« ≪情報や本舗≫≪脳梗塞で死んだ細胞再生≫≪ISC細胞≫≪定説覆す発見≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪大英博物館≫≪葛飾北斎の作品160点あまり≫≪特別浮世絵展≫ »

≪情報や本舗≫≪探査機が見た火星≫≪浮世絵に画かれていた火星≫≪歌川国芳の不思議な世界≫

Images_9

米航空宇宙局(NASA)は28日、火星表面に見える濃い色の筋は、液体の水が定期的に流れた跡との推測を明らかにした。研究チームが専門誌「Nature Geoscience」に発表した。

14

NASAによると、火星を周回しているの探査機「マーズ・レコノサンス・オービター(MRO)」の観測データから、火星の斜面4ヶ所に見える筋は塩の集積と関連している様子。

水が液状で流れる環境を作り出す可能性があると火星探査機からの送信写真に見られ写真を見るにつけ浮世絵師「歌川国芳」の描くこの画像に不思議!不思議の大発見!なのである


       96958a9f889de2eae5eae6ebe0e2e0e7e3e    Images_6

     【火星・・クリックで拡大】 【浮世絵・・クリックで拡大】

■国芳は180年前の浮世絵師!なぜ観たことのあるような画を描けたのでしょう?次の水の流れの跡が火星地表に観られれた写真の公開がありましたが国芳さんてヒョットし火星人なのkも知れませんよ

液体の水があるという環境には微生物が生存できるかもしれず、火星に生命が存在する可能性が出てきた。さらに火星表面近くに水源があれば、いずれ宇宙飛行士が「自給自足」できる可能性もある

            【画像クリックで拡大!】
7  _85788201_perspective_61024x532  10_3
【クリックで拡大!水の流れた跡が】  【国芳の「相州江乃島の図】

水源はどこに


火星研究ではこれまで、今でも地表を水が液体として流れるのかどうかが注目されてきた。火星の大気は摂氏零下を大きく下回り、あまりに気圧が低いために液体の水はただちに沸騰してしまうとみられてきた。


_85788201_perspective_61024x532_2

しかし15年にわたる観察の結果、地表の溝や筋の様子が季節ごとに変わることから、地表を水が流れているのではないかとの推測が高まっていた。

ところで、この火星写真!どこか歌川国芳の描く「相州江乃島の図」が火星の地表に流れている水の画きと、とっても似ているのですよ!なとても似ている・・・


Images_10_2

タイムマシンを持っていたのではないかと?思わせる、というのも国芳さん「東都三ツ股の図」で画いている180年後の塔が、なんとスカイツリーにそっくりなのである。

グリム童話のガリバー旅行記(1939年)のように巨人の相撲の関取が大名行列を見送る図!歌川国芳(1798-1861)の生ある年代と開きがありすぎる

12


Images_8_2


|

« ≪情報や本舗≫≪脳梗塞で死んだ細胞再生≫≪ISC細胞≫≪定説覆す発見≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪大英博物館≫≪葛飾北斎の作品160点あまり≫≪特別浮世絵展≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/64729493

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪探査機が見た火星≫≪浮世絵に画かれていた火星≫≪歌川国芳の不思議な世界≫:

« ≪情報や本舗≫≪脳梗塞で死んだ細胞再生≫≪ISC細胞≫≪定説覆す発見≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪大英博物館≫≪葛飾北斎の作品160点あまり≫≪特別浮世絵展≫ »