« December 18, 2016 - December 24, 2016 | Main | January 1, 2017 - January 7, 2017 »

≪情報や本舗≫≪偶然と言う名のもとに発見された偉業!≫

グリシンというアミノ酸をたまたま飲んで寝た社員がいたが、これを飲んだときに偶然にもぐっすり眠れることがわかった

1

 アレクサンダー・フレミングによる世界初の抗生物質であるペニシリンの発見は、偶然の産物であったといわれている。細菌を培養したシャーレを冷蔵庫にしまい忘れたために、カビが発生してしまった。

Images_13

そのとき、細菌のコロニーがカビの周囲だけ生育が阻止されていることを見つけ出した。これによってカビに抗菌作用があることが偶然発見され、そこから抗生物質が作られて世界中の人命を救ったのである。


 島津製作所の田中耕一氏は、たまたま間違えて配合した物質を捨てるのがもったいなくて、それを実験に使用した。それで出てきた一見平凡に見えるデータをさらにしつこく分析した結果として、偶然にもたんぱく質を解析する手法を発見。これがノーベル賞につながったそうだ。


Images_19

 また、ニュートンは林檎が木から落ちるのを偶然見ていて万有引力を発見したという説もある。

しかし私は偶然が発生することが世界の大発見になっていると素直に考えていない。例えば細菌の実験をしていて培養地にカビが生えてしまった人は、本当にフレミングが最初だったのだろうか。おそらくフレミングの前にも同じ失敗をした人はいただろう。

また凡人ならば間違えた配合物質で実験などしないだろうし、そのデータを詳しく分析などもしないであろう。少なくとも木の実が偶然地面に落ちる瞬間を世界で一番最初に見た人は、ニュートンではなかったはずである。

Images_6

 私はこう考える。偶然が発生したことが世界の大発見になったのではなくて、偶然が発生したことに気がつく人がいたことが世界の大発見につながったのだと。そしてその偶然に気がつく能力があるかどうかこそが、ノーベル賞をとるような才人と凡人を分けていると。

凡人は同じ偶然が発生していてもその重大さに気がつくことができない。林檎農家はニュートンより早くまたその何倍も自然落下する林檎を見ていたことであろう。でも一番最初に引力の存在に気がついたのはニュートンなのである。 

Continue reading "≪情報や本舗≫≪偶然と言う名のもとに発見された偉業!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪PP2A=プロテインホスファターゼ2A≫

Images_14


「PP2A」?とは、いま話題の「PPAP=ペンパイナッポーアッポーペン」が2本の話ではありませんよ!PPAPも世界中で話題になっていますが、PP2Aも同じく世界中で87.000.000人の人々に関わってくることのこちらも重要な4文字なんですよ

Photo_2

先ずは検索(この分野はアメリカが先んじているので米国グーグル入力)⇒難しくて、よくわかりません以下
Protein phosphatase 2 (PP2), also known as PP2A, is an enzyme that in humans is encoded by the PPP2CA gene. 【PP2Aとしても知られるタンパク質ホスファターゼ2(PP2)は、ヒトにおいてPPP2CA遺伝子によってコードされる酵素である】

そこで、さらに検索して、ようやく私にもわかるサイトに遭遇しました・・・【原文は書き込みが長くなるのでカット!】

      【書き込みに行く前に、先ずはこの動画を!】


≪あなたの脳の構造的完全性≫

あなたの脳を若く保つために不可欠な要素は、その構造的完全性の条件です。ニューロンは神経系の構築ブロックであり、脳内のすべてのニューロン間の接続を頑強に保つことが不可欠です。これらの接続を維持する原因となる主要なタンパク質は、PP2A(プロテインホスファターゼ2A)として知られている。

≪PP2Aおよびタウ≫

あなたの脳は、ニューロンとして知られている細胞のネットワークで構成されています。ニューロンはすべて軸索によって連結されており、その構造はタウタンパク質が軸索の長さに沿って走る微小管に結合することによって維持される

Images_50


PP2Aシステムは、タウに結合するプロセスであり、微小管が強固に保たれ、確実な接続を維持し、したがって健康なニューロンを維持することを保証する。

加齢、貧しい食生活、運動不足、および震えによる損傷の間に、PP2A活性が損なわれ、タウの過剰リン酸化が引き起こされる。言い換えれば、微小管へのタウの結合プロセスが損なわれ、それらが弱くなって分離する。これが起こると、ニューロンは不安定になり、健康に悪影響を及ぼします。

≪PP2Aおよびα-シヌクレイン≫・・・ここは難解で割愛しました

だから今、あなたはPP2Aシステムが脳全体の健康と機能にどのように欠かせないのかを理解したのでは、さてさて、あなたは何をすることができますか?

Photo_5

そこでPP2Aシステムを調節するのに役立つ生物活性分子の植物由来の天然混合物の発見!抽出!に成功した科学者がいたのです。したがって、それは脳の完全性の安定化を助け、運動機能を回復させ、バランスのとれた脳化学を促進し、脳全体の健康を改善するという生物活性分子です

≪≫もっと上記の、天然混合物を詳しくお知りになりたい方は・・・・


9233_n


Photo_3

お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Photo_4

≪≫難解なものをお望みの方は続きを以下に

Photo_6この筆者はさらに・・・以下の研究は、PP2Aが神経変性および認知において重要な調節因子であることを示している

アルツハイマー病におけるプロテインホスファターゼ2A機能不全 Sontag JM、Sontag E. Front Mol Neurosci。2014.11; 7:16。PMID:24653673

どのようにして始まったのか:タウおよびプロテインホスファターゼ2A。Liu C.、Gotz J. J Alzheimer's Dis。2013. 37(3):483-494。PMID:23948891

パーキンソン病の治療標的としてのアルファ - シヌクレインのリン酸化。Braithwaite SP、Stock JB、Mouradian M. Rev Neurosci。2012. 23(2):191-198。PMID:22499677

タウのリン酸化およびPP2Aの遮断によって誘導されるニューロンのアポトーシスは、GSK3βを優先的に伴う。Martin L、Page G、Terro F. Neurochem Int。2011. 59(2):235-250。PMID:21672577

アルツハイマー病におけるPP2Aの役割 Rudrabhatla P、Pant HC。Curr Alzheimer Res。2011. 8(6):623-632。PMID:21605044

PP2A:アルツハイマー病の標的となる斬新な標的。Voronkov M、Braithwaite SP、Stock JB。将来のMed Chem。2011. 3(7):821-833。PMID:21644827

ビタミンB欠乏症は、GSK3βおよびPP2Aの調節を介してタウリン酸化を促進する。Nicolia V、Fuso A、Cavallaro RA、Di Luzio A、Scarpa S. J Alzheimers Dis。2010. 19(3):895-907。PMID:20157245

PP2Aの阻害剤-2のカルボキシ末端断片は、アルツハイマー病病理および認知障害を誘発する。Wang X、Blanchard J、Kohlbrenner E、Clement N、Linden RM、Radu A、Grundke-Iqbal I、Iqbal K. FASEB J. 2010. 24(11):4420-4432。PMID:20651003

GSK3βの阻害は培養ニューロン中の総タウタンパク質を下方制御し、PP2Aの遮断によってその逆転を抑制する。Martin L、Magnaudeix A、Esclaire F、Yardin C、Terro F. J Brain Res。2009. 3(1252):66-75。PMID:19071093

PP2Aの脱メチル化および不活性化の構造機構。Xing Y、Li Z、Chen Y、Stock JB、Jeffrey PD、Shi Y. Cell。2008. 133:154-63。PMID:18394995

