« January 3, 2016 - January 9, 2016 | Main | January 17, 2016 - January 23, 2016 »

再生医学を進歩させる マクダニエル博士

米国では、規制を受けない幹細胞治療(本人の脂肪組織由来の幹細胞を使う)を行う医療機関が急増しており、無認可の幹細胞治療に対する早急な対策を求めてFDAに手紙を書く運動が、研究者も含めた支持を集めつつある

Nature Medicine 2014年8月号:再生医学を進歩させる


2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。全米人気ナンバー1のジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったと!神経細胞は人体の中でもっとも高度に発達した細胞【体内のすぺての脳や筋肉の機能をコントロールしている】で、これまでは脳細胞も含め神経細胞は再生できないと云うのが、通説だったわけですから、この事実は人間の脳を修復したり再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです!

マクダニエル博士らの研究メンバーは、1994年から様々な事例【アルツハイマー病・パーキンソン病・ハンチントン病・脳性小児麻痺・大脳白質萎縮症・ダウン症・自閉症・胎児期アルコール症侯群など】が糖鎖栄養素やそのほかの微量栄養素を摂ることで、脳梗塞や外傷性障害や神経変性障害の人たちが、医師・科学者の判断で回復不能と言われていたにもかかわらず失われた中枢神経系の機能を回復したり取リ戻したリすることに関する理解できる科学的な説明をアメリカ医師会のJAMAの記事が掲載されるまで出来なかったのでしょう!

* 【これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、癒すとか、防止することを目的としているものでもありません】

これまでにも、研究スタッフは糖質栄養を一週間摂る事で、血液中のおよそ5.000~10.000の白血球で1マイクロリットルの血中に200-400個の幹細胞の数を測定したと言うことがウェッブサイト【グーグル米国サイト】にありました!このデータから推定すると糖鎖栄養素を我々の身体に摂り入れることで、幹細胞が一週間以内に1兆個以上の幹細胞が発見されるのではと推察されるのではないかと???ということも書かれてありました!

このことが時としてダウン症の子等に劇的な変化が起こる要因になっているのでは?と!「糖鎖」が遺伝子のスイッチON/OFFに関わることからも 「糖鎖の栄養素」が人間の骨髄幹細胞の生成を促すということからを理解することにより、

なぜこのような前代未聞の脳機能の回復が起きるのかを科学的に理解することは難しい事でしょうか。幹細胞は人間の体が必要とする細胞に進化する能カを持っているのですから。

幹細胞は、体内であらゆる組胞の再生をする能カを持つ細胞で、神経細胞や肝臓細胞、脳細胞、指のつめ細胞、などになることが出来るトランプで言う「ジョーカー細胞」なのです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪頭の体操≫≪難問解析・・・頭脳明晰≫≪死刑か?終身刑か?釈放か?≫


【ファイナルアンサー!】・・帽子の色が分かるのは、誰~れ?
Images_8

とある刑務所内の、4人の死刑囚(ABCD)は、赤・白のどちらかの帽子をかぶらされており、赤の帽子をかぶっているのは【A】と【C】、そして白の帽子をかぶっているのは【B】と【D】

Dsc00090_thum500300x212


※ 帽子の数は赤が2つ、白2つと全部で4つ。4人の死刑囚とも、このことを知っています。そして4人の誰がどの位置にいるのかも全員の死刑囚も知っています

※ 4人は決して後ろを振り向いてはなりません、なぜなら、少しでも動いたら射殺されるからです


Images_21

※ 死刑囚【B】は目の前にいる死刑囚【A】の帽子の色を見ることができます、また死刑囚【C】も死刑囚【A】と【B】の帽子の色を見ることができる。しかし【A】と【D】は誰の帽子の色も見ることができません


※ 4人の死刑囚の一人でも、自分がかぶっている帽子の色を言い当てることができたら、全員釈放されるというのです

※ ただし、しゃべっていいのは、自分の帽子の色が分かった時だけで、もし自分が言った答え≪ファイナルアンサー≫が間違いだったら、4人の死刑囚全員が直ちに射殺されてしまいます


さてさて、「刑事コロンボ」のように、はたまた「特命・杉下右京」のごとくに解き明かせるでしょうか?二人の刑事は頭脳明晰をもって、見事に言い当てたのですね


5      Images_18


二人の刑事は口を揃えたかのようにこう言いました・・・死刑囚【C】は【A】と【B】の帽子の色を見ることが出来る位置にいるということ

つまり【A】【B】ともに同じ色の帽子をかぶっていた場合・・・ここでは:2人とも赤の帽子だとしましょうか、死刑囚【C】は自分の帽子の色が、もう片方の色⇒「白」であるということが分かります、容易に自分の帽子の色を言い当てることができます・・・赤2つ・白2つと4つしか無いのですから

ところが実際は・・・【A】と【B】が赤白違った色の帽子をかぶっているため、死刑囚【C】は自分の帽子の色が分からず、何も言うことができません、

この【C】の答えられない状況を死刑囚【B】が把握して解析すれば、【B】死刑囚は『自分の帽子の色は目の前にいる【A】と違う色だ!』と予想することが出来、ファイナルアンサーにおよびました


≪ファイナルアンサー≫答えは・・・自分の帽子の色を言い当てられるのは、死刑囚【B】であると!・・・・もっと詳しく解き明かしの必要な方は ↓  ↓  ↓

Akpwlr6ciae35lv

アメリカ版では帽子の色は白と黒で、銃の問題を抱えるアメリカが射殺はありません!アメリカは終身刑で、日本は銃殺!とは、これ如何にですよね?

日本人の設問が何処かでエスカレート?怖い怖い!・・・黒白も、紅白の好きな日本人だからこそ赤と白と納得!

■コロンボも、杉下右京も⇒『もう一つ!お聞きしたいことが・・・・』とよく言うでしょう

F3cdd0c9

【D】や【A】は、どう考えても分かるはずがありません!【C】も、「自分とD、片方が白で片方が黒だな」くらいしかわかりません。

しかし【B】は、まず「Aが黒である!」という条件が与えられているのですから、自分が赤なら・・・もう一度言います【C】から見て、AとBどちらもが黒だとわかります。

つまりもう黒はないので、【C】は自分は白だとわかり、答えるでしょう、でもCは答えていない、そこで「「Aが黒である!」という条件から、【B】は自分が、黒ではないことがわかる、ということですね


Continue reading "≪情報や本舗≫≪頭の体操≫≪難問解析・・・頭脳明晰≫≪死刑か?終身刑か?釈放か?≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 3, 2016 - January 9, 2016 | Main | January 17, 2016 - January 23, 2016 »