(車やバイク、自転車など)   2.時々しか使わないモノ(パーティーの服、スポーツグッズなど)  3.スペース(多目的ホール、個人の部屋、オフィススペースなど)


これらを題材にしたシェアリングエコノミーサービスは今後確実に日本の中でも登場してくるに違いありません、下記にビデを紹介もYouEconomy=ユーエコノミーの会社の一つです・・・・【今年7月に日本オープンしたアメリカの急成長の会社】

≪This Is It - YouEconomy - Nerium International・・・これがYouEconomy!だ・・・≫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ネリウム・オンライン・ビジネス・センター≫≪摂り説です≫

Photo現在進行中で、記載記事の整理中につき、右カテゴリーにアップの一部記載記事は情報や本舗の金庫に保管しました・・・

Maintenance

■待ちきれない方は個別対応させて頂きますので、ご連絡ください・・・


Images_8お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

9233_n

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪息子Cayd≫≪自閉症&ADHD≫≪神の与えたもうた≫

Images

This is a story of my son, Cayd and his AUTISM, ADHD and EHT! He was ruled out of having neurological tics, but still had tics. EHT has changed our lives and most of all, Cayd's! This brain supplement will not take away what God has given him, but has given this momma a new vision for the future! We are blessed to share our journey with others in hopes that we can help more people! Watch and listen!

■You can find me at sarahrebekah17@hotmail.com or find out more about EHT at www.ssespico.nerium.com


これは私の息子「Cayd」の自閉症&ADHDに、摂りつづけた脳内活性サプリ”EHT”の物語です!彼は神経学的チックの症状が消えたようでした、といっても、いくらかはチック症状は有してはいました。

 ”EHT”は、私たちの生活を!Caydのすべての生活を変えてくれました!この脳のサプリメントは、神が彼に与え、決してCaydから奪うことなど出来ないのです

Baner02


これは将来のために新しいビジョンを、私=おかあちゃんに与えてくれたのです!我々はより多くの人々を助けることができることを期待して他の人と私たちの旅を共有することへの祝福です!見てください、そして聞いてください!

(あなたはsarahrebekah17@hotmail.comで私を見つけるか、www.ssespico.nerium.comでEHTについての詳細を調べることができます)

【補足】チック症(チックしょう)、チック障害(チックしょうがい、チック症(tic). チック症(tic)は『幼児期・児童期』に発症しやすい不随意性の精神神経障害

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪細胞が自分を食べる≫≪オートファジー≫≪ノーベル医学生理学賞≫≪大隅良典教授≫≪分子生物学≫

Images_10


チョッと自慢!情報の話題として、2014年に「オートファジー」について書き込みをしていた・・・昨日2016年の「ノーベル医学生理学賞」に”オートファジー”研究の第一人者東京工業大栄誉教授の「大隅良典」氏(71)の受賞が決まったのです

【詳細はヤフーニュース!】

このニュースが出るまでは、「オートファージ」のグーグル検索でも100.000台のヒットでした!今後どんどん増える様相です

2014年の記載記事⇒【コチラ!】 ←クリック


上記の記載で、いまやオートファジーは、生物学者や医者たちから熱い注目が寄せられている生命現象であり・・・と3年前の話題でしたが

Images_18

今回ノーベル医学生理学賞を受賞の「大隅良典教授」の東工大の研究コラムにこうありました「あらゆる生物に備わる生存戦略「オートファージ」と出合って・・・それは顕微鏡がすべての出発点であると・・・

「オートファジー研究が急速に広まったことで、オートファジーは単なる飢餓への適応だけでなく、ガン細胞や老化の抑制、病原体の排除や細胞内の浄化などさまざまな生理機能に関与していることが、次々と明らかになってきました。

Photo

http://www.titech.ac.jp/research/stories/ohsumi.html


私たちの体を構成する細胞の中で、日々、劇的な変化、大規模な「リサイクル」が起きていることが分かった!

At4okboc

私たちは、からだをつくるタンパク質を一日200g程のの自分のタンパク質をアミノ酸に分解している。コレは食事の約3倍にあたると、口から食べているタンパク質よりズーット多い量の自分のタンパク質を食べていると?

自分の手足を食べて、腸で分解しているわけではない≪と、当たり前の話≫それは細胞の中で行われている

Bt000017383300100101_tl


こうした細胞内で起きている主なしくみ≪分解方法≫が本のテーマの「オートファジー」ということらしい。オートファジー(autophagy)のautoは自動(自身)で、phagyは食べる!≪マクロファージも大食細胞といわれるようによく食べる≫

オートファジーは、細胞内を毎日、きれいに掃除しては、自らの細胞を食べ、タンパク質を補給し、その中身を新しいものに置き換えるという重要な働きをしていこれると・・・・【もっと読む】


Photo

自らを食べる?、なぜこうした”しくみ”が備わっているのか、この仕組みはからだの成長や老化、病気や免疫とどう関わっているのか。

少し詳しく云うと⇒

 細胞の中の分解処理を行ない掃除の役目を果たしている

Ageskuma

 飢餓の時の対抗策となり(冬眠動物やシロクマが何日も食料がなくとも、また食べなくても生きているわけは、自分の細胞の中のものを「食べて」いたから?)

・細胞の新陳代謝を行い、分化・変化を促進する

Img_1493029_60559146_1

 不良ミトコンドリアを分解し、修復したり、取り替えたりして老化を防ぐ

細菌やウィルス・バクテリアに対抗、病気を防ぐ役目

 がんや、神経変性疾患の治療に、そして難病、不治の病とされている治療に救世主となりそうな


Scisignaling110201


いまやオートファジーは、生物学者や医者たちから熱い注目が寄せられている生命現象であり≪レドックス・シグナリング分子も勿論ソウなのだが≫この本「細胞が自分を食べるオートファージの謎」では、従来の生命観を大きく変えるホットな話題を提供 しているのですね

_news333日本経済新聞のオンライン「日経ヘルス」に体の中の「生ゴミ」再生システムでたんぱく質をリサイクルと題して 「オートファジーは今とてもホットな研究分野であって、医学や生物学の教科書が書き換えられつつあるのです」と・・・・・
【記載記事】

東京大学大学院医学系研究科「水島昇教授」のガイドで、図解入りで解説している

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2016 | Main | November 2016 »