« ≪情報や本舗≫≪トランプ氏、ベン・カーソン氏を住宅長官に指名!≫ ≪新政権閣僚に黒人起用は初!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫ »

≪情報や本舗≫≪抗ガン剤では治らない≫≪抗ガン剤は効くのか≫

D4eae92f21bc36a4edfcf23b8e885435

 

 

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」<ahref="http://youtube.com/watchv=NYpUDfgoeIQ"> 今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    

 

 

 

Photo_4記事の「アエラ」の表紙ではありません

 

ネット検索でこんなものを見つけました(この本は手元には無いので真偽はお確かめを!)書店に並ぶ≪アエラ誌≫!2005年に「抗ガン剤では治らない」「抗ガン剤は効くのか?」の見出しで朝日新聞に記事掲載されている(朝日新聞社、二〇〇五年八月八日のアエラの見出し

 

_newsアエラの記事内容

 

 

 

医療「抗がん剤の本当の効果」手術、放射線と並ぶがん治療の3本柱の一つは、どこまで効くのだろうか・・・のタイトルで特集している

 

Doctors

 

今でも、手術・放射線・抗ガン剤とガン治療の三本柱の一つですが、実際には、どこまで効くのだろうか」と問いかけから始まる雑誌アエラ誌の本文中では「抗ガン剤では治らない」と断言している!

 

『抗ガン剤の「効く」は「治癒」でなし』と、≪アエラ≫は重大事実を語っている「実は……抗ガン剤が『効く』というとき、小児ガンや血液ガンなど一部を除いて 『治癒する』 ことを意味しない……」と

 

91600066

 

 

「ガンの種類にもよるが、腫瘍が一定の比率以上に小さくする効果があれば、抗ガン剤として承認されることが多く、腫瘍が小さくなれば〝効いた″という」 ≪アエラ誌≫

 

さらに「……小さくなるなら治るのではないか……と思うかもしれない。けれど、やがて薬に耐性を持ったガン細胞が残って『効かなく』なり、また増殖し始める」「手術や放射線治療で対処のしょうがない状態になってから抗ガン剤治療に入った場合、『治癒』ではなく『延命』や『症状媛和』をめざすことになる…」とも

 

2009oct26tnno2

 

ある抗ガン剤で……〝余命がのびる″なら治療を受けたい……と、ワラにもすがる患者はいるだろう。「だが、実は、生存延長の効果が確かめられている抗ガン剤は多くない」と ≪アエラ誌≫

 

続けて、「……かつて、杉村隆・国立がんセンター名誉総長は『白血球減少や下痢が、抗ガン剤の主作用で、副作用が腫瘍の縮小』と述べたことがある。一般に、ガン細胞の方が、正常細胞よりしぶとい。ガン細胞を全滅させるだけの薬を入れたら、その前に患者が死んでしまう。だから、抗ガン剤では治らない……」

 

とは言うものの、逆に「治さないとだめなのか」、また患者にしてみれば「薬剤耐性が出ないうちに、次の薬が登場してくれたら……」との願いもある       アエラ誌

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

1004

 

 

 

病気を治すのは、本人に備わった自然治癒力である、という真理にその真理に気付けば、その自然治癒力を高めることこそ、真の治療である-

 

|

« ≪情報や本舗≫≪トランプ氏、ベン・カーソン氏を住宅長官に指名!≫ ≪新政権閣僚に黒人起用は初!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫ »

【がん・ガン・癌のはなし】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪抗ガン剤では治らない≫≪抗ガン剤は効くのか≫:

« ≪情報や本舗≫≪トランプ氏、ベン・カーソン氏を住宅長官に指名!≫ ≪新政権閣僚に黒人起用は初!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫ »