« December 4, 2016 - December 10, 2016 | Main | December 25, 2016 - December 31, 2016 »

≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫

Photo【2015年最新のお知らせです!昨年にアメリカのプリンストン大学で20年間研究の末、脳の栄養素といえるものが発表に・・・】

コチラをクリック!クリック!⇒ 【脳の働きを高めるEHT】

Images_37


この植物由来の栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この脳ない活性栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分かってきました

Photo■詳しくは右のカテゴリーに記事満載ゆえそちらから・・・

738e583947054f9ca59373c3b731536a

また「糖質」と聞くと、すぐに甘い糖のことをイメージする方が多いですが、それとは違うガンや糖尿病患者が減少しはじめいている米国では、ある糖鎖の栄養が、150万人以上の健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学もその一つです

                  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Default


プレスリリース”から下記のニュースが!英文の記事で訳文概要は、植物由来のアンブロトース(糖質栄養素)をテーブルスプーン=カレースプーンで一杯分摂ることで、「視覚識別」と「動態記憶?」が大幅に高まったという

Doctors


ハワード大学での研究調査で判明したというプレス・ニュース≪翻訳なのと学識・学術経験者による発表なので使用製品・提供会社名は訳文のまま書き込み≫


Logo34ハワード大学の科学者が、2009年4月16日にジャーナルPerceptualとMotor Skillsに糖鎖の栄養(Ambrotose)に関する研究調査を発表しました!アチヤ・N・スタンシル(Atiya N. Stancil)博士とレスリーH.ヒック(Leslie H. Hicks)


【お二人ともワシントンD.C.のハワード大学】は、62人の健全で健康なヤングアダルト(若者)の脳機能への(Ambrotose)の影響を調査した無作為二重盲検プラセボ対照試験を発表しました。

Ca0hefgp


その研究発表とは、アンブロトースという糖質栄養素の摂取が視覚の認識差別と動作記憶を大幅に向上させました。)

Data1

補足訳■:

①【visual =視覚的 discrimination =識別・認識・・・by英辞郎】


②【working=作用・機能・メカニズム memory=記憶力・記銘力・・・by英辞郎】

この研究で使用されている製品はクラフトFoods社(1)によって資金を供給され Mannatech社から寄付されました

Cover_nature3

前述の二重盲検プラセボ対照臨床試験ではAmbrotose複合体の摂取が注意力またはその機敏さ(2)に関連した脳波を強化することができることを証明して、集中を強化して、精神的な反応時間(3)を改善して、記憶(4)を改善します。


Books1

≪補足②の・・・「working memory」(ワ-キングメモリー )という訳はないのですが?書籍がありました「Working Memory and Learning」!このクリックなか見!検索・・[What is working memory] とありましたので、覗き見したところ working memory(ワーキングメモリー)という言葉は心理学者によってよく使われる語のこと!

Img_nou

「ワーキングメモリー」その能力は心理的な短期記憶、思考や判断などの際に必要な情報を一時的に保持・処理する記憶機能!我々の日常生活のすごす時間に於いて重要な情報などをメモ書きしたりすることを心理格納する(心に書き留める?といったこと?)


Cover_nature


■【覗き見した原文は末尾】!に、なお「ワーキングメモリー」は長い歴史をもつ概念だそうで、最近の脳科学の進歩によって、≪知能≫や≪老化≫、≪ADHD≫との関係などが明らかになってきたそうです・・・・・・

Photo_3

「ワーキングメモリー」を使う活動の1つの例としては、”暗算”ですね、あなたが計算機、若しくはペンと紙を使うことができない状況で数字の43と67を足し算しようと試みていることを想像してみtください!先ずすることは、最初に2つの数字を「ワ-キングメモリー」保管格納する必要があります・・・・・・いか「クリックなか見!検索!」では続きを読めます


Brainfunction

(1.)Stancil AN, Hicks LH. Glyconutrients and perception, cognition, and memory. Perceptual Mot Skills 2009;10:259-70.
(2.)Wang C, Szabo JS, Dykman RA. Effects of a carbohydrate supplement upon resting brain activity. Integr Physiol Behav Sci 2004;39:126-38.
(3.)Wang C, Pivik RT, Dykman RA. Effects of a glyconutritional supplement on brain potentials associated with language processing. Federation Proceedings: Experimental Biology Meeting, New Orleans, Louisiana, April 20-24. 2002;1-4 (abstr).
(4.)Best T, Kemps E, Bryan J. The impact of saccharide supplementation on cognition and mood in middle-aged adults. Presented at the 36th Annual International Neuropsychological Society Meeting, February 6-9, 2008, Waikoloa, Hawaii 2008.


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Brainfunction_2

Workingmemory

Continue reading "≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪脳の栄養素≫≪プリンストン大学とハワード大学≫≪視覚認識を高め≫≪動態記憶を高め≫"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 4, 2016 - December 10, 2016 | Main | December 25, 2016 - December 31, 2016 »