PP2Aメチルトランスフェラーゼは、タウおよびアミロイド前駆体タンパク質調節を伴うホモシステイン代謝に関連する。Sontag E、Craig VN、Sontag JM、Arrastia RD、Ogris E、Dayal S、Lentz SR、Arning E、Bottiglieri T. Journal of Neuroscience。2007年27(11):2751から2759年PMID:17360897

PP2Aカルボキシルメチル化およびメチルトランスフェラーゼのダウンレギュレーションは、アルツハイマー病の病因に寄与し得る。Sontag E、Hladik C、Montgomery L、Luangpirom A、Mudrak I、Ogris E、White C. Journal of Neuropath&Exp Neurology。2004年62(10):1080から1091年PMID:15535135

PP2Aメチル化:上昇した血漿ホモシステインとアルツハイマー病との間の関連性。Vafai S、Stock JB。FEBS Lett。2002. 518,1-4。PMID:11997007

Continue reading "≪情報や本舗≫≪PP2A=プロテインホスファターゼ2A≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪誰が決めたの?1日3食≫≪トースターの発明前は1日2食だった?≫

Images_7


Images

人類が初めて1日3 食になったのかは、1910年!発明家トーマスエジソンが、トースターを発明し、これを普及させようと、これがあれば1日3食の食事が出来る とトースターを宣伝したことから始まったようにも言われています

Images_2


それまでの人の食事と言えば、1日2食だったのですね、あなたは2食派それとも3食派、どちらが人間社会の食生活に向いているとお思いますか?

100年前!電気は無く、太陽の光を照明として利用していた時代に人間社会にとって、1日2食は自然摂理にかなった食事方法だったのかも知れませんね

Images_6

700年万年という人類が歩んできた歴史の進化を紐解いてみても、からだは1日2食に合わせて体内の五臓六腑の働きもそれなりに合わせるようになってきたようです


2000年前の中国医学の古典医学書「黄帝内経」の記載では、五臓六腑の内、消化器官が活発になる時間帯というと


Phgurafu570x207

朝5時から7時が大腸経で排泄、

摂取する胃経は朝7時から9時で、

9時から11時の脾臓経、

そして午後1時から3時までの小腸経となっています

午後3時以降は消化器官の働きが終わってしまうのです


Images_8


電気の発明により人工照明などで明るい中、人類の過ごす時間が延びたことで1日2食のエネルギーでは足りなくなったのか電気炊飯器調理器などの普及により、1日3食は近代文明の象徴になったのですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ねこ≫≪猫≫≪ネコ≫

Images_39


ユーモラスな戯画を描いて海外の喝采を浴びた「歌川国芳」!その破天荒で、常識をも覆す、驚きの画業ら、”奇想の絵師”といわれている・・


Images_11_2

中でも、いまや何度目かの「ねこのブーム!」ときては、「歌川国芳」!無類の猫好きとして有名な”ねこの浮世絵”は見過ごすわけ、聞き逃すわけにはいかないのですよ

むかし「トラ!トラ!トラ!」という映画がありました、こちら歌川国芳の「ネコ!ネコ!ネコ!」で戯人画作品は、検索すると、あるはあるは、ドッサリ!と
5d8c0076_2
現代のネズミ捕り!この絵を貼っておけば、ねずみも恐れ・おののき、寄って来ないのまじない絵らしい

Photo
捕らえたねずみを、どうしようというのか?・・・本当の書き出しは探してください

Photo_4
にゃんとも!ネコで猫の画・・・猫だらけ

Photo_5【グーグルのよく使う、動物文字も、すでに国芳さんは使っていた!驚木!桃の木!山椒の木!である】

Images
【海の向こうの当て字】 ↑ 【江戸の当て字】 ↓

Photo_6
首に舞いたる赤い布・曲がりし猫のからだも「し」の文字かたち!アルファベットも「C」のかたち

Blog_import_4d701775bd93e  Photo_7  63


Photo_8
富岳三十六景の「葛飾北斎」が描いた”たこと美女”の春画!こちら国芳の描く「たこ」・・・↓


Photo_9

Photo_11
歌川国芳さんとは同年代の歌川広重さん描いた「東海道53次」!・・・猫が"じゃれる”からでもないでしょう、洒落か?駄洒落か?チトは「おもろい」「むりもある」

    ≪猫飼好五十三疋(びょうかいこうごじゅうさんびき)≫
Photo_12

              Photo_2【画像クリックで拡大!】Photo_13

日本橋ー二本だし⇒ 品川ーしろ顔 ⇒川崎ー蒲焼き ⇒神奈川ー嗅ぐ皮 ⇒保土ヶ谷ー喉かい ⇒戸塚ーはつか(ねずみ) ⇒藤沢ーぶちさば(鯖) ⇒平塚ー育つか ⇒大磯ー重いぞ  ⇒小田原ー無駄とら


Photo_15
五十三次の出発点、お戸日本橋♪、七つ立ち!二本立ちならぬ”二本だし”・・・・・【追い出しかつおのことなのか?】


Photo_16
保土ヶ谷ーのどかい(喉がかゆいと)


Kuniyoshicats112
三島ー三毛猫で”み毛ま”は”のどかい”同様、かなり無理?

Photo_18
三島女郎衆のいる処だけに、「主(ぬし)さまなんぞ、言われてみたら本音か?嘘か?割けた尻尾も見えぬわけ

Tokusyu01
無類のねこ好きだけあって、戯画ではないが、ねこが必ず何処かにいる!

Photo_19
いいね!いいね!足でじゃらしている姿が!・・・誰だい?「わたしゃ、猫になりたい」などと

Photo_20
ねこ可愛いがりも、度を過ぎると悪さもするわい・・・

Photo_21
炬燵じゃ、暑いと、お行儀わるく・・・

Photo_22
あらぬ処に飛び込みやがって、許せぬ!許せんとばかりに・・・ならぬ堪忍、するが堪忍!

Photo_23
時にはお仕置きせにゃならぬ!・・・実はさかなを盗み食い、どうやら目黒の秋刀魚のようだ


Photo_24
おまけに子供までもが、お行儀わるく、困ったわらす子じゃ

Photo_25
わらす子も子猫も、やっと落ち着いたわい・・・・実はこの画!「源氏雲浮世画合」といって54枚からなる作品で、
『源氏物語』の巻名と和歌を記し、芝居などの役者を描いた揃物シリーズ物(今で言うブロマイド?か)で、当時のベストセラーだったそうですよ


Photo_26

        【擬人画に戻って、猫尽くし】

Images_11


Photo_27


Photo_28

【歌舞伎が猫の世界では・・・・!」


Photo_29

Photo_30

Photo_31

【男どもの間で流行したお稽古事・・・いろいろ♪・・・人生いろいろ♪】


Photo_32
浄瑠璃を教える、女のネコ師匠その着物の柄は鈴に小判、手前のネコ弟子はフカヒレ柄、奥のネコ弟子はタコの柄、どちらもネコの大好物・・・細かいところにも観る楽しみを!


Photo_33
手鞠の稽古、いろいろ♪、百態!


Photo_34
隠し画でも、何処かにあるのか?上の画にはない画像?(赤いはかまの曲芸師はとてもよく似てはいるのだが・・・のう、国芳さん!

Photo_36

Photo_37

Photo_39

【此処からは、内輪の・・・いえいえ団扇の画】

Photo_40

Photo_41

Photo_44

Photo_42


Photo_46
やはり、国芳さん!遊び心が半端でないのだろう・・・影絵ですか、この時代にねーぇ

下書きとは違う配置に?今で言う編集!校正!を

Images_14

【おまけ】
Photo_47
Photo_38

【番外!出産シーン・・・これは、珍しき画である】

Images_15_3


Photo【画像検索中に「歌川国芳」の百数十年のたった今!なぜか諸外国で話題になった


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 18, 2016 - December 24, 2016 | Main | January 1, 2017 - January 7, 2017 »